日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

ボリュームペアリングの処理の順序

寄稿者 amgrissino

ボリュームをペアリングする前に、 2 つのクラスタ間でクラスタペアを作成しておく必要があります。

次の一連の API メソッドを使用して、クラスタ接続を確立します。

レプリケーションのターゲットボリュームとして特定できるのは、ペアボリュームの一方だけです。を使用します ModifyVolumePair を使用します ターゲットのボリュームを指定してボリュームのデータレプリケーションの方向を設定する API メソッド。データはソースボリュームからターゲットボリュームにレプリケートされます。