日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

ボリューム統計

寄稿者 netapp-mwallis

volumeStats オブジェクトには、各ボリュームの統計データが含まれます。

オブジェクトメンバー

次のメソッドを使用すると、一部またはすべてのボリュームに関する volumeStats オブジェクトを取得できます。

このオブジェクトのメンバーは次のとおりです。

名前 説明 計算 を入力します

アカウント ID

ボリューム所有者のアカウントの ID 。

該当なし

整数

実際の IOPS

過去 500 ミリ秒の、ボリュームに対する実際の IOPS 。

ポイントインタイム

整数

asyncDelay のような名前です

ボリュームが最後にリモートクラスタと同期されてからの時間。ボリュームがペアリングされていない場合、値は null です。* 注:レプリケーションがアクティブな状態のターゲットボリュームの asyncDelay は常に 0 (ゼロ)です。レプリケーション中、ターゲットボリュームはシステムを認識し、 asyncDelay が常に正確であるものとします。

該当なし

ISO 8601 形式の期間を示す文字列または null

平均 IOPSize

直近 500 ミリ秒の、ボリュームに対する最新の I/O の平均サイズ(バイト)。

ポイントインタイム

整数

バースタオシュはそれを

ユーザが使用可能な IOP クレジットの合計数。ボリュームが設定された最大 IOPS に到達していない場合、クレジットは蓄積されます。

該当なし

整数

クライアントキュー深度

ボリュームに対する未処理の読み取り処理と書き込み処理の数。

該当なし

整数

クラスタ利用率

使用中のクラスタ容量。

該当なし

浮動小数点

desiredMetadataHosts

ボリュームメタデータをメタデータ(スライス)サービス間で移行する場合に移行するメタデータサービス。値「 null 」はボリュームが移行されていないことを意味します。

該当なし

JSON オブジェクト

遅延時間

過去 500 ミリ秒の、ボリュームに対する処理が完了した平均時間(マイクロ秒)。値「 0 」(ゼロ)は、ボリュームに対する I/O がないことを示します。

ポイントインタイム

整数

メタデータホスト

ボリュームメタデータが配置されているメタデータ(スライス)サービス。有効な値は次のとおり

  • primary :ボリュームをホストしているプライマリメタデータサービス。

  • liveSecondaries :現在の状態が「 live 」であるセカンダリメタデータサービス。

  • deadSecondaries :状態が「 dead 」であるセカンダリメタデータサービス。

該当なし

JSON オブジェクト

ゼロ以外のロック

前回のガベージコレクション完了後、データが含まれる 4KiB ブロックの総数。

該当なし

整数

readBytes

ボリューム作成以降の、ボリュームから読み取られた累積バイト総数。

単調増加

整数

readBytesLastSample

最新のサンプル期間中にボリュームから読み取られたバイト総数。

ポイントインタイム

整数

readLatencyUSec

過去 500 ミリ秒の、ボリュームへの読み取り処理を完了するまでの平均時間(マイクロ秒)。

ポイントインタイム

整数

readLatencyUSecTotal

ボリュームからの読み取り処理の実行に費やされた合計時間。

単調増加

整数

readOps

ボリューム作成以降の、ボリュームに対する読み取り処理の合計数。

単調増加

整数

readOpsLastSample

最新のサンプル期間中の読み取り処理の総数。

ポイントインタイム

整数

samplePeriodMSec

サンプル期間の長さ(ミリ秒単位)。

該当なし

整数

スロットル

0~1 の浮動小数点数。データの再レプリケーション、一時的なエラー、 Snapshot の作成のために、クライアントの処理量を maxIOPS 未満に抑えている割合。

該当なし

浮動小数点

タイムスタンプ

現在の時刻( UTC+0 形式)。

該当なし

ISO 8601 形式の日付文字列

アン・アライナード・償還

ボリューム作成以降の、ボリュームにアラインメントされていない読み取り処理の累積総数。

単調増加

整数

アンアライナードライト

ボリューム作成以降の、ボリュームに対するアラインメントされていない書き込み処理の累積総数。

単調増加

整数

volumeAccessGroups

ボリュームが属するボリュームアクセスグループの ID のリスト。

該当なし

整数の配列

ボリューム ID

ボリュームの ID 。

該当なし

整数

ボリュームサイズ

プロビジョニング済み容量の合計(バイト)。

該当なし

整数

ボリューム利用率

クライアントによるボリュームの入出力機能の使用状況を、ボリュームの Max IOPS の QoS 設定と比較する浮動小数点値。有効な値は次のとおり

  • 0 :クライアントはボリュームを使用していません。

  • 0.01 ~ 0.99 :クライアントはボリュームの IOPS 機能をフルに活用していません。

  • 1.00 :クライアントは、 Max IOPS 設定までボリュームをフルに利用しています。

  • >1.00 :クライアントは maxIOPS で設定された制限値を超えています。これは、 burstIOPS QoS 設定が maxIOPS よりも高い場合に可能です。たとえば、 maxIOPS が 1000 に設定され、 burstIOPS が 2000 に設定されている場合、クライアントがボリュームを完全に利用すると、「 volumeUtilization 」の値は 2.00 になります。

該当なし

浮動小数点

writeBytes のこと

ボリューム作成以降にボリュームに書き込まれた累積バイト総数。

単調増加

整数

writeBytesLastSample

最新のサンプル期間中にボリュームに書き込まれたバイト総数。

単調増加

整数

writeLatencyUSec

過去 500 ミリ秒の、ボリュームへの書き込み処理を完了するまでの平均時間(マイクロ秒)。

ポイントインタイム

整数

writeLatencyUSecTotal

ボリュームへの書き込み処理の実行に費やされた合計時間。

単調増加

整数

writeOps

ボリューム作成以降の、ボリュームに対する書き込み処理の累積総数。

単調増加

整数

writeOpsLastSample

最新のサンプル期間中の書き込み処理の総数。

ポイントインタイム

整数

ゼロロック

前回のガベージコレクション完了後、データが含まれない空の 4KiB ブロックの総数。

ポイントインタイム

整数