日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

SolidFire アーキテクチャの概要

寄稿者 netapp-dbagwell amgrissino

SolidFire オールフラッシュストレージシステムは、独立したハードウェアコンポーネント(ドライブとノード)で構成されます。これらのコンポーネントはストレージリソースのプールに統合され、各ノードでそれぞれ独立して実行される NetApp Element ソフトウェアを備えています。この単一のストレージシステムは、 Element ソフトウェアの UI 、 API 、およびその他の管理ツールを使用して単一のエンティティとして管理されます。

SolidFire ストレージ・システムは、次のハードウェア・コンポーネントで構成されています。

  • * クラスタ * :ノードを集合化した SolidFire ストレージシステムのハブ。

  • * Nodes * :クラスタにグループ化されたハードウェアコンポーネント。ノードには次の 2 つのタイプがあります。

    • ストレージノード:複数のドライブを搭載したサーバです

    • Fibre Channel ( FC )ノード。 FC クライアントに接続するために使用します

  • * Drives * :クラスタのデータを格納するストレージノードで使用します。ストレージノードには、次の 2 種類のドライブが含まれます。

    • ボリュームメタデータドライブ:クラスタ内のボリュームやその他オブジェクトの定義情報を格納します。

    • ブロックドライブ:ボリュームのデータブロックを格納します。

Element ソフトウェアのアーキテクチャ図

Element Web UI やその他の互換性のあるツールを使用して、システムの管理、監視、更新を行うことができます。

共通 URL

SolidFire オールフラッシュストレージシステムで使用される一般的な URL を次に示します。

URL 説明

https://[storage クラスタ MVIP アドレス '

NetApp Element ソフトウェア UI にアクセスします。

https://activeiq.solidfire.com`

データを監視し、パフォーマンスのボトルネックや潜在的なシステムの問題に対するアラートを受信します。

https://[management ノード IP アドレス

NetApp Hybrid Cloud Control にアクセスして、ストレージのインストールサービスと更新管理サービスをアップグレードします。

「 https://[IP アドレス」: 442`

ノード UI から、ネットワークとクラスタの設定にアクセスし、システムのテストとユーティリティを利用できます。 "詳細はこちら。"

「 https://[management node IP address 」 /mnode 」を参照してください

管理サービス REST API および管理ノードのその他の機能を使用します。"詳細はこちら。"

「 https://[management node IP address 」 : 9443

vCenter Plug-in パッケージを vSphere Web Client に登録します。"詳細はこちら。"