日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

Active IQ とネットアップによる監視を有効にします

寄稿者 netapp-pcarriga

インストールまたはアップグレード時に Active IQ ストレージの監視を有効にしていない場合、有効にすることができます。SolidFire オールフラッシュストレージシステムのインストール時に SolidFire Active IQ をセットアップしなかった場合は、この手順の使用が必要になることがあります。

Active IQ コレクタサービスは、履歴データのレポートおよびほぼリアルタイムのパフォーマンス監視用に、設定データと Element ソフトウェアベースのクラスタパフォーマンス指標を SolidFire Active IQ に転送します。ネットアップ監視サービスを使用すると、ストレージクラスタのエラーを vCenter に転送してアラート通知を送信できます。

作業を開始する前に
  • ストレージクラスタで NetApp Element ソフトウェア 11.3 以降が実行されている必要があります。

  • バージョン 11.3 以降を実行する管理ノードを導入しておきます。

  • インターネットにアクセスできる。外部接続のないダークサイトからは、 Active IQ コレクタサービスを使用できません。

手順
  1. インストールのベースアセット ID を取得します。

    1. 管理ノードでインベントリサービス REST API UI を開きます。

      https://<ManagementNodeIP>/inventory/1/
    2. 「 * Authorize * 」(認証)を選択して、次の手順を実行

      1. クラスタのユーザ名とパスワードを入力します。

      2. クライアント ID を「 m node-client 」として入力します。

      3. セッションを開始するには、 * Authorize * を選択します。

      4. ウィンドウを閉じます。

    3. REST API UI で、 * 一部のユーザに一時的な処理を開始 / インストール * を選択します。

    4. [* 試してみてください * ] を選択します。

    5. [* Execute] を選択します。

    6. コード 200 の応答本文から ' インストールの ID をコピーします

      {
        "installations": [
          {
            "_links": {
              "collection": "https://10.111.211.111/inventory/1/installations",
              "self": "https://10.111.217.111/inventory/1/installations/abcd01e2-ab00-1xxx-91ee-12f111xxc7x0x"
            },
            "id": "abcd01e2-ab00-1xxx-91ee-12f111xxc7x0x",
      注記 インストール環境には、インストールまたはアップグレード時に作成されたベースアセットの構成が含まれています。
  2. テレメータの有効化:

    1. 管理ノードの mNode サービス API UI にアクセスします。管理ノードの IP アドレスに「 /mnode 」を続けて入力します。

      https://<ManagementNodeIP>/mnode
    2. 「 * Authorize * (認証)」または任意のロックアイコンを選択し、次の手順を実行します。

      1. クラスタのユーザ名とパスワードを入力します。

      2. クライアント ID を「 m node-client 」として入力します。

      3. セッションを開始するには、 * Authorize * を選択します。

      4. ウィンドウを閉じます。

    3. ベースアセットを設定します。

      1. PUT /assets/{ asset_id } * を選択します。

      2. [* 試してみてください * ] を選択します。

      3. JSON ペイロードに次のコマンドを入力します。

        {
        "telemetry_active": true
        "config": {}
        }
      4. 前の手順のベース ID を * asset_ID * に入力します。

      5. [* Execute] を選択します。

        Active IQ サービスは、アセットが変更されるたびに自動的に再起動されます。アセットを変更すると、設定が適用されるまで短時間の遅延が発生します。

  3. NetApp Hybrid Cloud Control の vCenter コントローラアセットをまだ追加していない場合は、管理ノードの既知のアセットに追加します。

    注記 ネットアップ監視サービスにはコントローラアセットが必要です。
    1. コントローラサブアセットを追加する場合は、「 * POST /assets/{ asset_id } /controllers * 」を選択します。

    2. [* 試してみてください * ] を選択します。

    3. クリップボードにコピーした親ベースアセットの ID を * asset_id * フィールドに入力します。

    4. 必要なペイロード値を「 type 」に「 vcenter 」、 vCenter クレデンシャルを指定して入力します。

      {
      "username": "string",
      "password": "string",
      "ip": "string",
      "type": "vCenter",
      "host_name": "string",
      "config": {}
      }
      注記 「 ip 」は vCenter の IP アドレスです。
    5. [* Execute] を選択します。

詳細については、こちらをご覧ください