日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

管理ノードのネットワーク、クラスタ、およびシステムの設定を変更してテストする

寄稿者 netapp-pcarriga

管理ノードのネットワーク、クラスタ、およびシステムの設定を変更してテストすることができます。

管理ノードのネットワーク設定を更新します

ノード管理ノード UI のネットワーク設定タブで、管理ノードのネットワークインターフェイスフィールドを変更できます。

  1. ノード管理ノード UI を開きます。

  2. [ * ネットワーク設定 * ] タブを選択します。

  3. 次の情報を表示または入力します。

    1. * method * :インターフェイスを設定するには、次のいずれかの方法を選択します。

      • loopback : IPv4 ループバックインターフェイスを定義する場合に使用します。

      • 「手動」:デフォルトで設定が行われないインターフェイスを定義する場合に使用します。

      • d hop: DHCP を介して IP アドレスを取得するために使用します。

      • 'tatic :静的に割り当てられた IPv4 アドレスを持つイーサネットインターフェイスを定義する場合に使用します。

    2. * リンク速度 * :仮想 NIC によってネゴシエートされた速度。

    3. IPv4 Address : eth0 ネットワークの IPv4 アドレス。

    4. IPv4 Subnet Mask: IPv4 ネットワークのアドレス分割。

    5. *IPv4 ゲートウェイアドレス *: ローカルネットワークからパケットを送信するためのルータネットワークアドレス。

    6. IPv6 Address: eth0 ネットワークの IPv6 アドレス。

    7. *IPv6 ゲートウェイアドレス *: ローカルネットワークからパケットを送信するためのルータネットワークアドレス。

      重要 IPv6 オプションは、 11.3 以降のバージョンの管理ノードではサポートされていません。
    8. MTU :ネットワークプロトコルが伝送できる最大パケットサイズ。1500 以上にする必要があります。2 つ目のストレージ NIC を追加する場合は、値を 9000 にする必要があります。

    9. DNS Servers :クラスタ通信に使用するネットワーク・インターフェイス。

    10. * 検索ドメイン *: システムで使用可能な追加の MAC アドレスを検索します。

    11. * ステータス * :有効な値は次のとおりです。

      • 「 UpAndRunning 」

      • 「所有」

      • 「上」

    12. * Routes * :ルートが使用するように設定されている、関連付けられたインターフェイスを介した特定のホストまたはネットワークへのスタティックルート。

管理ノードのクラスタ設定を更新します

管理ノードのノード UI のクラスタ設定タブで、ノードの状態が Available 、 Pending 、 PendingActive 、または Active であるときにクラスタインターフェイスのフィールドを変更できます。

  1. ノード管理ノード UI を開きます。

  2. [ クラスタ設定 * ] タブを選択します。

  3. 次の情報を表示または入力します。

    • * ロール * :管理ノードがクラスタ内に設定するロール。有効な値は「管理」です。

    • * バージョン * :クラスタで実行されている Element ソフトウェアのバージョン。

    • * デフォルトインターフェイス * : Element ソフトウェアを実行しているクラスタとの管理ノード通信に使用されるデフォルトのネットワークインターフェイス。

管理ノードの設定をテストします

管理ノードの管理設定とネットワーク設定を変更して変更をコミットしたら、テストを実行して変更を検証できます。

  1. ノード管理ノード UI を開きます。

  2. 管理ノード UI で、 * システムテスト * を選択します。

  3. 次のいずれかを実行します。

    1. 設定したネットワーク設定がシステムに対して有効であることを確認するには、 * ネットワーク設定のテスト * を選択します。

    2. 1G および 10G の両方のインターフェイスで、 ICMP パケットを使用してクラスタ内のすべてのノードへのネットワーク接続をテストするには、「 * ping のテスト」を選択します。

  4. 次の情報を表示または入力します。

    • * Hosts * : ping を実行するデバイスのアドレスまたはホスト名をカンマで区切って指定します。

    • * attempts * : ping テストを繰り返す回数を指定します。デフォルト値は 5 です。

    • * Packet Size * :各 IP に送信される ICMP パケットで送信するバイト数を指定します。ネットワーク設定で指定されている最大 MTU より小さい値を指定する必要があります。

    • * Timeout msec * : ping 応答ごとに待機するミリ秒数を指定します。デフォルト値は 500 ミリ秒です。

    • * Total Timeout Sec* : ping 試行の実行前またはプロセスの終了前に、 ping がシステム応答を待機する時間を秒単位で指定します。デフォルト値は 5 です。

    • * フラグメンテーションの禁止 *: ICMP パケットの DF ( Do not fragment )フラグを有効にします。

詳細はこちら