日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

Element ソフトウェアの管理ノード

寄稿者

管理ノード( mNode )は、 Element ソフトウェアベースの 1 つ以上のストレージクラスタと同時に実行される仮想マシンです。このサービスは、アップグレード後にシステムサービスを提供するために使用されます。これには、監視とテレメトリ、クラスタのアセットと設定の管理、システムテストとユーティリティの実行、トラブルシューティング用のネットアップサポートアクセスの有効化などが含まれます。

Element 11.3 リリース以降、管理ノードはマイクロサービスホストとして機能するようになりました。そのため、メジャーリリースを待つことなく、希望するソフトウェアサービスを更新できます。これらのマイクロサービスまたは管理サービス( Active IQ コレクタ、 vCenter Plug-in 用の QoSSIOC 、 mNode サービスバンドルなど)は、サービスバンドルとして頻繁に更新されます。ストレージノードソフトウェアのアップグレード用の HealthTools やサポートツール(リモートサポートトンネリング)などのサービスも管理ノードから利用できます。

注記 ベストプラクティスとして、 1 つの管理ノードを 1 つの VMware vCenter インスタンスに関連付けるだけで、同じストレージリソースおよびコンピューティングリソースまたは vCenter インスタンスを複数の管理ノードに定義することは避けてください。