日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

外部キー管理の開始

寄稿者 amgrissino netapp-dbagwell

外部キー管理( EKM )は、クラスタ外の外部キーサーバ( EKS )と連携して、安全な認証キー( AK )管理を実現します。AK は、自己暗号化ドライブ( SED )のロックとロック解除に使用されます "保存データの暗号化" クラスタでを有効にしておきます。EKS を使用することで、 AK の安全な生成と保管が可能になります。クラスタは、 OASIS で定義された標準プロトコルである Key Management Interoperability Protocol ( KMIP )を使用して、 EKS と通信します。

注記 SolidFire エンタープライズ SDS クラスタでは、保存データのソフトウェア暗号化のみを使用できます。

詳細については、こちらをご覧ください