日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

ノードのトラブルシューティングを行う

寄稿者 amgrissino

メンテナンスまたは交換のために、ノードをクラスタから削除できます。ノードをオフラインにする前に、 NetApp Element UI または API を使用してノードを削除する必要があります。

ストレージノードを削除する手順の概要を次に示します。

  • ノード上のデータのコピーを作成するための十分な容量がクラスタにあることを確認します。

  • UI または RemoveDrives API メソッドを使用して、クラスタからドライブを削除します。

    その結果、ノードのドライブからクラスタ内の他のドライブへデータが移行されます。このプロセスにかかる時間は、移行が必要なデータの量によって異なります。

  • クラスタからノードを削除します。

ノードの電源をオフまたはオンにする際は、次の点に注意してください。

  • ノードとクラスタの電源オフは、正しく実行しないと危険です。

    ノードの電源オフは、ネットアップサポートの指示の下で行う必要があります。

  • シャットダウンの方法にかかわらず、ノードが停止してから 5 分半が経過すると、 Double Helix データ保護によってデータのレプリケートが開始され、レプリケートされた個々のブロックが別のノードに書き込まれます。この場合は、ネットアップサポートに問い合わせて障害ノードの分析を依頼してください。

  • ノードを安全にリブートまたは電源オフするには、 Shutdown API コマンドを使用できます。

  • ノードがダウンまたはオフの状態の場合は、ノードをオンラインに戻す前にネットアップサポートに連絡する必要があります。

  • サービスが停止していた時間によっては、ノードをオンラインに戻したあとに、ドライブを再度クラスタに追加する必要があります。