日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

ネットワーク設定の詳細はノード UI から確認できます

寄稿者

ストレージノードのネットワーク設定を変更して、新しいネットワーク属性を指定できます。

ノードにログインすると、ストレージノードのネットワーク設定が * Network Settings * ページに表示されます (https://<node IP> : 442/HCC / ノード / ネットワーク設定)。「 * Bond1G * (管理)」または「 * Bond10G * (ストレージ)」のいずれかの設定を選択できます。ストレージノードの状態が Available 、 Pending 、または Active の場合に変更可能な設定は次のとおりです。

注記 SolidFire エンタープライズ SDS クラスタを実行している場合、ノード UI のほとんどのネットワーク設定をノード導入後に変更することはできません。
  • * メソッド *

    インターフェイスの設定に使用する方法。有効な方法:

    • loopback : IPv4 ループバックインターフェイスを定義する場合に使用します。

    • manual :デフォルトの設定がないインターフェイスを定義する場合に使用します。

    • dhcp : DHCP 経由で IP アドレスを取得する場合に使用します。

    • static : IPv4 アドレスが静的に割り当てられたイーサネットインターフェイスを定義する場合に使用します。

  • * リンク速度 *

    仮想 NIC によってネゴシエートされた速度。

  • * IPv4 アドレス *

    eth0 ネットワークの IPv4 アドレス。

  • * IPv4 サブネットマスク *

    IPv4 ネットワークのアドレス分割。

  • * IPv4 ゲートウェイアドレス *

    ローカルネットワークの外部にパケットを送信するためのルータのネットワークアドレス。

  • * IPv6 アドレス *

    eth0 ネットワークの IPv6 アドレス。

  • * IPv6 ゲートウェイアドレス *

    ローカルネットワークの外部にパケットを送信するためのルータのネットワークアドレス。

  • * MTU *

    ネットワークプロトコルで送信可能な最大パケットサイズ。1500 以上にする必要があります。2 つ目のストレージ NIC を追加する場合は、値を 9000 にする必要があります。

  • * DNS サーバ *

    クラスタ通信に使用するネットワークインターフェイス。

  • * 検索ドメイン *

    システムで使用可能な追加の MAC アドレスを検索します。

  • * ボンディング・モード *

    には、次のいずれかのモードを指定できます。

    • ActivePassive (デフォルト)

    • ALB

    • LACP

  • * ステータス *

    有効な値は次のとおり

    • UpAndRunning のサービスです

    • 下へ

    • 上へ

  • * 仮想ネットワークタグ *

    仮想ネットワークの作成時に割り当てられたタグ。

  • * ルート *

    ルートが使用するように設定されている、関連付けられたインターフェイスを介した特定のホストまたはネットワークへのスタティックルート。