日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

ボリューム Snapshot を SolidFire クラスタにバックアップします

寄稿者 amgrissino

SolidFire クラスタ上にあるボリューム Snapshot をリモートの SolidFire クラスタにバックアップできます。

ソースクラスタとターゲットクラスタがペアリングされていることを確認します。

クラスタ間でバックアップまたはリストアを実行する際には、システムによってクラスタ間の認証に使用するキーが生成されます。ソースクラスタはこのボリュームの一括書き込みキーを使用してデスティネーションクラスタに対して認証し、デスティネーションボリュームへの書き込みがセキュリティで保護されます。バックアップまたはリストアのプロセスでは、処理を開始する前に、デスティネーションボリュームからボリュームの一括書き込みキーを生成する必要があります。

  1. デスティネーションクラスタで、 * Management * > * Volumes * をクリックします。

  2. デスティネーションボリュームの * Actions * アイコンをクリックします。

  3. 表示されたメニューで、 * リストア元 * をクリックします。

  4. [ * 統合リストア * ] ダイアログボックスの [ * リストア元 * ] で、 [ * SolidFire * ] を選択します。

  5. * データフォーマット * :

    • * Native * : SolidFire ストレージシステムのみが読み取り可能な圧縮形式。

    • * Uncompressed * :他のシステムと互換性がある非圧縮形式。

  6. [* キーの生成 * ] をクリックします。

  7. キーを * Bulk Volume Write Key * ボックスからクリップボードにコピーします。

  8. ソースクラスタで、 * データ保護 * > * Snapshot * をクリックします。

  9. バックアップに使用するスナップショットのアクションアイコンをクリックします。

  10. 表示されたメニューで、 * Backup to * をクリックします。

  11. [* バックアップ先 ] の [ 統合バックアップ SolidFire ] ダイアログボックスで、 [*Backup] を選択します。

  12. [ * データ形式 * ( * Data Format * ) ] フィールドで前に選択したのと同じデータ形式を選択します。

  13. デスティネーションボリュームのクラスタの管理仮想 IP アドレスを * リモートクラスタ MVIP * フィールドに入力します。

  14. リモートクラスタのユーザ名を「 * リモートクラスタのユーザ名 * 」フィールドに入力します。

  15. リモートクラスタのパスワードを「 * リモートクラスタのパスワード * 」フィールドに入力します。

  16. 「 * Bulk Volume Write Key * 」フィールドに、前の手順でデスティネーションクラスタ上に生成したキーを貼り付けます。

  17. [ 読み取り開始 ] をクリックします。