日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

Snapshot スケジュールを作成します

寄稿者

ボリュームの Snapshot のスケジュールを設定して、指定した間隔で Snapshot を自動的に作成できます。

Snapshot スケジュールには、曜日または日にちに基づく間隔を設定できます。繰り返しスケジュールを作成して、次の Snapshot を作成するまでの日数、時間、および分を指定することもできます。

Snapshot のスケジュールを 5 分以外の間隔で設定した場合、 Snapshot は 5 分単位に繰り上げた時間で実行されます。たとえば、 12 : 42 : 00 UTC に実行するように Snapshot のスケジュールを設定した場合、 12 : 45 : 00 UTC に実行されます。Snapshot のスケジュールを 5 分未満の間隔で実行するように設定することはできません。

Element 12.5以降では、シリアル作成を有効にし、UIからFIFO(First-In First-Out)ベースでスナップショットを保持するよう選択できます。

  • Enable Serial Creation *オプションは、一度にレプリケートするSnapshotを1つだけ指定します。以前のSnapshotレプリケーションがまだ実行中の場合、新しいSnapshotの作成は失敗します。このチェックボックスをオフにすると、別のSnapshotレプリケーションがまだ実行中のときにSnapshotを作成できます。

  • *fifo*オプションは、最新のスナップショットを一貫した数だけ保持する機能を追加します。このチェックボックスをオンにすると、スナップショットはFIFOベースで保持されます。FIFOスナップショットのキューが最大深さに達すると、新しいFIFOスナップショットが挿入されると、最も古いFIFOスナップショットは破棄されます。

手順
  1. [データ保護>*スケジュール*]を選択します。

  2. [ * スケジュールの作成 * ] を選択します。

  3. 「 * Volume IDs CSV * 」フィールドに、 Snapshot 処理に含めるボリューム ID をカンマで区切って入力します。

  4. 新しいスケジュール名を入力します。

  5. スケジュールタイプを選択し、表示されたオプションからスケジュールを設定します。

  6. * オプション: * Recurring Schedule * を選択し、 Snapshot スケジュールを無期限に繰り返します。

  7. * オプション: * New Snapshot Name * フィールドに、新しい Snapshot の名前を入力します。

    このフィールドを空白のままにすると、 Snapshot の作成日時が名前として使用されます。

  8. * オプション: * ペアリング時に Snapshot をレプリケーションに含める * チェックボックスをオンにして、親ボリュームがペアリングされている場合に Snapshot をレプリケーションにキャプチャします。

  9. *オプション:*シリアル作成を有効にする*チェックボックスをオンにして、一度に1つのスナップショットのみが複製されるようにします。

  10. Snapshot の保持を設定するには、次のいずれかのオプションを選択します。

    • オプション: FIFO(先入れ先出し)*チェックボックスをオンにして、最新のスナップショットの数が一定になるようにします。

    • 「* Forever *」を選択すると、Snapshotがシステム上に無期限に保持されます。

    • [保持期間の設定]を選択し、日付スピンボックスを使用して、システムがスナップショットを保持する期間を選択します。

  11. [ * スケジュールの作成 * ] を選択します。