日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

Snapshot スケジュールを編集します

寄稿者 amgrissino

既存の Snapshot スケジュールを変更できます。変更後、次回のスケジュール実行時に更新された属性が使用されます。元のスケジュールで作成された Snapshot はストレージシステムに保持されます。

手順
  1. [ * データ保護 > スケジュール * ] をクリックします。

  2. 変更するスケジュールの * Actions * アイコンをクリックします。

  3. 表示されたメニューで、 * 編集 * をクリックします。

  4. 「 * Volume IDs CSV * 」フィールドで、 Snapshot 処理に現在含まれている単一のボリューム ID またはカンマで区切ったボリューム ID のリストを変更します。

  5. スケジュールを一時停止または再開するには、次のオプションを選択します。

    • アクティブなスケジュールを一時停止するには、 * Manually Pause Schedule * (スケジュールを手動で一時停止)リストから * Yes * を選択します。

    • 一時停止したスケジュールを再開するには、 * Manually Pause Schedule * (スケジュールを手動で一時停止)リストから * No * を選択します。

  6. 必要に応じて、 [ * 新しいスケジュール名 * ] フィールドにスケジュールの別の名前を入力します。

  7. 別の曜日または月に実行するようにスケジュールを変更するには、「 * スケジュールタイプ * 」を選択し、表示されるオプションからスケジュールを変更します。

  8. * オプション: * Recurring Schedule * を選択し、 Snapshot スケジュールを無期限に繰り返します。

  9. * オプション: * New Snapshot Name * フィールドに、新しい Snapshot の名前を入力または変更します。

    このフィールドを空白のままにすると、 Snapshot の作成日時が名前として使用されます。

  10. * オプション: * ペアリング時に Snapshot をレプリケーションに含める * チェックボックスをオンにして、親ボリュームがペアリングされている場合に Snapshot をレプリケーションにキャプチャします。

  11. 保持設定を変更するには、次のオプションから選択します。

    • 「 * Forever * 」をクリックして、 Snapshot をシステム上に無期限に保持します。

    • [ * 保存期間の設定 * ] をクリックし、日付スピンボックスを使用して、システムがスナップショットを保持する期間を選択します。

  12. [ 変更の保存 *] をクリックします。