日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

SolidFire ストレージクラスタ上のバックアップからボリュームをリストアします

寄稿者

SolidFire ストレージクラスタ上のバックアップからボリュームをリストアできます。

クラスタ間でバックアップまたはリストアを実行する際には、システムによってクラスタ間の認証に使用するキーが生成されます。ソースクラスタはこのボリュームの一括書き込みキーを使用してデスティネーションクラスタに対して認証し、デスティネーションボリュームへの書き込みがセキュリティで保護されます。バックアップまたはリストアのプロセスでは、処理を開始する前に、デスティネーションボリュームからボリュームの一括書き込みキーを生成する必要があります。

  1. デスティネーションクラスタで、 * Management * > * Volumes * をクリックします。

  2. リストアするボリュームの操作アイコンをクリックします。

  3. 表示されたメニューで、 * リストア元 * をクリックします。

  4. 統合リストア * ( Integrated Restore * )ダイアログボックスの * リストア元 * ( * Restore From * )で * SolidFire * を選択します。

  5. バックアップに一致するオプションを * Data Format * :

    • * Native * : SolidFire ストレージシステムのみが読み取り可能な圧縮形式。

    • * Uncompressed * :他のシステムと互換性がある非圧縮形式。

  6. [* キーの生成 * ] をクリックします。

  7. * 一括ボリューム書き込みキー * 情報をクリップボードにコピーします。

  8. ソースクラスタで、 * Management * > * Volumes * をクリックします。

  9. リストアに使用するボリュームの操作アイコンをクリックします。

  10. 表示されたメニューで、 * Backup to * をクリックします。

  11. 統合バックアップ * ( Integrated Backup * )ダイアログボックスで、 * バックアップ先 * ( * Backup to * )で * SolidFire * を選択します。

  12. バックアップに一致するオプションを * Data Format * で選択します。

  13. デスティネーションボリュームのクラスタの管理仮想 IP アドレスを * リモートクラスタ MVIP * フィールドに入力します。

  14. リモートクラスタのユーザ名を「 * リモートクラスタのユーザ名 * 」フィールドに入力します。

  15. リモートクラスタのパスワードを「 * リモートクラスタのパスワード * 」フィールドに入力します。

  16. クリップボードから * Bulk Volume Write Key * フィールドにキーを貼り付けます。

  17. [ 読み取り開始 ] をクリックします。