日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

SnapMirror 関係を作成

寄稿者 amgrissino

SnapMirror 関係は NetAppElement UI で作成する必要があります。

注記 ボリュームで SnapMirror が有効になっていない状態で Element UI から関係の作成を選択すると、そのボリュームで自動的に SnapMirror が有効になります。

ボリュームで SnapMirror を有効にしておきます。

手順
  1. [* 管理 > ボリューム *] をクリックします。

  2. 関係を構成するボリュームの * Actions * アイコンをクリックします。

  3. [ * SnapMirror 関係の作成 * ] をクリックします。

  4. SnapMirror 関係の作成 * ダイアログボックスで、 * エンドポイント * リストからエンドポイントを選択します。

  5. 新しい ONTAP ボリュームと既存の ONTAP ボリュームのどちらを使用して関係を作成するかを選択します。

  6. Element UI で新しい ONTAP ボリュームを作成するには、 * 新しいボリュームの作成 * をクリックします。

    1. この関係に使用する * Storage Virtual Machine * を選択します。

    2. ドロップダウンリストからアグリゲートを選択します。

    3. [* Volume Name Suffix* ( * ボリューム名サフィックス) ] フィールドにサフィックスを入力します。

      注記 ソースボリューム名が検出され、 * Volume Name * (ボリューム名)フィールドにコピーされます。入力したサフィックスは、この名前に付加されます。
    4. [Create Destination Volume] をクリックします。

  7. 既存の ONTAP ボリュームを使用するには、 * 既存のボリュームを使用 * をクリックします。

    1. この関係に使用する * Storage Virtual Machine * を選択します。

    2. この新しい関係のデスティネーションとなるボリュームを選択します。

  8. [ * 関係の詳細 * ] セクションで、ポリシーを選択します。選択したポリシーにルール保持が設定されている場合、ルールテーブルにはルールと関連するラベルが表示されます。

  9. * オプション * :スケジュールを選択します。

    これにより、関係でコピーが作成される頻度が決まります。

  10. * オプション * : [ 帯域幅を * に制限 ] フィールドに、この関係に関連付けられたデータ転送で消費できる最大帯域幅を入力します。

  11. 追加の詳細を確認します。

    • * State * :デスティネーションボリュームの現在の関係の状態。有効な値は次のとおりです。

      • uninitialized :デスティネーションボリュームが初期化されていません。

      • snapmirrored :デスティネーションボリュームは初期化され、 SnapMirror 更新を受信できる状態です。

      • broken-off :デスティネーションボリュームは読み書き可能な状態にあり、 Snapshot が存在します。

    • * ステータス * :関係の現在のステータス。有効な値は、 idle 、 transferring 、 checking 、 quiescing 、 quiesced 、 キューに格納されている、準備中、最終処理中、中止中、および解除中です。

    • * 遅延時間 * :デスティネーションシステムがソースシステムより遅延している時間(秒)。遅延時間は転送スケジュールの間隔よりも短い必要があります。

    • * Bandwidth Limit * :この関係に関連付けられたデータ転送で消費できる帯域幅の最大量。

    • * 最後に転送された日時 * :前回転送された Snapshot のタイムスタンプ。詳細については、をクリックしてください。

    • * Policy Name * :関係の ONTAP SnapMirror ポリシーの名前。

    • * ポリシータイプ * :関係に対して選択された ONTAP SnapMirror ポリシーのタイプ。有効な値は次のとおりです。

      • async_mirro を参照してください

      • mirror-vault のように指定します

    • * スケジュール名 * :この関係に対して選択された ONTAP システム上の既存のスケジュールの名前。

  12. この時点で初期化しない場合は、 [* Initialize * (初期化 * ) ] チェックボックスが選択されていないことを確認してください。

    注記 初期化には時間がかかる場合があります。ピーク時以外の時間帯に実行することを推奨します。初期化では、ベースライン転送が実行されて、ソースボリュームの Snapshot コピーが作成され、そのコピーおよびコピーが参照するすべてのデータブロックがデスティネーションボリュームに転送されます。初期化は手動で実行できるほか、スケジュールに従って初期化プロセス(および後続の更新)を開始することもできます。
  13. [ 関係の作成( Create Relationship ) ] をクリックする。

  14. この新しい SnapMirror 関係を表示するには、 * Data Protection * > * SnapMirror Relationships * をクリックします。