日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

ソースボリュームが存在しない場合にフェイルバックを実行します

寄稿者 amgrissino

NetAppElement UI を使用して、元のソースボリュームを再同期し、フェイルバックを実行できます。このセクションでは、元のソースボリュームが失われ、元のクラスタはそのまま維持されている環境シナリオを示します。新しいクラスタにリストアする方法については、ネットアップサポートサイトのドキュメントを参照してください。

必要なもの
  • Element ボリュームと ONTAP ボリュームの間で、レプリケーション関係の状態が「 Broken-off 」になっている必要があります。

  • Element ボリュームが失われてリカバリ不可能であることが必要です。

  • 元のボリューム名が「 NOT FOUND 」と表示される必要があります。

手順
  1. Element UI で、フェイルオーバーを実行するために解除する関係を探します。

    • ベストプラクティス: * 関係が「 Broken-off 」の SnapMirror ポリシーおよびスケジュールの詳細をメモしてください。この情報は、関係を再作成する際に必要となります。

  2. [ アクション * ( Actions * ) ] アイコンをクリックし、 [ 逆再同期( Reverse Resync ) ] をクリックする。

  3. 操作を確定します。

    注記 逆再同期( Reverse Resync )処理では、元のソースボリュームとデスティネーションボリュームの役割が逆転した新しい関係が作成されます(元の関係は残されるので、 2 つの関係が存在することになります)。元のボリュームがすでに存在しないため、元のソースボリュームと同じ名前とサイズの新しいボリュームが Element に作成されます。新しいボリュームには、 sm-recovery というデフォルトの QoS ポリシーが割り当てられて、 sm-recovery というデフォルトのアカウントに関連付けられます。削除された元のソースボリュームを置き換えるために SnapMirror で作成されるすべてのボリュームについては、アカウントと QoS ポリシーを手動で編集する必要があります。

    逆再同期処理の一環として、最新の Snapshot のデータが新しいボリュームに転送されます。デスティネーション側のアクティブボリュームには引き続きアクセスしてデータを書き込むことができますが、あとで元のプライマリ関係を復元する前に、アクティブボリュームとすべてのホストとの接続を切断し、 SnapMirror 更新を実行する必要があります。逆再同期が完了し、デスティネーション側のボリュームにアクティブなセッションが接続されておらず、かつ元のプライマリボリュームに最新のデータがある状態になったら、次の手順に進んでフェイルバックを完了し、元のプライマリボリュームを再びアクティブ化します。

  4. 逆再同期( Reverse Resync )処理中に作成された逆の関係の * アクション * ( * Actions * )アイコンをクリックし、 * ブレーク * ( * Break * )をクリックします。

  5. ソースボリュームが存在しない元の関係の * アクション * アイコンをクリックし、 * 削除 * をクリックします。

  6. 手順 4 で解除した逆の関係の * アクション * アイコンをクリックし、 * 逆再同期 * をクリックします。

  7. これにより、ソースとデスティネーションが逆転し、ソースボリュームとデスティネーションボリュームが元の関係と同じである関係が作成されます。

  8. [ * アクション * ( Actions * ) ] アイコンと [ * 編集 * ( Edit * ) ] をクリックして、この関係を元の QoS ポリシーとメモしたスケジュール設定で更新します。

  9. これで、手順 6 で逆再同期した逆の関係を削除できるようになります。

詳細については、こちらをご覧ください