日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

FIPS ドライブのノードを混在させないようにします

寄稿者

FIPS ドライブ機能を有効にする準備として、 FIPS ドライブに対応しているノードと対応していないノードが混在しないようにする必要があります。

次の条件を満たす場合、クラスタは FIPS ドライブに準拠しているとみなされます。

  • すべてのドライブが FIPS ドライブとして認定されている。

  • すべてのノードが FIPS ドライブノードである。

  • 保存データの暗号化( EAR )が有効になっている。

  • FIPS ドライブ機能が有効になっている。FIPS ドライブ機能を有効にするには、すべてのドライブとノードが FIPS に対応し、保存データの暗号化が有効になっている必要があります。