日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

仮想ネットワークを追加

寄稿者 amgrissino

クラスタ構成に新しい仮想ネットワークを追加すると、マルチテナント環境から Element ソフトウェアを実行しているクラスタに接続できるようになります。

必要なもの
  • クラスタノード上の仮想ネットワークに割り当てる IP アドレス範囲を特定します。

  • すべての NetApp Element ストレージトラフィックのエンドポイントとして使用するストレージネットワーク IP ( SVIP )アドレスを特定します。

重要 この構成では、次の条件を考慮する必要があります。
  • VRF が有効でない VLAN では、 SVIP と同じサブネットにイニシエータが含まれている必要があります。

  • VRF が有効な VLAN では、 SVIP と同じサブネットにイニシエータが含まれている必要はなく、ルーティングがサポートされます。

  • デフォルトの SVIP では、 SVIP と同じサブネットにイニシエータが含まれている必要はなく、ルーティングがサポートされます。

仮想ネットワークを追加すると、各ノードのインターフェイスが作成され、そのそれぞれに仮想ネットワーク IP アドレスが必要となります。新しい仮想ネットワークを作成する際に指定する IP アドレスの数は、クラスタ内のノードの数以上であることが必要です。仮想ネットワークアドレスはまとめてプロビジョニングされ、個々のノードに自動的に割り当てられます。仮想ネットワークアドレスをクラスタ内のノードに手動で割り当てる必要はありません。

手順
  1. [Cluster>*Network*] をクリックします。

  2. [Create VLAN] をクリックします。

  3. [Create a New VLAN*] ダイアログボックスで、次のフィールドに値を入力します。

    • * VLAN 名 *

    • * VLAN タグ *

    • * SVIP *

    • * ネットマスク *

    • (任意) * 概要 *

  4. IP アドレス範囲の開始 IP * アドレスを * IP アドレスブロック * で入力します。

  5. IP 範囲の * Size * を、ブロックに含める IP アドレスの数として入力します。

  6. [ ブロックの追加( Add a Block ) ] をクリックして、この VLAN の非連続的な IP アドレスブロックを追加します。

  7. [Create VLAN] をクリックします。

仮想ネットワークの詳細を表示します

手順
  1. [Cluster>*Network*] をクリックします。

  2. 詳細を確認します。

    • ID: システムによって割り当てられた VLAN ネットワークの一意の ID 。

    • * 名前 * : VLAN ネットワークにユーザが割り当てた一意の名前。

    • * VLAN Tag * :仮想ネットワークの作成時に割り当てられた VLAN タグ。

    • * SVIP * :仮想ネットワークに割り当てられたストレージ仮想 IP アドレス。

    • * ネットマスク * :この仮想ネットワークのネットマスク。

    • * ゲートウェイ * :仮想ネットワークゲートウェイの一意の IP アドレス。VRF が有効になっている必要があります

    • *VRF 有効 *: 仮想ルーティングおよび転送が有効かどうかを示します。

    • *IPs Used *: 仮想ネットワークで使用される仮想ネットワーク IP アドレスの範囲。