日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

仮想ルーティング / 転送を有効にします

寄稿者 amgrissino

仮想ルーティング / 転送( VRF )を有効にすることができます。これにより、ルーティングテーブルの複数のインスタンスをルータ内に共存させ、同時に使用することができます。この機能はストレージネットワークでのみ使用できます。

VRF を有効にできるのは、 VLAN の作成時だけです。非 VRF に戻す場合は、 VLAN を削除して再作成する必要があります。

  1. [Cluster>*Network*] をクリックします。

  2. 新しい VLAN で VRF を有効にするには、 * VLAN の作成 * を選択します。

    1. 新しい VRF / VLAN に関連する情報を入力します。仮想ネットワークの追加を参照してください。

    2. [Enable VRF*] チェックボックスをオンにします。

    3. * オプション * :ゲートウェイを入力します。

  3. [Create VLAN] をクリックします。

詳細については、こちらをご覧ください