日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

Element のデモノードを使用してストレージ機能を試します

寄稿者 netapp-pcarriga amgrissino

"Element デモノード" は、 VMware の Virtual Machine ( VM ;仮想マシン)バージョンの Element ソフトウェアであり、 NetApp HCI と SolidFire 製品の主要なストレージ機能の多くを簡単にデモできます。開発者は、デモノードを使用することで、物理ハードウェアを必要とせずに Element API に対してコードを実行できます。VMware の導入を容易にする OVA ファイルとしてパッケージ化されています。

サポートされる機能:

Element デモノードは、デモおよび開発用のツールとしてのみ使用します。デモノードを使用する前に、次の機能上の制限事項に注意してください。

  • Element デモノードはクラスタリングをサポートしていません。シングルノードクラスタとしてのみ機能します。

  • Element のアップグレードはサポートされていません。Element の新しいバージョンのデモを行うには、新しいデモノード VM をインストールする必要があります。

  • ストレージのパフォーマンスを示すことはその目的ではありません。デモノードで観察されたパフォーマンスからは、物理クラスタのパフォーマンスはわかりません。

  • NetApp HCI クラスタまたは SolidFire クラスタにデモノードを追加することはできません。

  • VRF VLAN はサポートされていません(標準のタグ付き VLAN がサポートされます)。

  • マルチドライブスライスサービス( MDSS )はサポートされません。

  • Element デモノードは、 VMFS データストアでのみサポートされます。VVOL はサポートされません。

  • ハードウェアベースの構成と監視機能はデモノードでは動作しません。

  • ボリュームあたり最大 10 個の Snapshot をサポートします。

  • ノード / クラスタあたり最大 20 個のアカウントをサポートします。

  • サポートされるアカウントあたりのボリューム数は最大 100 個です。

  • サポートされる VVOL の数はアカウントあたり最大 200 個です。

  • 最大ボリュームサイズが 100GiB に対応しています。

注記 Element ソフトウェアに関するその他の制限事項がすべて適用されます。詳細については、最新の Element ソフトウェアリリースノートを参照してください。

VM の要件

  • 240 GB の合計容量( VM の仮想ディスクのサイズと数は変更できません。ハイパーバイザーで提供された追加のストレージはゲスト OS で無視されます)。

  • 60 GB のルートディスク

  • シックプロビジョニング / eager-zeroed-thick ( 30 GB のメタデータドライブ 1 本または 50 GB のブロックドライブ 3 本)またはシンプロビジョニング / eager-zeroed-thick ( * 推奨)( 30 GB のメタデータドライブ 1 本、または 50 GB のブロックドライブ 3 本)

  • vCPU × 2 (フル予約)

  • 16GB の RAM (完全にリザーブ)

  • シングル HBA :すべてのディスク、 LSI Logic パラレル

  • 2 つの vNIC 、両方の vmxnet3 ( 1 つの管理、 1 つのストレージ)

ホストの要件

  • Element デモノード 11.7 VM の ESXi 6.0 または 6.5

  • Element デモノード 12.0 および 12.2 の VM の ESXi 6.5

  • Element デモノード 12.3 VM 用 ESXi 6.7 および 7.0

  • マルチコア 64 ビットインテル ® アーキテクチャー

Element のデモノードをダウンロード

Element のデモノードソフトウェアは、 .ova ファイルにパッケージ化された VMware ファイルのセットです。

VMware ESXi に Element デモノードをインストールします

VMware ESXi に Element デモノードをインストールするには、次のタスクを実行します。

ネットワークインターフェイスを設定

Element デモノードには、 2 つの仮想マシンネットワークが必要です。1 つはストレージトラフィック用で、もう 1 つは管理トラフィック用です。ジャンボフレームをサポートするようにストレージネットワークを設定する必要があります。

ESXi サーバでデモノードを登録します

ESXi サーバに Element のデモノードを登録するには、 vSphere Client を使用して demo ノードの .ova ファイルを導入する必要があります。

手順
  1. vSphere Client にログインし、インベントリパネルから ESXi ホストを選択します。

  2. [ * ファイル * ( File ) ] > [* OVF テンプレートの展開( Deploy OVF Template ) ] を選択

    OVF テンプレートの展開ウィザードが起動します。

  3. Select template * ページで、ダウンロードした OVA ファイルを参照し、 * Open * を選択します。

  4. 「 * 次へ * 」を選択します。

  5. [ 名前と場所 *] ページで、展開したテンプレートの名前と場所を指定し、 [ 次へ *] を選択します。

  6. [ リソースの選択 *] ページで、テンプレートを実行する場所を参照し、 [ 次へ *] を選択します。

  7. 詳細を確認して、「 * 次へ * 」を選択します。

  8. [ ストレージの選択 ] ページで、仮想マシンファイルを保存する場所を選択し、 [ 次へ * ] を選択します。

  9. [ ネットワークの選択 * ] ページで、 OVA ファイルで使用されるネットワークをインベントリ内の 2 つの個別の仮想マシンネットワークにマップし、 [ 次へ * ] を選択します。

  10. [* Ready to Complete] (完了する準備ができました)ページで、作成する仮想マシンの詳細を確認し、 [* Finish (完了) ] を選択します。

注記 デモノードの導入が完了するまでに数分かかることがあります。

ESXi サーバでデモノードを起動します

VMware ESXi コンソールから Element にアクセスするには、デモノード VM を起動する必要があります。

手順
  1. vSphere Client で、作成したデモノード VM を選択します。

  2. [Summary] * タブを選択して、この VM の詳細を表示します。

  3. VM を起動するには、 * 電源オン * を選択します。

  4. 「 Web コンソールの起動」を選択します。

  5. TUI を使用して、デモノードを設定します。詳細については、を参照してください "ストレージノードを設定"

サポートの利用方法

Element デモノードは、ベストエフォート型のボランティアベースで利用できます。サポートについては、に質問を投稿してください "Element のデモノードフォーラム"