日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

解決策 の検証 - ストレージ

FlexPod SM-BC 解決策 のストレージ構成は、各サイトでの一般的な FlexPod 解決策 のベストプラクティスに従います。SM-BC クラスタピアリングおよびデータレプリケーションでは、両方のサイトの FlexPod スイッチ間に確立されたサイト間リンクを使用します。以降のセクションでは、検証に使用する接続と構成の一部を紹介します。

接続性

ローカル UCS FI およびブレードサーバへのストレージ接続は、ローカルサイトの Nexus スイッチによって提供されます。サイト間の Nexus スイッチ接続を介して、リモートの UCS ブレードサーバからストレージにアクセスすることもできます。次の図と表は、各サイトのストレージ接続図とストレージコントローラの接続リストを示しています。

エラー:グラフィックイメージがありません

ローカルデバイス ローカルポート リモートデバイス リモートポート

AFF A250 A

e0c

AFF A250 B

e0c

e0d

e0d

E1A

Nexus A

1/10/1.

e1b

1/10/2.

E1C

Nexus B

1/10/1.

e1d

1/10/2.

AFF A250 B

e0c

AFF A250 A

e0c

e0d

e0d

E1A

Nexus A

1/10/3.

e1b

1/10/4.

E1C

Nexus B

1/10/3.

e1d

1/10/4.

接続およびインターフェイス

この検証では、帯域幅の集約と冗長性のために、各ストレージコントローラの 2 つの物理ポートが各 Nexus スイッチに接続されます。これら 4 つの接続は、ストレージ上のインターフェイスグループ構成に参加します。Nexus スイッチの対応するポートは、リンクアグリゲーションと耐障害性のために vPC に参加します。

インバンド管理、クラスタ間、および NFS / iSCSI データストレージプロトコルでは、 VLAN を使用します。インターフェイスグループに VLAN ポートが作成され、さまざまなタイプのトラフィックを分離します。それぞれの機能に対応する LIF が、対応する VLAN ポートの上に作成されます。次の図は、物理接続、インターフェイスグループ、 VLAN ポート、および論理インターフェイスの関係を示しています。

エラー:グラフィックイメージがありません

SAN ブート

FlexPod 解決策 で Cisco UCS サーバの SAN ブートを実装することを推奨します。SAN ブートを実装すると、ネットアップストレージシステム内でオペレーティングシステムを安全に保護できるため、パフォーマンスと柔軟性が向上します。この解決策 では、 iSCSI SAN ブートが検証されました。

次の図は、ネットアップストレージから Cisco UCS サーバの iSCSI SAN ブートの接続を示しています。iSCSI SAN ブートでは、各 Cisco UCS サーバに 2 つの iSCSI vNIC (各 SAN ファブリックに 1 つずつ)が割り当てられ、サーバからストレージへの冗長接続が提供されます。Nexus スイッチに接続された 10 / 25 G イーサネットストレージポート(この例では e1a 、 e1b 、 e1c 、 e1d )をグループ化して、 1 つのインターフェイスグループ( ifgrp )になります(この例では a0a )。iSCSI VLAN ポートは ifgrp に作成され、 iSCSI LIF は iSCSI VLAN ポートに作成されます。

各 iSCSI ブート LUN は、ブート LUN と、そのブート igroup 内のサーバの iSCSI Qualified Names ( IQNs )を関連付けて、 iSCSI LIF を介して起動するサーバにマッピングされます。サーバのブート igroup には、各 vNIC-SAN ファブリックに対して 1 つずつ、 2 つの IQN が含まれています。この機能を使用すると、許可されたサーバだけが、そのサーバ専用に作成されたブート LUN にアクセスできます。

エラー:グラフィックイメージがありません

クラスタピアリング

ONTAP クラスタピアは、クラスタ間 LIF を介して通信します。2 つのクラスタで ONTAP System Manager を使用すると、 Protection > Overview ペインに、必要なクラスタ間 LIF を作成できます。

エラー:グラフィックイメージがありません

2 つのクラスタ間にピア関係を設定するには、次の手順を実行します。

  1. 1 つ目のクラスタでクラスタピアパスフレーズを生成

    エラー:グラフィックイメージがありません

  2. 2 番目のクラスタで Peer Cluster オプションを呼び出し、パスフレーズとクラスタ間 LIF の情報を指定します。

    エラー:グラフィックイメージがありません

  3. System Manager Protection > Overview ペインには、クラスタピアの情報が表示されます。

    エラー:グラフィックイメージがありません

ONTAP メディエーターのインストールと設定

ONTAP メディエーターは、 SM-BC 関係にある ONTAP クラスタのクォーラムを確立します。この機能は、障害が検出されたときの自動フェイルオーバーを調整し、各クラスタが同時にプライマリクラスタとして制御を確立しようとしたときにスプリットブレインのシナリオを回避するのに役立ちます。

ONTAP メディエーターをインストールする前に、を確認します "ONTAP メディエーターサービスをインストールまたはアップグレードします" の各ページでは、前提条件、サポートされている Linux のバージョン、およびそれらをサポートされている各種 Linux オペレーティングシステムにインストールする手順について説明します。

ONTAP メディエーターをインストールしたら、 ONTAP メディエーターのセキュリティ証明書を ONTAP クラスタに追加し、 System Manager の Protection > Overview ペインで ONTAP メディエーターを設定できます。次のスクリーンショットは、 ONTAP メディエーターの設定 GUI を示しています。

エラー:グラフィックイメージがありません

必要な情報を入力すると、設定された ONTAP メディエーターが System Manager の Protection > Overview ペインに表示されます。

エラー:グラフィックイメージがありません

SM-BC 整合グループ

整合グループは、指定されたボリュームの集まりにまたがるアプリケーションワークロードに対して書き込み順序の整合性を保証します。ONTAP 9.10.1 では、いくつかの重要な制限事項があります。

  • クラスタ内の SM-BC 整合グループ関係の最大数は 20 です。

  • 各 SM-BC 関係でサポートされる最大ボリューム数は 16 です。

  • クラスタ内のソースエンドポイントとデスティネーションエンドポイントの最大合計数は 200 です。

詳細については、の ONTAP SM-BC のマニュアルを参照してください "制限事項と制限事項"

検証構成では、 ONTAP System Manager を使用して整合グループを作成し、両方のサイトの ESXi ブート LUN と共有データストア LUN の両方を保護しました。コンシステンシ・グループの作成ダイアログにアクセスするには '[ 保護 ] > [ 概要 ] > [ ビジネス継続性の保護 ] > [ コンシステンシ・グループの保護 ] を選択します整合グループを作成するには、作成に必要なソースボリューム、デスティネーションクラスタ、およびデスティネーション SVM の情報を指定します。

エラー:グラフィックイメージがありません

次の表に、検証テストで作成される 4 つの整合グループと各整合グループに含まれるボリュームを示します。

System Manager の略 整合グループ 個のボリューム

サイト A

CG_ESXi_a のようになります

esxi_a です

サイト A

cG_infra_a_a

infra_datastore_a_01 infra_a_02

サイト B

cG_esxi_b

esxi_b

サイト B

cG_infra_datastore_b

infra_datastore_b_01 infra_datastore_b_02

作成された整合グループは、サイト A とサイト B のそれぞれの保護関係の下に表示されます

このスクリーンショットは、サイト A の整合グループ関係を示しています

エラー:グラフィックイメージがありません

このスクリーンショットは、サイト B における整合グループ関係を示しています

エラー:グラフィックイメージがありません

次のスクリーンショットは、 cg_infra_datastore_b グループの整合グループ関係の詳細を示しています。

エラー:グラフィックイメージがありません

ボリューム、 LUN 、およびホストのマッピング

整合グループの作成後、 SnapMirror はソースボリュームとデスティネーションボリュームを同期するため、データは常に同期された状態になります。リモートサイトのデスティネーションボリュームは、 _dest 終了中のボリューム名を伝送します。たとえば、サイト A のクラスタ内の esxi_a ボリュームには、サイト B に対応する esxi_a_dest データ保護( DP )ボリュームがあります

このスクリーンショットは、サイト A のボリューム情報を示しています

エラー:グラフィックイメージがありません

このスクリーンショットは、サイト B のボリューム情報を示しています

エラー:グラフィックイメージがありません

透過的なアプリケーションフェイルオーバーを可能にするには、ミラーリングされた SM-BC LUN もデスティネーションクラスタからホストにマッピングする必要があります。これにより、ホストは、ソースとデスティネーションの両方のクラスタから LUN へのパスを適切に認識できます。サイト A とサイト B の両方の「 igroup show 」出力と「 lun show 」出力は、次の 2 つのスクリーンショットでキャプチャされています。作成されたマッピングでは、クラスタ内の各 ESXi ホストが自身の SAN ブート LUN を ID 0 、 4 つすべての共有 iSCSI データストア LUN として認識します。

このスクリーンショットは、サイト A のクラスタのホスト igroup と LUN マッピングを示しています。

エラー:グラフィックイメージがありません

このスクリーンショットは、サイト B のクラスタのホスト igroup と LUN マッピングを示しています。

エラー:グラフィックイメージがありません