日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

解決策 の検証 - ネットワーク

FlexPod SM-BC 解決策 のネットワーク設定は、各サイトでの一般的な FlexPod 解決策 のベストプラクティスに従います。サイト間接続の場合、解決策 検証設定では、 2 つのサイトの FlexPod Nexus スイッチを相互に接続して、 2 つのサイト間に VLAN を拡張するサイト間接続を提供します。以降のセクションでは、検証に使用する接続と構成の一部を紹介します。

接続性

各サイトの FlexPod Nexus スイッチは、可用性の高い構成で UCS コンピューティングと ONTAP ストレージの間をローカルで接続します。冗長コンポーネントと冗長接続により、単一点障害に対する耐障害性が確保されます。

次の図は、各サイトでの Nexus スイッチのローカル接続を示しています。図に示されている内容に加えて、図に示されていない各コンポーネントのコンソールネットワーク接続と管理ネットワーク接続もあります。40G ~ 4 x 10G ブレークアウトケーブルは、 Nexus スイッチを UCS FI および ONTAP AFF A250 ストレージコントローラに接続するために使用します。また、 100G から 4 x 25G ブレークアウトケーブルを使用して、 Nexus スイッチと AFF A250 ストレージコントローラ間の通信速度を向上させることもできます。わかりやすいように、 2 台の AFF A250 コントローラは、ケーブル接続の図のために論理的に並べて表示されています。2 台のストレージコントローラを 2 つの接続で接続することで、ストレージがスイッチレスクラスタを形成できます。

エラー:グラフィックイメージがありません

次の表に、各サイトの Nexus スイッチと AFF A250 ストレージコントローラの接続を示します。

ローカルデバイス ローカルポート リモートデバイス リモートポート

Nexus A

1/10/1.

AFF A250 A

E1A

1/10/2.

e1b

1/10/3.

AFF A250 B

E1A

1/10/4.

e1b

Nexus B

1/10/1.

AFF A250 A

E1C

1/10/2.

e1d

1/10/3.

AFF A250 B

E1C

1/10/4.

e1d

次の図に、サイト A とサイト B の FlexPod スイッチ間の接続を示します。ケーブル接続の詳細については、次の表を参照してください。各サイトの 2 つのスイッチ間の接続は、 vPC ピアリンク用です。一方、サイト間のスイッチ間の接続はサイト間リンクを提供します。リンクを使用することで、クラスタ間通信、 SM-BC データレプリケーション、インバンド管理、およびリモートサイトのリソースへのデータアクセス用に、サイト間で VLAN を拡張できます。

エラー:グラフィックイメージがありません

ローカルデバイス ローカルポート リモートデバイス リモートポート

サイト A のスイッチ A

33

サイト B のスイッチ A

31.

34

32

25

サイト A のスイッチ B

25

26

26

サイト A のスイッチ B

33

サイト B のスイッチ B

31.

34

32

25

サイト A のスイッチ A

25

26

26

サイト B のスイッチ A

31.

サイト A のスイッチ A

33

32

34

25

サイト B のスイッチ B

25

26

26

サイト B のスイッチ B

31.

サイト A のスイッチ B

33

32

34

25

サイト B のスイッチ A

25

26

26

注記 上記の表は、各 FlexPod スイッチの観点からの接続を示しています。このため、表内で読みやすくするために情報が重複しています。

ポートチャネルと仮想ポートチャネル

ポートチャネルを使用すると、 Link Aggregation Control Protocol ( LACP )を使用して帯域幅の集約とリンク障害の耐障害性を実現し、リンクアグリゲーションを実現できます。仮想ポートチャネル( vPC )を使用すると、 2 つの Nexus スイッチ間のポートチャネル接続を 1 つのポートとして論理的に認識できます。これにより、単一リンク障害や単一スイッチ障害などの障害に対する耐障害性がさらに向上します。

UCS サーバからストレージへのトラフィックは、 Nexus スイッチに到達する前に、 IOM A から FI A へ、 IOM B から FI B へのパスを経由します。Nexus スイッチへの FI 接続は、 FI 側のポートチャネルと Nexus スイッチ側の仮想ポートチャネルを利用するため、 UCS サーバは両方の Nexus スイッチを介したパスを効果的に使用でき、単一点障害が発生しても運用できます。2 つのサイト間では、前の図に示すように、 Nexus スイッチは相互接続されています。サイト間でスイッチペアを接続するリンクと、ポートチャネル構成を使用するリンクがそれぞれ 2 つあります。

インバンド管理、クラスタ間、および iSCSI/NFS データストレージプロトコル接続は、各サイトのストレージコントローラを冗長構成のローカル Nexus スイッチに相互接続することによって提供されます。各ストレージコントローラは 2 つの Nexus スイッチに接続されます。耐障害性を高めるために、 4 つの接続がストレージのインターフェイスグループの一部として設定されます。Nexus スイッチ側では、これらのポートはスイッチ間の vPC の一部でもあります。

次の表に、各サイトのポートチャネル ID と使用状況を示します。

ポートチャネル ID 使用方法

10.

ローカル Nexus ピアリンク

15

ファブリックインターコネクト A リンク

16

ファブリックインターコネクト B リンク

27

ストレージコントローラ A のリンク

28

ストレージコントローラ B のリンク

100

サイト間スイッチ A のリンク

200

サイト間スイッチ B リンク

VLAN

次の表に、 FlexPod SM-BC 解決策 検証環境をセットアップするために設定された VLAN とその使用方法を示します。

名前 VLAN ID 使用方法

ネイティブ VLAN

2.

VLAN 2 がデフォルト VLAN ではなくネイティブ VLAN として使用される( 1 )

OOB-MGMT-VLAN

3333

デバイスのアウトオブバンド管理 VLAN

IB-MGMT-vlan

3334

ESXi ホスト、 VM 管理などのインバンド管理 VLAN

NFS-VLAN

3335

NFS トラフィック用のオプションの NFS VLAN

iSCSI-A VLAN

3336

iSCSI- iSCSI トラフィック用のファブリック VLAN

iSCSI-B VLAN

3337

iSCSI トラフィック用の iSCSI-B ファブリック VLAN

vMotion - VLAN

3338

VMware vMotion トラフィック VLAN

vm-traffic-vlan

3339

VMware VM トラフィック VLAN

インタークラスタ VLAN

3340

ONTAP クラスタピア通信用のクラスタ間 VLAN

注記 SM-BC は、 NFS プロトコルまたは CIFS プロトコルをサポートしていないため、ビジネス継続性を確保する必要がないワークロードにも使用できます。この検証で使用する NFS データストアは作成されませんでした。