日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

解決策の検証

寄稿者

このセクションでは、サンプルのデータレプリケーションワークフローを使用して解決策 を再確認し、測定値をいくつか確認して、FlexPod で実行されているNetApp ONTAP インスタンスからGoogle Cloudで実行されているNetApp Cloud Volumes ONTAP へのデータレプリケーションの整合性を検証します。

この解決策 では、Cisco Intersightワークフローオーケストレーションツールを使用しており、今回のユースケースで引き続き使用します。

特に、この解決策 で使用される限定的なCisco Intersightのワークフローは、Cisco Intersightに含まれるすべてのワークフローを表しているわけではありません。独自の要件に基づいてカスタムワークフローを作成し、Cisco Intersightからトリガーされるようにすることができます。

DRシナリオが成功するかどうかを検証するために、最初にSnapMirrorを使用して、FlexPod に含まれるONTAP のボリュームからCloud Volumes ONTAP にデータを移動します。その後、Googleクラウドコンピューティングインスタンスからデータにアクセスし、データ整合性チェックを実行できます。

次に、この解決策 の成功基準を確認する手順の概要を示します。

  1. FlexPod のONTAP ボリュームにあるサンプルデータセットでSHA256チェックサムを生成します。

  2. FlexPod のONTAP とCloud Volumes ONTAP の間にVolume SnapMirror関係を設定します。

  3. サンプルデータセットをFlexPod からCloud Volumes ONTAP にレプリケートします。

  4. SnapMirror関係を解除し、Cloud Volumes ONTAP 内のボリュームを本番環境に昇格します。

  5. Cloud Volumes ONTAP ボリュームとデータセットをGoogle Cloudのコンピューティングインスタンスにマッピングします。

  6. Cloud Volumes ONTAP のサンプルデータセットでSHA256チェックサムを生成します。

  7. ソースとデスティネーションのチェックサムを比較します。両方のチェックサムが一致していると考えられます。

オンプレミスワークフローを実行するには、次の手順を実行します。

  1. オンプレミスFlexPod のIntersightでワークフローを作成

    スクリーンショット

  2. 必要な入力を指定し、ワークフローを実行します。

    スクリーンショット

  3. システムマネージャで、新しく作成したSVMを確認します。

    スクリーンショット

  4. 別のディザスタリカバリワークフローを作成して実行し、オンプレミスのFlexPod にボリュームを作成して、FlexPod とCloud Volumes ONTAP でこのボリューム間にSnapMirror関係を確立します。

    スクリーンショット

  5. ONTAP システムマネージャで、新しく作成したボリュームを確認します。

    スクリーンショット

  6. 同じNFSボリュームをオンプレミスの仮想マシンにマウントし、サンプルデータセットをコピーしてチェックサムを実行します。

    スクリーンショット

    スクリーンショット

  7. Cloud Managerでレプリケーションステータスを確認します。データのサイズによっては、データ転送に数分かかることがあります。完了すると、SnapMirrorのステータスが* Idle *と表示されます。

    スクリーンショット

  8. データ転送が完了したら、「Test_vol1」ボリュームをホストしているSVMを停止して、ソース側の災害をシミュレートします。

    SVMの停止後、「Test_vol1」ボリュームはCloud Managerに表示されません。

    スクリーンショット

  9. レプリケーション関係を解除し、Cloud Volumes ONTAP デスティネーションボリュームを本番環境に昇格

    スクリーンショット

    スクリーンショット

  10. ボリュームを編集し、エクスポートポリシーに関連付けてクライアントアクセスを有効にします。

    スクリーンショット

  11. ボリュームの使用準備が完了しているマウントコマンドを取得します。

    スクリーンショット

    スクリーンショット

  12. コンピューティング・インスタンスにボリュームをマウントし’デスティネーション・ボリュームにデータが存在することを確認して’sample_dataset_s2GB’ファイルのSHA256チェックサムを生成します

    スクリーンショット

  13. ソース(FlexPod )とデスティネーション(Cloud Volumes ONTAP )の両方でチェックサム値を比較します。

  14. チェックサムはソースとデスティネーションのチェックサムと同じです。

ソースからデスティネーションへのデータレプリケーションが正常に完了し、データの整合性が維持されていることを確認できます。このデータは、ソースサイトがリストアを実行している間に、アプリケーションがクライアントにデータを提供するために安全に使用できるようになりました。