日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

コントローラからのTerraformの実行

寄稿者

コントローラを使用してTerraformプランを実行できます。ICOワークフローを使用してTerraformプランをすでに実行している場合は、このセクションを省略できます。

前提条件

解決策 のセットアップは、まずインターネットにアクセスできる管理ワークステーションと、Terraformの実際のインストールから始まります。

Terraformをインストールするためのガイドがあります "こちらをご覧ください"

クローンGitHubリポジトリをリポジトリします

このプロセスの最初のステップでは、GitHubリポジトリを管理ワークステーションの新しい空のフォルダにクローニングします。GitHubリポジトリのクローンを作成するには、次の手順を実行します。

  1. 管理ワークステーションから、プロジェクトの新しいフォルダを作成します。このフォルダ内に'/root/snapmirror-CVO’という名前の新しいフォルダを作成し’GitHubリポジトリをクローンします

  2. 管理ワークステーションでコマンドラインインターフェイスまたはコンソールインターフェイスを開き、作成した新しいフォルダにディレクトリを変更します。

  3. 次のコマンドを使用してGitHubコレクションをクローニングします。

Git clone https://github.com/NetApp-Automation/FlexPod-hybrid-cloud-for-GCP-with-Intersight-and-CVO
  1. ディレクトリを「snapmirror-CVO'」という新しいフォルダに変更します。

    • Terraformの実行*

Terraform実行の回路図。

  • * Init.*(local) Terraform環境を初期化します。通常、1回のセッションで1回のみ実行されます。

  • *計画。*テラフォームの状態をクラウドの現状と比較し、実行計画を作成して表示します。これによって導入環境が変更されることはありません(読み取り専用)。

  • *適用。*計画フェーズから計画を適用します。これにより、導入環境(読み取りと書き込み)が変更される可能性があります。

  • *破棄。*この特定のテラフォーム環境によって管理されるすべてのリソース。

    詳細については、を参照してください "こちらをご覧ください"