日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

VMware vSphere の設定

寄稿者 netapp-mwallis このページの PDF をダウンロード

NetApp HCI は、 VMware vSphere の vCenter Server および ESXi コンポーネントを使用します。vCenter Server は、各コンピューティングノードにインストールされている VMware ESXi ハイパーバイザーを管理および監視するために使用されます。新しい vSphere 環境をインストールして設定することができます。この環境には NetApp Element Plug-in for vCenter Server もインストールされます。また、既存の vSphere 環境に参加して拡張することもできます。

NetApp Deployment Engine を使用して vSphere を新規にインストールする場合は、次の点に注意してください。

  • NetApp Deployment Engine は、「小規模」の導入規模オプションを使用して新しい vCenter Server Appliance をインストールします。

  • vCenter Server ライセンスは一時的な評価ライセンスです。評価期間後も運用を継続するには、 VMware から新しいライセンスキーを取得して vCenter Server ライセンスインベントリに追加する必要があります。

注記 vSphere のインベントリ設定がフォルダを使用して vCenter データセンター内の NetApp HCI クラスタを格納している場合、 NetApp HCI コンピューティングリソースの拡張などの一部の処理が失敗します。NetApp HCI クラスタが vSphere Web Client インベントリツリーのデータセンターの直下にあり、フォルダに格納されていないことを確認してください。詳細については、ネットアップの技術情報アーティクルを参照してください。

新しい vCenter Server をインストールする場合は、ネットワーク構成時に vSphere 標準スイッチまたは vSphere Distributed Switch ( VDS )をインストールできます。VDS を使用すると、 NetApp HCI の導入後に仮想マシンのネットワーク構成を簡単かつ一元的に管理できます。NetApp HCI のクラウドデータサービス機能には VDS が必要です。クラウドデータサービスでは vSphere Standard Switch はサポートされません。

詳細については、こちらをご覧ください