日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

IP アドレスの要件

寄稿者 netapp-mwallis amgrissino netapp-dbagwell このページの PDF をダウンロード

NetApp HCI には、導入の規模に応じた IP アドレスの要件があります。NetApp Deployment Engine を使用してシステムを導入する前に各ノードに割り当てた初期 IP アドレスは、デフォルトでは一時的な IP アドレスであり、再利用することはできません。最終的な導入時に割り当て可能な、未使用かつ永続的な IP アドレスのセットをもう 1 つ確保しておく必要があります。

NetApp HCI の導入ごとに必要な IP アドレスの数

NetApp HCI ストレージネットワークと管理ネットワークでは、それぞれ連続した IP アドレス範囲を使用する必要があります。次の表を参照して、導入に必要な IP アドレスの数を確認してください。

システムコンポーネント 管理ネットワーク IP アドレスが必要です 必要なストレージネットワーク IP アドレス 必要な vMotion ネットワーク IP アドレス コンポーネントごとに必要な合計 IP アドレス

コンピューティングノード

1.

2.

1.

4.

ストレージノード

1.

1.

2.

ストレージクラスタ

1.

1.

2.

VMware vCenter

1.

1.

管理ノード

1.

1.

2.

監視ノード

1.

1.

監視ノードあたり 2 ( 2 ノードまたは 3 ノードごとに 2 つの監視ノードが導入されます ストレージクラスタ)

NetApp HCI で予約されている IP アドレス

NetApp HCI では、システムコンポーネント用に次の IP アドレス範囲が予約されます。ネットワークを計画するときは、次の IP アドレスは使用しないでください。

IP アドレス範囲 説明

10.0.0.0/24

Docker overlay ネットワーク

10.0.1.0/24 のようになります

Docker overlay ネットワーク

10.255.0.0/16

Docker Swarm Ingress ネットワーク

169.254.100.1/22

Docker bridge ネットワーク

169.254.104.0/22

Docker bridge ネットワーク

詳細については、こちらをご覧ください