日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

ネットワークケーブルの要件

寄稿者 netapp-mwallis amgrissino netapp-dbagwell このページの PDF をダウンロード

次のガイドラインを参考に、環境の規模に対応した正しい種類のネットワークケーブルを十分な数用意してください。RJ45 ポートには、 Cat 5e または Cat 6 のケーブルを使用する必要があります。

  • ケーブル 2 本のコンピューティングノード構成:各コンピューティングノードを、 2 つの SFP+ / SFP28 インターフェイスで 10 / 25GbE ネットワークに接続する必要があります(もう 1 本の Cat 5e / 6 ケーブルはオプションで、アウトオブバンド管理用です)。

  • ケーブル 6 本のコンピューティングノード構成:各コンピューティングノードを、 4 つの SFP+ / SFP28 インターフェイスで 10 / 25GbE ネットワークに接続し、 2 本の Cat 5e / 6 ケーブルで 1 / 10GbE ネットワークに接続する必要があります(もう 1 本の Cat 5e / 6 ケーブルはオプションで、アウトオブバンド管理用です)。

  • 各ストレージノードを、 2 つの SFP+ / SFP28 インターフェイスで 10 / 25GbE ネットワークに接続し、 2 本の Cat 5e / 6 ケーブルで 1 / 10GbE ネットワークに接続する必要があります(もう 1 本の Cat 5e / 6 ケーブルはオプションで、アウトオブバンド管理用です)。

  • NetApp HCI システムをネットワークに接続するためのネットワークケーブルが、スイッチに届く十分な長さであることを確認します。

たとえば、 4 つのストレージノードと 3 つのコンピューティングノード(ケーブル 6 本の構成を使用)がある環境では、次の本数のネットワークケーブルが必要になります。

  • RJ45 コネクタ付属の Cat 5e / 6 ケーブル × 14 (さらに必要に応じて IPMI トラフィック用のケーブル × 7 )

  • SFP28 / SFP+ コネクタ付属の Twinax ケーブル × 20

これは、次の理由によるものです。

  • 4 つのストレージノードに Cat 5e / 6 ケーブルと Twinax ケーブルがそれぞれ 8 本必要です。

  • ケーブル 6 本の構成を使用する 3 つのコンピューティングノードに Cat 5e / 6 ケーブルが 6 本、 Twinax ケーブルが 12 本必要です。

詳細については、こちらをご覧ください