日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

ネットワーク構成:

寄稿者 amgrissino netapp-dbagwell netapp-mwallis このページの PDF をダウンロード

NetApp HCI では、複数の異なるネットワークケーブル配線と VLAN 構成を使用できます。3 つ目の構成では、オプション C でコンピューティングノードごとに 6 本のネットワークケーブルをネイティブ VLAN で使用します。

構成オプション C :ケーブル 6 本でのコンピューティングノードの構成 - ネイティブ VLAN を使用

ストレージおよび仮想化トラフィックにタグ付けした VLAN を使用する代わりに、スイッチの設定を使用してネットワークセグメントを分離することで、 NetApp HCI を導入できます。この構成は、 vSphere Standard Switch または vSphere Distributed Switch ( VMware vSphere Enterprise Plus のライセンスが必要)で使用できます。

NetApp HCI のドキュメントでは、 H シリーズノードの背面パネルにあるネットワークポートをアルファベットを使用して記載しています。

H410C ストレージノードのネットワークポートと場所は次のとおりです。

NetApp H410C ストレージノードネットワークポート

H410S ストレージノードのネットワークポートと場所は次のとおりです。

NetApp H410S ストレージノードネットワークポート

H610S ストレージノードのネットワークポートと場所は次のとおりです。

NetApp H610S ストレージノードのネットワークポート

H410C 、 H410S 、および H610S ノードの VLAN 構成

このトポロジオプションは、 H410C 、 H410S 、および H610S ノードで次の VLAN 構成を使用します。

使用するノードポート ネットワーク名 VLAN ID 接続するスイッチポート設定

コンピューティングノードとストレージノードのポート A と B

管理

100

ネイティブ

コンピューティングノードのポート D 、 E

ストレージ

105

ネイティブ

ストレージノードのポート C 、 D

ストレージ

105

ネイティブ

コンピューティングノードのポート C 、 F

vMotion

107

ネイティブ

コンピューティングノードのポート C 、 F

仮想マシン

200 、 201

タグ付き

注意 この構成を導入する際は、スイッチポートを慎重に構成してください。このネットワークトポロジの構成に誤りがあると、診断が難しい導入エラーが発生する可能性があります。

次の図は、このトポロジオプションのネットワーク構成の概要を示しています。この例では、個々のスイッチポートを該当するネットワークセグメントでネイティブネットワークとして構成しています。

HCI ネットワーク構成オプション C の画像

スイッチコマンドの例

NetApp HCI ノードで使用するスイッチポートを構成する場合には次のコマンドを使用できます。このコマンドは Cisco の構成用ですが、少しの変更で Mellanox スイッチにも使用できます。この構成を実装するために必要なコマンドについては、スイッチのマニュアルを参照してください。

管理ネットワーク用のスイッチポートを構成する場合には次のコマンドを使用できます。インターフェイス名、説明、および VLAN を構成に応じた値に置き換えて使用してください。

インターフェイス { インターフェイス名 (EthernetX/Y や GigabitEthernetX/Y/Z} 説明 {desion{desired の説明。 NetApp-HCI -nodex-Porta|B}witchport access VLAN 100```panning tree port port type edge) など

ストレージネットワーク用のスイッチポートを構成する場合には次のコマンドを使用できます。インターフェイス名、説明、および VLAN を構成に応じた値に置き換えて使用してください。

「 interface { interface name 」( EthernetX/Y や GigabitEthernetX/Y/Z など)「説明 { desired description { desired description ( NetApp-CI-nodex-PortC|D}```

vMotion および仮想マシンネットワーク用のスイッチポートを構成する場合には次のコマンドを使用できます。インターフェイス名、説明、および VLAN を構成に応じた値に置き換えて使用してください。

「 interface { interface name 」( EthernetX/Y や GigabitEthernetX/Y/Z など)「説明 { desired description {NetApp-CI-nodex-PortC|F}```m TU'9216 ‘」「 witchport mode trunk ‘ witchport trunk ’でネイティブ VLAN トランク’ 107 ’ witchport trunk allowed VLAN 200,201 ’ s panning tree type 」などの説明

注記 一部のスイッチでは、 VLAN の許可リストにネイティブ VLAN を含める必要があります。使用しているスイッチモデルとソフトウェアバージョンのドキュメントを参照してください。

詳細については、こちらをご覧ください