日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

2 ノードストレージクラスタの場合は、監視ノードのリソース要件が必要です

NetApp HCI では、最小インストールサイズとして、 2 つのストレージノードと 2 つのコンピューティングノードがサポートされます。2 ノードまたは 3 ノードのストレージクラスタを使用して NetApp HCI をインストールする場合は、 NetApp HCI 監視ノードとその仮想マシン( VM )リソースの要件について理解しておく必要があります。

ストレージクラスタは、 2 つまたは 3 つのノードを使用する場合、各ストレージクラスタと一緒に監視ノードのペアを導入します。監視ノードには、次の VM リソース要件があります。

リソース 要件

vCPU

4.

メモリ

12GB

ディスクサイズ

67 GB

NetApp HCI では、 2 ノードまたは 3 ノードのストレージクラスタでサポートされるストレージノードのモデルには制限があります。詳細については、ご使用の NetApp HCI バージョンの『リリースノート』を参照してください。

  • ベストプラクティス:監視ノードの VM でコンピューティングノードのローカルデータストアを使用するように設定する( NDE のデフォルト設定)。 SolidFire ストレージボリュームなどの共有ストレージには設定しないでください。VM が自動的に移行されないようにするには、監視ノード VM の Distributed Resource Scheduler ( DRS )自動化レベルを「 * Disabled 」に設定します。これにより、両方の監視ノードが同じコンピューティングノードで実行されないようにし、非ハイアベイラビリティ( HA )ペア構成を作成することができます。

注記 NetApp HCI のインストールプロセスで監視ノードがインストールされると、 VM テンプレートが VMware vCenter に格納されます。これを使用して、誤って削除された場合、失われた場合、または破損した場合に監視ノードを再導入できます。また、監視ノードをホストしていた障害コンピューティングノードと交換する必要がある場合は、テンプレートを使用して監視ノードを再導入することもできます。手順については、 2 ノードおよび 3 ノードのストレージクラスタに対する監視ノードの再導入 * を参照してください "こちらをご覧ください"

詳細については、こちらをご覧ください