日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

管理ノードをアップグレードします

寄稿者 netapp-dbagwell このページの PDF をダウンロード

管理ノードをバージョン 11.0 以降から管理ノードバージョン 12.3.1 または 12.3 にアップグレードできます。

ストレージクラスタ上の Element ソフトウェアをアップグレードするために、管理ノードのオペレーティングシステムをアップグレードする必要がなくなりました。管理ノードがバージョン 11.3 以降である場合は、 NetApp Hybrid Cloud Control を使用して管理サービスを最新バージョンにアップグレードするだけで Element をアップグレードできます。管理ノードのオペレーティングシステムをアップグレードする理由がほかにもある場合は、セキュリティの修正など、管理ノードのアップグレード手順に従ってください。

注記 vCenter Plug-in 4.4 以降では、モジュラアーキテクチャで作成された管理ノード 11.3 以降が必要であり、個々のサービスを提供します。

次のいずれかの管理ノードアップグレードオプションを選択します。

注記 管理ノード 12..1 では、機能の変更やバグの修正は行われていません。管理ノード 12.3 をすでに実行している場合は、これを 12.3.1 にアップグレードする必要はありません。
  • 管理ノード 12.3 からアップグレードする場合:管理ノード 12..1 には、追加の機能変更やバグ修正はありません。管理ノード 12.3 をすでに実行している場合は、これを 12.3.1 にアップグレードする必要はありません。

注記 NDE を使用して導入した管理ノード 12.3 でアップグレードを続行するように選択すると、 12.3.1 へのアップグレードが完了します。ただし、アップグレードの再開時にエラーが発生する場合があります。この場合は、管理ノードをリブートして、 12.3.1 と表示されるようにします。

管理サービスのバージョンがシーケンシャルに * 更新されている( 1 )場合、および( 2 ) Element ストレージのバージョンが既存の管理ノードを * 保持する場合は、次のオプションを選択します。

注記 管理サービスと Element ストレージを順番に更新しないと、この手順で再認証を再設定することはできません。代わりに、該当するアップグレード手順を実行してください。

12.2 から管理ノードをバージョン 12.3.x にアップグレードします

新しい管理ノード仮想マシンをプロビジョニングすることなく、バージョン 12.2 からバージョン 12.3.x への管理ノードのインプレースアップグレードを実行できます。

注記 Element 12.3.x 管理ノードはオプションのアップグレードです。既存の環境では必要ありません。
必要なもの
  • 管理ノード VM の RAM は 24GB です。

  • アップグレードする管理ノードのバージョンが 12.0 で、 IPv4 ネットワークを使用している。管理ノードバージョン 12.3.x は IPv6 をサポートしていません。

    ヒント 管理ノードのバージョンを確認するには、管理ノードにログインし、ログインバナーに表示される Element のバージョン番号を確認します。
  • NetApp Hybrid Cloud Control ( HCC )を使用して管理サービスバンドルを最新バージョンに更新しておく必要があります。HCC には、次の IP アドレスからアクセスできます。 https://<ManagementNodeIP>`

  • 管理ノードをバージョン 12.3.x に更新する場合は、続行するには管理サービス 2.14.60 以降が必要です。

  • 追加のネットワークアダプタを設定しておきます(必要な場合)。 の手順に従ってください "追加のストレージ NIC の設定"

    注記 eth0 を SVIP にルーティングできない場合は、永続ボリュームに追加のネットワークアダプタが必要になることがあります。永続ボリュームを設定できるように、 iSCSI ストレージネットワークに新しいネットワークアダプタを設定してください。
  • ストレージノードで Element 11.3 以降が実行されていることを確認します。

手順
  1. SSH またはコンソールアクセスを使用して管理ノード仮想マシンにログインします。

  2. の管理ノード ISO をダウンロードします "NetApp HCI" または ネットアップサポートサイトから管理ノード仮想マシンにソフトウェアをダウンロードします。

    注記 ISO の名前は 'olidfire-fdva-<Element release>-patchX-XXX.X.XXXX.iso' と似ています
  3. ダウンロードしたファイルに対して md5sum を実行し、その出力を、ネットアップサポートサイトにある NetApp HCI または Element ソフトウェア用の md5sum と比較することで、ダウンロードの整合性を確認します。

    「 sudo md5sum -b 」 <path to ISO>/solidfire-fdva-<Element release > -patchX-XXX.X.XXXX.iso 」を参照してください

  4. 次のコマンドを使用して、管理ノードの ISO イメージをマウントし、ファイルシステムに内容をコピーします。

    sudo mkdir -p /upgrade
    sudo mount <solidfire-fdva-<Element release>-patchX-XX.X.X.XXXX.iso> /mnt
    sudo cp -r /mnt/* /upgrade
  5. ホーム・ディレクトリに移動し 'ISO ファイルを /mnt/' からアンマウントします

    sudo umount /mnt
  6. 管理ノードのスペースを節約するために ISO を削除します。

    sudo rm <path to iso>/solidfire-fdva-<Element release>-patchX-XX.X.X.XXXX.iso
  7. アップグレードする管理ノードで次のコマンドを実行して管理ノードの OS バージョンをアップグレードします。Active IQ コレクタやプロキシの設定など、必要な設定ファイルはすべてアップグレード後も保持されます。

    sudo /sf/rtfi/bin/sfrtfi_inplace file:///upgrade/casper/filesystem.squashfs sf_upgrade=1

    アップグレードプロセスが完了すると、管理ノードが新しい OS でリブートします。

    注記 この手順で説明した sudo コマンドを実行すると、 SSH セッションが強制終了されます。継続的な監視を行うには、コンソールアクセスが必要です。アップグレードの実行中にコンソールにアクセスできない場合は、 SSH ログインを再試行し、 15~30 分後に接続を確認します。ログイン後、アップグレードが正常に完了したことを示す SSH バナーで新しい OS バージョンを確認できます。
  8. 管理ノードで「 redeploy -mnode 」スクリプトを実行して、以前の管理サービスの設定を保持します。

    注記 設定に応じて、 Active IQ コレクタサービス、コントローラ( vCenter )、プロキシなどの以前の管理サービスの設定が適用されます。
    sudo /sf/packages/mnode/redeploy-mnode -mu <mnode user>
重要 管理ノードで SSH 機能を無効にしていた場合は、が必要です "SSH を再度無効にします" リカバリされた管理ノード。提供する SSH 機能 管理ノードではデフォルトで有効になっています。

バージョン 12.0 から管理ノードをバージョン 12.3.x にアップグレードします

新しい管理ノード仮想マシンをプロビジョニングすることなく、管理ノードバージョン 12.0 からバージョン 12.3.x へのインプレースアップグレードを実行できます。

注記 Element 12.3.x 管理ノードはオプションのアップグレードです。既存の環境では必要ありません。
必要なもの
  • アップグレードする管理ノードのバージョンが 12.0 で、 IPv4 ネットワークを使用している。管理ノードバージョン 12.3.x は IPv6 をサポートしていません。

    ヒント 管理ノードのバージョンを確認するには、管理ノードにログインし、ログインバナーに表示される Element のバージョン番号を確認します。
  • NetApp Hybrid Cloud Control ( HCC )を使用して管理サービスバンドルを最新バージョンに更新しておく必要があります。HCC には、次の IP アドレスからアクセスできます。 https://<ManagementNodeIP>`

  • 管理ノードをバージョン 12.3.x に更新する場合は、続行するには管理サービス 2.14.60 以降が必要です。

  • 追加のネットワークアダプタを設定しておきます(必要な場合)。 の手順に従ってください "追加のストレージ NIC の設定"

    注記 eth0 を SVIP にルーティングできない場合は、永続ボリュームに追加のネットワークアダプタが必要になることがあります。永続ボリュームを設定できるように、 iSCSI ストレージネットワークに新しいネットワークアダプタを設定してください。
  • ストレージノードで Element 11.3 以降が実行されていることを確認します。

手順
  1. 管理ノードの VM RAM を設定します。

    1. 管理ノード VM の電源をオフにします。

    2. 管理ノード VM の RAM を 12GB から 24GB RAM に変更します。

    3. 管理ノード VM の電源をオンにします。

  2. SSH またはコンソールアクセスを使用して管理ノード仮想マシンにログインします。

  3. の管理ノード ISO をダウンロードします "NetApp HCI" または ネットアップサポートサイトから管理ノード仮想マシンにソフトウェアをダウンロードします。

    注記 ISO の名前は 'olidfire-fdva-<Element release>-patchX-XXX.X.XXXX.iso' と似ています
  4. ダウンロードしたファイルに対して md5sum を実行し、その出力を、ネットアップサポートサイトにある NetApp HCI または Element ソフトウェア用の md5sum と比較することで、ダウンロードの整合性を確認します。

    「 sudo md5sum -b 」 <path to ISO>/solidfire-fdva-<Element release > -patchX-XXX.X.XXXX.iso 」を参照してください

  5. 次のコマンドを使用して、管理ノードの ISO イメージをマウントし、ファイルシステムに内容をコピーします。

    sudo mkdir -p /upgrade
    sudo mount <solidfire-fdva-<Element release>-patchX-XX.X.X.XXXX.iso> /mnt
    sudo cp -r /mnt/* /upgrade
  6. ホーム・ディレクトリに移動し 'ISO ファイルを /mnt/' からアンマウントします

    sudo umount /mnt
  7. 管理ノードのスペースを節約するために ISO を削除します。

    sudo rm <path to iso>/solidfire-fdva-<Element release>-patchX-XX.X.X.XXXX.iso
  8. アップグレードする管理ノードで次のコマンドを実行して管理ノードの OS バージョンをアップグレードします。Active IQ コレクタやプロキシの設定など、必要な設定ファイルはすべてアップグレード後も保持されます。

    sudo /sf/rtfi/bin/sfrtfi_inplace file:///upgrade/casper/filesystem.squashfs sf_upgrade=1

    アップグレードプロセスが完了すると、管理ノードが新しい OS でリブートします。

    注記 この手順で説明した sudo コマンドを実行すると、 SSH セッションが強制終了されます。継続的な監視を行うには、コンソールアクセスが必要です。アップグレードの実行中にコンソールにアクセスできない場合は、 SSH ログインを再試行し、 15~30 分後に接続を確認します。ログイン後、アップグレードが正常に完了したことを示す SSH バナーで新しい OS バージョンを確認できます。
  9. 管理ノードで「 redeploy -mnode 」スクリプトを実行して、以前の管理サービスの設定を保持します。

    注記 設定に応じて、 Active IQ コレクタサービス、コントローラ( vCenter )、プロキシなどの以前の管理サービスの設定が適用されます。
    sudo /sf/packages/mnode/redeploy-mnode -mu <mnode user>
重要 提供する SSH 機能 "ネットアップサポートの Remote Support Tunnel ( RST )セッションアクセス" 管理サービス 2.18 以降を実行する管理ノードでは、はデフォルトで無効になっています。以前に管理ノードで SSH 機能を有効にしていた場合は、が必要になることがあります をクリックします。

管理ノードをバージョン 11.3 から 11.8 にアップグレードします

新しい管理ノード仮想マシンをプロビジョニングすることなく、管理ノードバージョン 11.3 、 11.5 、 11.7 、または 11.8 からバージョン 12.3.x へのインプレースアップグレードを実行できます。

注記 Element 12.3.x 管理ノードはオプションのアップグレードです。既存の環境では必要ありません。
必要なもの
  • アップグレードする管理ノードのバージョンが 11.3 、 11.5 、 11.7 、または 11.8 で、 IPv4 ネットワークを使用していることを確認します。管理ノードバージョン 12.3.x は IPv6 をサポートしていません。

    ヒント 管理ノードのバージョンを確認するには、管理ノードにログインし、ログインバナーに表示される Element のバージョン番号を確認します。
  • NetApp Hybrid Cloud Control ( HCC )を使用して管理サービスバンドルを最新バージョンに更新しておく必要があります。HCC には、次の IP アドレスからアクセスできます。 https://<ManagementNodeIP>`

  • 管理ノードをバージョン 12.3.x に更新する場合は、続行するには管理サービス 2.14.60 以降が必要です。

  • 追加のネットワークアダプタを設定しておきます(必要な場合)。 の手順に従ってください "追加のストレージ NIC の設定"

    注記 eth0 を SVIP にルーティングできない場合は、永続ボリュームに追加のネットワークアダプタが必要になることがあります。永続ボリュームを設定できるように、 iSCSI ストレージネットワークに新しいネットワークアダプタを設定してください。
  • ストレージノードで Element 11.3 以降が実行されていることを確認します。

手順
  1. 管理ノードの VM RAM を設定します。

    1. 管理ノード VM の電源をオフにします。

    2. 管理ノード VM の RAM を 12GB から 24GB RAM に変更します。

    3. 管理ノード VM の電源をオンにします。

  2. SSH またはコンソールアクセスを使用して管理ノード仮想マシンにログインします。

  3. の管理ノード ISO をダウンロードします "NetApp HCI" または ネットアップサポートサイトから管理ノード仮想マシンにソフトウェアをダウンロードします。

    注記 ISO の名前は 'olidfire-fdva-<Element release>-patchX-XXX.X.XXXX.iso' と似ています
  4. ダウンロードしたファイルに対して md5sum を実行し、その出力を、ネットアップサポートサイトにある NetApp HCI または Element ソフトウェア用の md5sum と比較することで、ダウンロードの整合性を確認します。

    「 sudo md5sum -b 」 <path to ISO>/solidfire-fdva-<Element release > -patchX-XXX.X.XXXX.iso 」を参照してください

  5. 次のコマンドを使用して、管理ノードの ISO イメージをマウントし、ファイルシステムに内容をコピーします。

    sudo mkdir -p /upgrade
    sudo mount <solidfire-fdva-<Element release>-patchX-XX.X.X.XXXX.iso> /mnt
    sudo cp -r /mnt/* /upgrade
  6. ホーム・ディレクトリに移動し 'ISO ファイルを /mnt/' からアンマウントします

    sudo umount /mnt
  7. 管理ノードのスペースを節約するために ISO を削除します。

    sudo rm <path to iso>/solidfire-fdva-<Element release>-patchX-XX.X.X.XXXX.iso
  8. 11.3 、 11.5 、 11.7 、または 11.8 の管理ノードで、次のコマンドを実行して管理ノードの OS バージョンをアップグレードします。Active IQ コレクタやプロキシの設定など、必要な設定ファイルはすべてアップグレード後も保持されます。

    sudo /sf/rtfi/bin/sfrtfi_inplace file:///upgrade/casper/filesystem.squashfs sf_upgrade=1

    アップグレードプロセスが完了すると、管理ノードが新しい OS でリブートします。

    注記 この手順で説明した sudo コマンドを実行すると、 SSH セッションが強制終了されます。継続的な監視を行うには、コンソールアクセスが必要です。アップグレードの実行中にコンソールにアクセスできない場合は、 SSH ログインを再試行し、 15~30 分後に接続を確認します。ログイン後、アップグレードが正常に完了したことを示す SSH バナーで新しい OS バージョンを確認できます。
  9. 管理ノードで「 redeploy -mnode 」スクリプトを実行して、以前の管理サービスの設定を保持します。

    注記 設定に応じて、 Active IQ コレクタサービス、コントローラ( vCenter )、プロキシなどの以前の管理サービスの設定が適用されます。
    sudo /sf/packages/mnode/redeploy-mnode -mu <mnode user>
重要 提供する SSH 機能 "ネットアップサポートの Remote Support Tunnel ( RST )セッションアクセス" 管理サービス 2.18 以降を実行する管理ノードでは、はデフォルトで無効になっています。以前に管理ノードで SSH 機能を有効にしていた場合は、が必要になることがあります をクリックします。

管理ノードをバージョン 12.3.x にアップグレードします。 11.1 または 11.0 からアップグレードします

新しい管理ノード仮想マシンをプロビジョニングすることなく、管理ノード 11.0 または 11.1 からバージョン 12.3.x へのインプレースアップグレードを実行できます。

必要なもの
  • ストレージノードで Element 11.3 以降が実行されていることを確認します。

    注記 最新の HealthTools を使用して Element ソフトウェアをアップグレードしてください。
  • アップグレードする管理ノードのバージョンが 11.0 または 11.1 で、 IPv4 ネットワークを使用していることを確認します。管理ノードバージョン 12.3.x は IPv6 をサポートしていません。

    ヒント 管理ノードのバージョンを確認するには、管理ノードにログインし、ログインバナーに表示される Element のバージョン番号を確認します。
  • 管理ノード 11.0 の場合、 VM メモリを手動で 12GB に増やす必要があります。

  • 必要に応じて、管理ノードユーザガイドに記載されているストレージ NIC ( eth1 )の設定手順に従って追加のネットワークアダプタを設定しておきます。

    注記 eth0 を SVIP にルーティングできない場合は、永続ボリュームに追加のネットワークアダプタが必要になることがあります。永続ボリュームを設定できるように、 iSCSI ストレージネットワークに新しいネットワークアダプタを設定してください。
手順
  1. 管理ノードの VM RAM を設定します。

    1. 管理ノード VM の電源をオフにします。

    2. 管理ノード VM の RAM を 12GB から 24GB RAM に変更します。

    3. 管理ノード VM の電源をオンにします。

  2. SSH またはコンソールアクセスを使用して管理ノード仮想マシンにログインします。

  3. の管理ノード ISO をダウンロードします "NetApp HCI" または ネットアップサポートサイトから管理ノード仮想マシンにソフトウェアをダウンロードします。

    注記 ISO の名前は 'olidfire-fdva-<Element release>-patchX-XXX.X.XXXX.iso' と似ています
  4. ダウンロードしたファイルに対して md5sum を実行し、その出力を、ネットアップサポートサイトにある NetApp HCI または Element ソフトウェア用の md5sum と比較することで、ダウンロードの整合性を確認します。

    sudo md5sum -b <path to iso>/solidfire-fdva-<Element release>-patchX-XX.X.X.XXXX.iso
  5. 次のコマンドを使用して、管理ノードの ISO イメージをマウントし、ファイルシステムに内容をコピーします。

    sudo mkdir -p /upgrade
    sudo mount solidfire-fdva-<Element release>-patchX-XX.X.X.XXXX.iso /mnt
    sudo cp -r /mnt/* /upgrade
  6. ホームディレクトリに移動し、 ISO ファイルを /mnt からアンマウントします。

    sudo umount /mnt
  7. 管理ノードのスペースを節約するために ISO を削除します。

    sudo rm <path to iso>/solidfire-fdva-<Element release>-patchX-XX.X.X.XXXX.iso
  8. 次のいずれかのスクリプトを実行して、管理ノードの OS バージョンをアップグレードします。使用しているバージョンに適したスクリプトのみを実行してください。各スクリプトでは、 Active IQ コレクタやプロキシの設定など、必要な設定ファイルはすべてアップグレード後も保持されます。

    1. 11.1 ( 11.1.0.73 )の管理ノードの場合は次のコマンドを実行します。

      sudo /sf/rtfi/bin/sfrtfi_inplace file:///upgrade/casper/filesystem.squashfs sf_upgrade=1 sf_keep_paths="/sf/packages/solidfire-sioc-4.2.3.2288 /sf/packages/solidfire-nma-1.4.10/conf /sf/packages/sioc /sf/packages/nma"
    2. 11.1 ( 11.1.0.72 )の管理ノードの場合は次のコマンドを実行します。

      sudo /sf/rtfi/bin/sfrtfi_inplace file:///upgrade/casper/filesystem.squashfs sf_upgrade=1 sf_keep_paths="/sf/packages/solidfire-sioc-4.2.1.2281 /sf/packages/solidfire-nma-1.4.10/conf /sf/packages/sioc /sf/packages/nma"
    3. 11.0 ( 11.0.0.781 )の管理ノードの場合は次のコマンドを実行します。

      sudo /sf/rtfi/bin/sfrtfi_inplace file:///upgrade/casper/filesystem.squashfs sf_upgrade=1 sf_keep_paths="/sf/packages/solidfire-sioc-4.2.0.2253 /sf/packages/solidfire-nma-1.4.8/conf /sf/packages/sioc /sf/packages/nma"

      アップグレードプロセスが完了すると、管理ノードが新しい OS でリブートします。

    注記 この手順で説明した sudo コマンドを実行すると、 SSH セッションが強制終了されます。継続的な監視を行うには、コンソールアクセスが必要です。アップグレードの実行中にコンソールにアクセスできない場合は、 SSH ログインを再試行し、 15~30 分後に接続を確認します。ログイン後、アップグレードが正常に完了したことを示す SSH バナーで新しい OS バージョンを確認できます。
  9. 12.3.x 管理ノードで、「 upgrade-mnode 」スクリプトを実行して、以前の設定を保持します。

    注記 11.0 または 11.1 の管理ノードから移行している場合、 Active IQ コレクタが新しい形式にコピーされます。
    1. 既存の管理ノード 11.0 または 11.1 で単一のストレージクラスタを管理しており、永続ボリュームがある場合:

      sudo /sf/packages/mnode/upgrade-mnode -mu <mnode user> -pv <true - persistent volume> -pva <persistent volume account name - storage volume account>
    2. 既存の管理ノード 11.0 または 11.1 で単一のストレージクラスタを管理しており、永続ボリュームがない場合:

      sudo /sf/packages/mnode/upgrade-mnode -mu <mnode user>
    3. 既存の管理ノード 11.0 または 11.1 で複数のストレージクラスタを管理しており、永続ボリュームがある場合:

      sudo /sf/packages/mnode/upgrade-mnode -mu <mnode user> -pv <true - persistent volume> -pva <persistent volume account name - storage volume account> -pvm <persistent volumes mvip>
    4. 既存の管理ノード 11.0 または 11.1 で複数のストレージクラスタを管理しており、永続ボリュームがない場合(「 -pvm 」フラグでクラスタのいずれかの MVIP アドレスを指定):

      sudo /sf/packages/mnode/upgrade-mnode -mu <mnode user> -pvm <mvip for persistent volumes>
  10. ( NetApp Element Plug-in for vCenter Server を使用したすべての NetApp HCI インストールおよび SolidFire オールフラッシュストレージインストールの場合)で、の手順に従って、 12.3.x 管理ノードの vCenter Plug-in を更新します "Element Plug-in for vCenter Server をアップグレードします" トピック:

  11. 管理ノード API を使用して、インストール環境のアセット ID を確認します。

    1. ブラウザから、管理ノードの REST API UI にログインします。

      1. ストレージの MVIP にアクセスしてログインします。次の手順で証明書が承認されます。

    2. 管理ノードでインベントリサービス REST API UI を開きます。

      https://[management node IP]/inventory/1/
    3. 「 * Authorize * 」(認証)をクリックして、次の手順を実行

      1. クラスタのユーザ名とパスワードを入力します。

      2. クライアント ID を「 m node-client 」として入力します。

      3. セッションを開始するには、 * Authorize * をクリックします。

      4. ウィンドウを閉じます。

    4. REST API UI で、 * 一部のユーザに適用 / インストール * をクリックします。

    5. [* 試してみてください * ] をクリックします。

    6. [* Execute] をクリックします。

    7. コード 200 の応答本文から ' インストールの ID をコピーします

      インストール環境には、インストールまたはアップグレード時に作成されたベースアセットの構成が含まれています。

  12. NetApp HCI がインストールされている場合は、 vSphere でコンピューティングノードのハードウェアタグを確認します。

    1. vSphere Web Client ナビゲータでホストを選択します。

    2. [Monitor] タブをクリックし、 [Hardware Health] をクリックします。

    3. ノードの BIOS のメーカーとモデル番号が表示されます。後の手順で使用するために 'tag' の値をコピーして保存します

  13. 管理ノードの既知のアセットに、 HCI 監視用の vCenter コントローラアセット( NetApp HCI 環境のみ)と Hybrid Cloud Control (すべての環境)を追加します。

    1. コントローラサブアセットを追加する場合は、 * POST /assets/{ asset_id } /controllers * をクリックします。

    2. [* 試してみてください * ] をクリックします。

    3. クリップボードにコピーした親ベースアセットの ID を * asset_id * フィールドに入力します。

    4. 必要なペイロード値を「 vcenter 」タイプと「 vcenter 」クレデンシャルタイプで入力します。

    5. [* Execute] をクリックします。

  14. ( NetApp HCI のみ)管理ノードの既知のアセットにコンピューティングノードのアセットを追加します。

    1. コンピューティングノードアセットのクレデンシャルを使用してコンピューティングノードサブアセットを追加する場合は、 * POST /assets/{ asset_id } /compute-nodes * をクリックします。

    2. [* 試してみてください * ] をクリックします。

    3. クリップボードにコピーした親ベースアセットの ID を * asset_id * フィールドに入力します。

    4. ペイロードで、 Model タブで定義されているとおりに必要なペイロード値を入力します。「タイプ」として「 ESXi ホスト」と入力し、「 hardware_tag 」の前の手順で保存したハードウェアタグを貼り付けます。

    5. [* Execute] をクリックします。

管理ノードバージョン 10.x から 11.x への移行

管理ノードのバージョンが 10.x の場合、 10.x から 11.x にアップグレードすることはできません代わりに、ここに記載する移行手順を使用して、新しく導入した 11.1 の管理ノードに 10.x から設定をコピーします。現在の管理ノードが 11.0 以降の場合は、この手順は省略してください。管理ノード 11.0 または 11.1 とが必要です "最新の HealthTools" Element ソフトウェアを 10.3 以降から 11.x にアップグレードします

手順
  1. VMware vSphere インターフェイスで、管理ノード 11.1 OVA を導入し、電源をオンにします。

  2. 管理ノードの VM コンソールを開きます。ターミナルユーザインターフェイス( TUI )が起動します。

  3. TUI を使用して新しい管理者の ID を作成し、パスワードを割り当てます。

  4. 管理ノードの TUI で、新しい ID とパスワードを使用して管理ノードにログインし、動作を確認します。

  5. vCenter または管理ノードの TUI で、管理ノード 11.1 の IP アドレスを取得し、ポート 9443 でこの IP アドレスにアクセスして管理ノード UI を開きます。

    https://<mNode 11.1 IP address>:9443
  6. vSphere で、 * NetApp Element Configuration * > * mNode Settings * の順に選択します。(旧バージョンでは、最上位のメニューは * NetApp SolidFire 構成 * です)。

  7. [ * アクション * > * クリア * ( Actions * > * Clear * ) ] をクリック

  8. 確認するには、 * はい * をクリックします。mNode Status フィールドに Not Configured と表示されるはずです。

    注記 最初に「 * mNode Settings * 」タブに移動すると、 mNode の Status フィールドに、想定される「 Up * 」ではなく「 * Not Configured * 」と表示されることがあります。 * Actions * > * Clear * を選択できない場合があります。ブラウザの表示を更新します。mNode の Status フィールドには、最終的に up と表示されます。
  9. vSphere からログアウトします。

  10. Web ブラウザで、管理ノード登録ユーティリティを開き、 * QoSSIOC サービス管理 * を選択します。

    https://<mNode 11.1 IP address>:9443
  11. QoSSIOC の新しいパスワードを設定します。

    注記 デフォルトのパスワードは SolidFire ですこのパスワードは、新しいパスワードを設定するために必要です。
  12. [* vCenter Plug-in Registration * ] タブをクリックします。

  13. [ プラグインの更新 ] を選択します。

  14. 必要な値を入力します。完了したら、 * アップデート * をクリックします。

  15. vSphere にログインし、 * NetApp Element 構成 * > * mNode 設定 * を選択します。

  16. [ * アクション * > * 構成 * ( * Actions * > * Configure * ) ] を

  17. 管理ノードの IP アドレス、管理ノードのユーザ ID (ユーザ名は「 admin 」)、登録ユーティリティの「 QoSSIOC サービス管理 * 」タブで設定したパスワード、および vCenter のユーザ ID とパスワードを入力します。

    vSphere で、 mNode 設定 * タブに mNode ステータスが * up * と表示されます。これは、管理ノード 11.1 が vCenter に登録されていることを示します。

  18. 管理ノード登録ユーティリティ(「 https://<mNode 11.1 IP アドレス > : 9443 」)から SIOC サービスを再起動します。

  19. 1 分ほど待ってから、「 * NetApp Element Configuration * > * mNode Settings * 」タブを確認します。mNode のステータスが「 * up 」と表示されるはずです。

    ステータスが「 * down 」の場合は、「 /sf/packages/sioc/app.properties` 」の権限を確認します。ファイル所有者には、読み取り、書き込み、および実行の各権限が必要です。正しい権限は次のように表示されます。

    -rwx------
  20. SIOC プロセスが開始され、 vCenter で mNode のステータスが「 up 」と表示されたら、管理ノードの「 f—​hci-nma 」サービスのログを確認します。エラーメッセージは表示されません。

  21. (管理ノード 11.1 の場合のみ) root 権限で管理ノードバージョン 11.1 に SSH 接続し、次のコマンドを使用して NMA サービスを開始します。

    # systemctl enable /sf/packages/nma/systemd/sf-hci-nma.service
    # systemctl start sf-hci-nma21
  22. vCenter から、ドライブの削除、ドライブの追加、またはノードのリブートを実行します。これによりストレージアラートがトリガーされ、 vCenter で報告されます。アラートが生成されれば、 NMA システムアラートは想定どおりに機能しています。

  23. ONTAP Select が vCenter に設定されている場合、前の管理ノードの「 .ots.properties` 」ファイルを管理ノードバージョン 11.1x/sf/packages/NMA /conf/.ots.properties` ファイルにコピーして NMA で ONTAP Select アラートを設定し、次のコマンドを使用して NMA サービスを再起動します。

    systemctl restart sf-hci-nma
  24. 次のコマンドを使用してログを表示し、 ONTAP Select が動作していることを確認します。

    journalctl -f | grep -i ots
  25. 次の手順で Active IQ を設定します。

    1. 管理ノードバージョン 11.1 に SSH 接続し ''/sf/packages/collector' ディレクトリに移動します

    2. 次のコマンドを実行します。

      sudo ./manage-collector.py --set-username netapp --set-password --set-mvip <MVIP>
    3. プロンプトが表示されたら、管理ノード UI のパスワードを入力します。

    4. 次のコマンドを実行します。

      ./manage-collector.py --get-all
      sudo systemctl restart sfcollector
    5. 「 fcollector 」ログを確認し、正常に動作していることを確認します。

  26. vSphere で、 * NetApp Element Configuration * > * mNode Settings * タブに mNode ステータスが * up * と表示される必要があります。

  27. NMA からシステムアラートと ONTAP Select アラートが報告されていることを確認します。

  28. すべての動作が想定どおりであることを確認したら、管理ノード 10.x の VM をシャットダウンして削除します。

管理ノード REST API を使用して認証を再設定します

既存の管理ノードは、( 1 )管理サービスと( 2 ) Element ストレージを順番にアップグレードした場合でも維持できます。別のアップグレード順序を使用した場合は、インプレース管理ノードのアップグレード手順を参照してください。

作業を開始する前に
  • 管理サービスを 2.10.29 以降に更新しておきます。

  • ストレージクラスタで Element 12.0 以降が実行されている。

  • 管理ノードは 11.3 以降です。

  • 管理サービスを順番に更新し、 Element ストレージをアップグレードしておきます。この手順を使用して認証を再設定するには、説明されている順序でアップグレードを完了する必要があります。

手順
  1. 管理ノードで管理ノード REST API UI を開きます。

    https://[management node IP]/mnode
  2. 「 * Authorize * 」(認証)をクリックして、次の手順を実行

    1. クラスタのユーザ名とパスワードを入力します。

    2. 値がまだ入力されていない場合は、クライアント ID を「 m node-client 」として入力します。

    3. セッションを開始するには、 * Authorize * をクリックします。

  3. REST API UI で、 * POST /services/reconfigure -auth* をクリックします。

  4. [* 試してみてください * ] をクリックします。

  5. *LOAD_images * パラメータでは 'TRUE' を選択します

  6. [* Execute] をクリックします。

    応答の本文は、再設定が正常に完了したことを示します。

詳細については、こちらをご覧ください