日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

管理ノードをアップグレードします

管理ノードをバージョン12.3.xから管理ノード12.5にアップグレードできます

ストレージクラスタ上の Element ソフトウェアをアップグレードするために、管理ノードのオペレーティングシステムをアップグレードする必要がなくなりました。NetApp Hybrid Cloud Controlを使用してElementのアップグレードを実行するには、管理サービスを最新バージョンにアップグレードするだけです。管理ノードのオペレーティングシステムをアップグレードする理由がほかにもある場合は、セキュリティの修正など、管理ノードのアップグレード手順に従ってください。

注記 管理ノード12.2以前のアップグレードに関する情報が必要な場合は、を参照してください "NetApp HCI 1.9管理ノードのアップグレードに関するドキュメント"

次のいずれかのオプションを選択します。

注記 管理サービスと Element ストレージを順番に更新しないと、この手順で再認証を再設定することはできません。代わりに、該当するアップグレード手順を実行してください。

12.3.xから管理ノードをバージョン12.5にアップグレードします

新しい管理ノード仮想マシンをプロビジョニングすることなく、管理ノードをバージョン12.3.xからバージョン12.5へインプレースアップグレードできます。

注記 Element 12.5管理ノードはオプションのアップグレードです。既存の環境では必要ありません。
必要なもの
  • 管理ノード VM の RAM は 24GB です。

  • アップグレードする管理ノードのバージョンが 12.0 で、 IPv4 ネットワークを使用している。管理ノードバージョン12.5ではIPv6がサポートされません。

    ヒント 管理ノードのバージョンを確認するには、管理ノードにログインし、ログインバナーに表示される Element のバージョン番号を確認します。
  • NetApp Hybrid Cloud Control を使用して管理サービスバンドルを最新バージョンに更新しておきます。NetApp Hybrid Cloud Control には、 https://<ManagementNodeIP>` からアクセスできます

  • 管理ノードをバージョン12.5に更新する場合は、管理サービス2.20.69以降が必要です。

  • 追加のネットワークアダプタを設定しておきます(必要な場合)。 の手順に従ってください "追加のストレージ NIC の設定"

    注記 eth0 を SVIP にルーティングできない場合は、永続ボリュームに追加のネットワークアダプタが必要になることがあります。永続ボリュームを設定できるように、 iSCSI ストレージネットワークに新しいネットワークアダプタを設定してください。
  • ストレージノードでElement 12.3以降が実行されている。

手順
  1. SSH またはコンソールアクセスを使用して管理ノード仮想マシンにログインします。

  2. をダウンロードします "管理ノード ISO" ネットアップサポートサイトから管理ノード仮想マシンへの Element ソフトウェアの追加。

    注記 ISO の名前は 'olidfire-fdva-<Element release>-patchX-XXX.X.XXXX.iso' と似ています
  3. ダウンロードしたファイルに対して md5sum を実行し、その出力をネットアップサポートサイトにある Element ソフトウェア用の ISO と比較することで、ダウンロードの整合性をチェックします。以下の例を参照してください。

    「 sudo md5sum -b 」 <path to ISO>/solidfire-fdva-<Element release > -patchX-XXX.X.XXXX.iso 」を参照してください

  4. 次のコマンドを使用して、管理ノードの ISO イメージをマウントし、ファイルシステムに内容をコピーします。

    sudo mkdir -p /upgrade
    sudo mount <solidfire-fdva-<Element release>-patchX-XX.X.X.XXXX.iso> /mnt
    sudo cp -r /mnt/* /upgrade
  5. ホーム・ディレクトリに移動し 'ISO ファイルを /mnt/' からアンマウントします

    sudo umount /mnt
  6. 管理ノードのスペースを節約するために ISO を削除します。

    sudo rm <path to iso>/solidfire-fdva-<Element release>-patchX-XX.X.X.XXXX.iso
  7. アップグレードする管理ノードで次のコマンドを実行して管理ノードの OS バージョンをアップグレードします。Active IQ コレクタやプロキシの設定など、必要な設定ファイルはすべてアップグレード後も保持されます。

    sudo /sf/rtfi/bin/sfrtfi_inplace file:///upgrade/casper/filesystem.squashfs sf_upgrade=1

    アップグレードプロセスが完了すると、管理ノードが新しい OS でリブートします。

    注記 この手順で説明した sudo コマンドを実行すると、 SSH セッションが強制終了されます。継続的な監視を行うには、コンソールアクセスが必要です。アップグレードの実行中にコンソールにアクセスできない場合は、 SSH ログインを再試行し、 15~30 分後に接続を確認します。ログイン後、アップグレードが正常に完了したことを示す SSH バナーで新しい OS バージョンを確認できます。
  8. 管理ノードで「 redeploy -mnode 」スクリプトを実行して、以前の管理サービスの設定を保持します。

    注記 設定に応じて、 Active IQ コレクタサービス、コントローラ( vCenter )、プロキシなどの以前の管理サービスの設定が適用されます。
    sudo /sf/packages/mnode/redeploy-mnode -mu <mnode user>
重要 管理ノードで SSH 機能を無効にしていた場合は、が必要です "SSH を再度無効にします" リカバリされた管理ノード。提供する SSH 機能 "ネットアップサポートの Remote Support Tunnel ( RST )セッションアクセス" 管理ノードではデフォルトで有効になっています。

管理ノード REST API を使用して認証を再設定します

既存の管理ノードは、( 1 )管理サービスと( 2 ) Element ストレージを順番にアップグレードした場合でも維持できます。別のアップグレード順序を使用した場合は、インプレース管理ノードのアップグレード手順を参照してください。

作業を開始する前に
  • 管理サービスを2.20.69以降に更新しておきます。

  • ストレージクラスタでElement 12.3以降が実行されている。

  • 管理サービスを順番に更新し、 Element ストレージをアップグレードしておきます。この手順を使用して認証を再設定するには、説明されている順序でアップグレードを完了する必要があります。

手順
  1. 管理ノードで管理ノード REST API UI を開きます。

    https://<ManagementNodeIP>/mnode
  2. 「 * Authorize * 」(認証)を選択して、次の手順を実行

    1. クラスタのユーザ名とパスワードを入力します。

    2. 値がまだ入力されていない場合は、クライアント ID を「 m node-client 」として入力します。

    3. セッションを開始するには、 * Authorize * を選択します。

  3. REST API UI から、 * POST /services/reconfigure -auth* を選択します。

  4. [* 試してみてください * ] を選択します。

  5. *LOAD_images * パラメータでは 'TRUE' を選択します

  6. [* Execute] を選択します。

    応答の本文は、再設定が正常に完了したことを示します。

詳細については、こちらをご覧ください