日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

管理ノードで SSH 機能を管理します

寄稿者 netapp-dbagwell netapp-pcarriga amgrissino このページの PDF をダウンロード

REST API を使用して、管理ノード( mNode )の SSH 機能の無効化、再有効化、ステータスの確認を行うことができます。提供する SSH 機能 "ネットアップサポートの Remote Support Tunnel ( RST )セッションアクセス" 管理サービス 2.18 以降を実行する管理ノードでは、はデフォルトで無効になっています。

必要なもの
  • * クラスタ管理者権限 * :ストレージクラスタに対する管理者権限があります。

  • * Element ソフトウェア * :クラスタで NetApp Element ソフトウェア 11.3 以降が実行されている必要があります。

  • * 管理ノード * :バージョン 11.3 以降を実行する管理ノードを導入しておきます。

  • * 管理サービスの更新 * :を更新しました "管理サービスのバンドル" バージョン 2.17 へ。

完了後、次のいずれかのタスクを実行できます "認証"

管理ノードで SSH 機能を無効または有効にします

管理ノードで SSH 機能を無効にしたり、再度有効にしたりできます。提供する SSH 機能 "ネットアップサポートの Remote Support Tunnel ( RST )セッションアクセス" 管理サービス 2.18 以降を実行する管理ノードでは、はデフォルトで無効になっています。SSH を無効にしても、管理ノードへの既存の SSH クライアントセッションは終了せず、切断もされません。SSH を無効にしたあとで再度有効にすることを選択した場合は、同じ API を使用して再度有効にすることができます。

管理サービス 2.18 以降の場合:

curl -k -X PUT "https://<<managementNodeIP>/mnode/2/settings/ssh?enabled=<false/true>" -H  "accept: application/json" -H  "Authorization: Bearer ${TOKEN}"

管理サービス 2.17 以前:

curl -X PUT "https://<managementNodeIP>/mnode/settings/ssh?enabled=<false/true>" -H  "accept: application/json" -H  "Authorization: Bearer ${TOKEN}"
注記 API コマンドで使用されるベアラー '$ { token } ' を検索できます "許可します"。ベアラー '$ { token } ' は curl 応答に含まれています。
REST API の UI の手順
  1. 管理ノードの IP アドレスのあとに「 /mnode/ 」を入力して、管理ノード API サービスの REST API UI にアクセスします。

    https://<managementNodeIP>/mnode/
  2. 「 * Authorize * 」(認証)を選択して、次の手順を実行

    1. クラスタのユーザ名とパスワードを入力します。

    2. クライアント ID を「 m node-client 」として入力します。

    3. セッションを開始するには、 * Authorize * を選択します。

    4. ウィンドウを閉じます。

  3. REST API UI から、 * PUT / settingsusel/ssh * を選択します。

    1. [* 試してみてください * ] をクリックします。

    2. SSH をディセーブルにするには 'enabled パラメータを 'false' に設定し ' 前にディセーブルにした SSH 機能を再度イネーブルにするには 'true' を設定します

    3. [* Execute] をクリックします。

管理ノードの SSH 機能のステータスを確認します

管理ノードで SSH 機能が有効になっているかどうかは、管理ノードのサービス API を使用して確認できます。管理サービス 2.18 以降を実行する管理ノードでは、 SSH はデフォルトで無効になっています。

管理サービス 2.18 以降の場合:

curl -k -X PUT "https://<<managementNodeIP>/mnode/2/settings/ssh?enabled=<false/true>" -H  "accept: application/json" -H  "Authorization: Bearer ${TOKEN}"

管理サービス 2.17 以前:

curl -X PUT "https://<managementNodeIP>/mnode/settings/ssh?enabled=<false/true>" -H  "accept: application/json" -H  "Authorization: Bearer ${TOKEN}"
注記 API コマンドで使用されるベアラー '$ { token } ' を検索できます "許可します"。ベアラー '$ { token } ' は curl 応答に含まれています。
REST API の UI の手順
  1. 管理ノードの IP アドレスのあとに「 /mnode/ 」を入力して、管理ノード API サービスの REST API UI にアクセスします。

    https://<managementNodeIP>/mnode/
  2. 「 * Authorize * 」(認証)を選択して、次の手順を実行

    1. クラスタのユーザ名とパスワードを入力します。

    2. クライアント ID を「 m node-client 」として入力します。

    3. セッションを開始するには、 * Authorize * を選択します。

    4. ウィンドウを閉じます。

  3. REST API UI から、 * GET / settings拘束 / ssh * を選択します。

    1. [* 試してみてください * ] をクリックします。

    2. [* Execute] をクリックします。

詳細については、こちらをご覧ください