日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

リモートのネットアップサポートセッションを開始します

寄稿者 netapp-dbagwell amgrissino このページの PDF をダウンロード

NetApp HCI または SolidFire オールフラッシュストレージシステムに関するテクニカルサポートが必要な場合は、ネットアップサポートがお客様のシステムにリモートで接続できます。セッションを開始してリモートアクセスを確立するために、ネットアップサポートはお客様の環境へのリバース Secure Shell ( SSH )接続を確立します。

ネットアップサポートとの SSH リバーストンネル接続用の TCP ポートを開くことができます。この接続を介して、ネットアップサポートはお客様の管理ノードにログインします。

作業を開始する前に
  • 管理サービス 2.18 以降では、管理ノードでリモートアクセス機能がデフォルトで無効になっています。リモートアクセス機能を有効にするには、を参照してください "管理ノードで SSH 機能を管理します"

  • 管理ノードがプロキシサーバの背後にある場合は、次の TCP ポートを sshd.config ファイルで設定しておく必要があります。

    TCP ポート 説明 接続方向

    443

    オープンサポートトンネルを介したリバースポート転送用の API 呼び出し / HTTPS をクリックします

    管理ノードからストレージノードへ

    22

    SSH ログインアクセス

    管理ノードからストレージノードへ、またはストレージノードからに 管理ノード

手順
  • 管理ノードにログインし、ターミナルセッションを開きます。

  • プロンプトで、次のように入力します。

    rst -r sfsupport.solidfire.com -u element -p <port_number>`

  • リモートサポートトンネルを閉じるには、次のように入力します。

    rst — killall

  • (任意)ディセーブルにします "リモートアクセス機能" をもう一度クリックします

    注記 SSH を無効にしないと、有効なままになります。SSH を有効にした設定は、手動で無効にするまで、更新やアップグレードを通じて管理ノードで維持されます。

詳細については、こちらをご覧ください