• ホーム
  • ドキュメント
  • HCI
  • SolidFire Active IQ を使用して、パフォーマンス、容量、クラスタの健全性を監視できます
日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

SolidFire Active IQ を使用して、パフォーマンス、容量、クラスタの健全性を監視できます

寄稿者 amgrissino netapp-dbagwell このページの PDF をダウンロード

SolidFire Active IQ を使用して、クラスタのイベント、パフォーマンス、容量を監視できます。SolidFire Active IQ には、 NetApp Hybrid Cloud Control Dashboard からアクセスできます。

  • 始める前に *

  • このサービスを利用するには、ネットアップサポートアカウントが必要です。

  • 管理ノード REST API を使用するための許可が必要です。

  • バージョン 12.0 以降を実行する管理ノードを導入しておきます。

  • クラスタバージョンで NetApp Element ソフトウェア 12.0 以降が実行されています。

  • インターネットにアクセスできる。Active IQ コレクタサービスをダークサイトから使用することはできません。

  • このタスクについて * クラスタ全体の統計の履歴ビューを継続的に更新できます。クラスタで指定したイベント、しきい値、または指標について、通知を設定して迅速に対処できるようにすることができます。

ネットアップサポートは、通常のサポート契約の一環として、このデータを監視し、潜在的なシステムの問題をユーザに警告します。

  • 手順 *

    1. Web ブラウザを開き、管理ノードの IP アドレスにアクセスします。例:

      https://[management node IP address]
    2. NetApp HCI ストレージクラスタ管理者のクレデンシャルを指定して NetApp Hybrid Cloud Control にログインします。

    3. ダッシュボードの右上にあるメニューをクリックします。

    4. 「 * View Active IQ * 」を選択します。

    5. SolidFire Active IQ の詳細については、ダッシュボードで右上のメニューアイコンをクリックし、 * Documentation * をクリックしてください。

    6. SolidFire Active IQ インターフェイスで、 NetApp HCI のコンピューティングノードとストレージノードから Active IQ にテレメトリが正しく報告されていることを確認します。

      1. 複数の NetApp HCI がインストールされている場合は、 * クラスタの選択 * をクリックして、リストからクラスタを選択します。

      2. 左側のナビゲーションペインで、 * ノード * をクリックします。

    7. リストに表示されないノードがある場合は、ネットアップサポートにお問い合わせください。

ヒント ストレージリソースとコンピューティングリソースの数を表示するには、 Hybrid Cloud Control ( HCC )ダッシュボードを参照します。を参照してください "HCC ダッシュボードを使用してストレージリソースとコンピューティングリソースを監視する"

詳細については、こちらをご覧ください