日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

ボリュームアクセスグループを作成および管理します

寄稿者 netapp-mwallis netapp-dbagwell amgrissino このページの PDF をダウンロード

NetApp Hybrid Cloud Control を使用して、新しいボリュームアクセスグループを作成したり、名前、関連付けられているイニシエータ、またはアクセスグループの関連付けられているボリュームを変更したり、既存のボリュームアクセスグループを削除したりできます。

必要なもの
  • この NetApp HCI システムの管理者クレデンシャルが必要です。

  • 管理サービスをバージョン 2.15.28 以上にアップグレードしておきます。NetApp Hybrid Cloud Control のストレージ管理は、それよりも前のバージョンのサービスバンドルでは利用できません。

  • ボリュームアクセスグループの論理的な命名規則があることを確認します。

ボリュームアクセスグループを追加

NetApp Hybrid Cloud Control を使用して、ストレージクラスタにボリュームアクセスグループを追加できます。

手順
  1. NetApp HCI または Element ストレージクラスタ管理者のクレデンシャルを指定して NetApp Hybrid Cloud Control にログインします。

  2. ダッシュボードの左側のナビゲーションメニューで、ストレージクラスタの名前を展開します。

  3. [* Volumes (ボリューム) ] を選択します

  4. [* アクセスグループ *] タブを選択します。

  5. [ アクセスグループの作成 *] ボタンを選択します。

  6. 表示されたダイアログで、新しいボリュームアクセスグループの名前を入力します。

  7. (オプション)「 * Initiators * 」セクションで、新しいボリュームアクセスグループに関連付けるイニシエータを 1 つ以上選択します。

    イニシエータをボリュームアクセスグループに関連付けると、そのイニシエータはグループ内の各ボリュームに認証なしでアクセスできます。

  8. (オプション) * Volumes * セクションで、このボリュームアクセスグループに含めるボリュームを 1 つ以上選択します。

  9. [ アクセスグループの作成 *] を選択します。

ボリュームアクセスグループを編集します

NetApp Hybrid Cloud Control を使用して、既存のボリュームアクセスグループのプロパティを編集できます。アクセスグループの名前、関連付けられているイニシエータ、または関連付けられているボリュームを変更できます。

手順
  1. NetApp HCI または Element ストレージクラスタ管理者のクレデンシャルを指定して NetApp Hybrid Cloud Control にログインします。

  2. ダッシュボードの左側のナビゲーションメニューで、ストレージクラスタの名前を展開します。

  3. [* Volumes (ボリューム) ] を選択します

  4. [* アクセスグループ *] タブを選択します。

  5. アクセスグループテーブルの *Actions * 列で、編集する必要があるアクセスグループのオプションメニューを展開します。

  6. オプションメニューで、 * 編集 * を選択します。

  7. 名前、関連付けられているイニシエータ、または関連付けられているボリュームに必要な変更を加えます。

  8. [ 保存( Save ) ] を選択して変更を確認します。

  9. Access Groups テーブルで、アクセスグループに変更が反映されていることを確認します。

ボリュームアクセスグループを削除する

NetApp Hybrid Cloud Control を使用してボリュームアクセスグループを削除し、同時にこのアクセスグループに関連付けられているイニシエータをシステムから削除することができます。

手順
  1. NetApp HCI または Element ストレージクラスタ管理者のクレデンシャルを指定して NetApp Hybrid Cloud Control にログインします。

  2. ダッシュボードの左側のナビゲーションメニューで、ストレージクラスタの名前を展開します。

  3. [* Volumes (ボリューム) ] を選択します

  4. [* アクセスグループ *] タブを選択します。

  5. アクセスグループテーブルの *Actions * 列で、削除するアクセスグループのオプションメニューを展開します。

  6. オプションメニューで、 * 削除 * を選択します。

  7. アクセスグループに関連付けられているイニシエータを削除しない場合は、「 * このアクセスグループ内のイニシエータを削除する * 」チェックボックスの選択を解除します。

  8. [ はい ] を選択して、削除操作を確認します。

詳細については、こちらをご覧ください