日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

コンピューティングノードのドライバを更新

H シリーズのコンピューティングノードでは、ノードで使用されているドライバを VMware Update Manager を使用して更新できます。

のハードウェアのファームウェアとドライバのマトリックスを参照してください "ネットアップの技術情報アーティクル" (ログインが必要です)。

以下の更新処理は一度に 1 つずつ実行します。

ファームウェアのアップグレードを実行する前に、 ESXi ドライバの現在のバージョンを確認する必要があります。ドライバが最新でない場合は、まずドライバをアップグレードします。その後、コンピューティングノードのコンピューティングファームウェアをアップグレードします。

手順
  1. を参照します "NetApp HCI ソフトウェアのダウンロード" ページに移動し、正しいバージョンの NetApp HCI のダウンロードリンクを選択します。

  2. ドロップダウンリストから * esxi_drivers * を選択します。

  3. エンドユーザライセンス契約に同意します。

  4. 使用しているノードタイプと ESXi バージョンに対応したドライバパッケージをダウンロードします。

  5. ダウンロードしたドライババンドルをローカルコンピュータに展開します。

    注記 ネットアップのドライババンドルには、 VMware オフラインバンドルの ZIP ファイルが 1 つ以上含まれています。これらの ZIP ファイルは展開しないでください。
  6. VMware vCenter の * VMware Update Manager * にアクセスします。

  7. コンピューティングノードのドライバオフラインバンドルファイルを * パッチリポジトリ * にインポートします。

    • VMware ESXi 7.0 では、 NetApp H610C 、 H615C 、 H410C 、および Hx00E コンピューティングノードとそのビルドインシステムコンポーネントに必要なすべてのドライバが、 VMware ESXi 7.0 の標準のインストール ISO イメージに含まれています。VMware ESXi 7.0 (および更新)を実行する NetApp HCI コンピューティングノードのドライバを追加または更新する必要はありません。

    • VMware ESXi 6.x の場合、次の手順を実行して、ドライバのオフラインバンドルファイルをインポートします。

      1. [* アップデート * ( Updates * ) ] タブを選択します。

      2. 「 * ファイルからアップロード」を選択します。

      3. 以前にダウンロードしたオフラインバンドルを参照し、 * import * を選択します。

  8. コンピューティングノードの新しいホストベースラインを作成します。

  9. 名前とタイプに * Host Extension * を選択し、インポートされたすべてのドライバパッケージを新しいベースラインに含めるように選択します。

  10. vCenter の * Host and Clusters * メニューで、更新するコンピュートノードを含むクラスタを選択し、 * Update Manager * タブに移動します。

  11. [* 修正( Remediate* ) ] を選択し、新しく作成したホストベースラインを選択します。ベースラインに含まれるドライバが選択されていることを確認します。

  12. ウィザードの指示に従って、 * Host Remediation Options * に進み、ドライバの更新中に仮想マシンをオンラインの状態に保つために、 * Do Not Change VM Power State * オプションが選択されていることを確認します。

    注記 クラスタで VMware DRS ( Distributed Resource Scheduler )が有効になっている場合( NetApp HCI 環境のデフォルト)、仮想マシンはクラスタ内の他のノードに自動的に移行されます。
  13. ウィザードの [*Ready to Complete] ページに進み、 [*Finish] を選択します。

    クラスタ内のすべてのコンピューティングノードのドライバが、仮想マシンはオンラインのまま、一度に 1 ノードずつ更新されます。

詳細については、こちらをご覧ください