日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

H615C および H610S ノードの DC 電源装置を交換してください

寄稿者 netapp-dbagwell netapp-amitha このページの PDF をダウンロード

H615C および H610S ノードは、 2 ~ 48 V ~ 60 V の DC 電源装置をサポートします。これらのユニットは、 H615C または H610S ノードを発注するとオプションのアドオンとして提供されます。これらの手順を使用して、シャーシ内の AC 電源装置を取り外して DC 電源装置ユニットに交換したり、障害のある DC 電源装置を新しい DC 電源装置ユニットに交換したりできます。

必要なもの
  • 障害のある DC 電源装置を交換する場合は、交換用 DC 電源装置ユニットを調達しておきます。

  • シャーシ内の AC 電源装置を DC 装置と交換する場合は、手順のダウンタイムを考慮する必要があります。

  • 静電放電( ESD )リストバンドを装着するか、静電気防止処置を施しておきます。

  • 電源装置の要件が満たされていることを確認します。

    • 電源電圧:–( 48-60 ) V DC

    • 消費電流: 37A (最大)

    • ブレーカーの要件: 40A ブレーカー

  • 環境内のマテリアルが RoHS の仕様に従っていることを確認しておきます。

  • ケーブルの要件が満たされていることを確認します。

    • UL 10 AWG 、最大 2 m (より線)黒ケーブル × 1 ( 48 ~ 60 V DC )

    • UL 10 AWG 、最大 2 m (より線)赤ケーブル × 1 ( V DC リターン)

    • UL 10 AWG 、最大 2 m 緑 / 黄ケーブル、緑、黄のストライプ、より線(安全アース) 1 本

この手順は、次のノードモデルに該当します。

  • 1 ラックユニット( 1U ) H615C コンピューティングシャーシ

  • 1U H610S ストレージシャーシ

    注記 H615C および H610S では、 2U / 4 ノードシャーシとは異なり、ノードとシャーシが別々のコンポーネントではないため、「ノード」と「シャーシ」は同じ意味で使用されます。
注意 AC 電源装置と DC 電源装置を混在させることはできません。
手順
  1. 電源装置をオフにして、電源コードを抜きます。障害のある DC 電源装置を交換する場合は、電源をオフにして、青色のコネクタに挿入されているすべてのケーブルを取り外します。

  2. カムハンドルを持ち上げ、青色のラッチを押して電源装置ユニットを引き出します。

    は、カムハンドルを持ち上げ、電源装置をシャーシから引き出している状態を示しています。
    注記 図は一例です。シャーシ内の電源装置の位置とリリースボタンの色は、シャーシのタイプによって異なります。
    重要 両手で電源装置の重量を支えてください。
  3. 両手で電源装置の端をシャーシの開口部に合わせ、カムハンドルを使用して装置をシャーシにそっと押し込んで、カムハンドルを直立位置に戻します。

    に、シャーシに取り付けられている電源装置を示します。
  4. DC 電源装置をケーブル接続します。DC 電源装置と電源をケーブル接続する際には、電源がオフになっていることを確認してください。

    1. 青のコネクタに黒、赤、緑 / 黄色のケーブルを差し込みます。

    2. 青色のコネクタを DC 電源装置ユニットと電源に差し込みます。

      に、 DC 電源装置のケーブル配線を示します。
  5. DC 電源装置の電源をオンにします。

    ヒント DC 電源装置がオンラインになると、電源装置の LED が点灯します。緑色の LED ライトは、電源装置が正常に動作していることを示します。
  6. 出荷時の箱に同梱されている手順に従って、障害が発生したユニットをネットアップに返送してください。