日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

NetApp HCI システムのストレージリソースの電源をオフにします

寄稿者 netapp-mwallis このページの PDF をダウンロード

NetApp HCI のストレージリソースの電源をオフにする場合は、「 Element API メソッド」を使用してストレージノードを適切に停止する必要があります。

コンピューティングリソースの電源をオフにしたら、 Web ブラウザを使用して、 NetApp HCI ストレージクラスタのすべてのノードをシャットダウンします。

  1. ストレージクラスタにログインし、正しい MVIP に接続していることを確認します。

  2. iSCSI セッション数が 0 であることを確認します。

  3. クラスタ > ノード > アクティブ * と進み、クラスタ内のすべてのアクティブノードのノード ID を記録します。

  4. NetApp HCI ストレージクラスタの電源をオフにするには、 Web ブラウザを開き、次の URL を使用して電源オフおよび停止の手順を実行します。 '{MVIP}' は NetApp HCI ストレージ・システムの管理 IP アドレスで 'nodes=[]' アレイには ' 手順 2 で記録したノード ID が含まれています例:

    https://{MVIP}/json-rpc/1.0?method=Shutdown&nodes=[1,2,3,4]&option=halt
  5. クラスタ管理者のユーザ名とパスワードを入力します。

  6. すべてのストレージクラスタノードが API 結果の「必要」セクションに含まれていることを確認して、 API 呼び出しが正常に返されたことを検証します。

    すべての NetApp HCI ストレージノードの電源がオフになりました。

詳細については、こちらをご覧ください