日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

ネットワークトポロジを選択してください

寄稿者 netapp-mwallis このページの PDF をダウンロード

NetApp HCI ノードのケーブル接続には、ニーズに応じて異なるネットワークケーブル構成を使用できます。コンピューティングノードについては、 6 つのすべてのネットワークポートを使用して各ポートペアに異なるタイプのトラフィックを割り当てることも、 2 つのポートを使用してすべてのタイプのトラフィックをポートに割り当てることもできます。ストレージノードでは標準的なケーブル 4 本の構成を使用します。選択すると、インベントリでどのコンピューティングノードを選択できるかに影響します。

コンピューティングノードにケーブル 2 本のネットワークトポロジを使用する場合は、次の要件を考慮してください。

  • 導入完了後に適用する VMware vSphere Enterprise Plus ライセンスが必要です。

  • ネットワークとネットワークスイッチの構成が正しいことを確認しておきます。

  • すべてのコンピューティングノードおよびストレージノードのストレージネットワークと vMotion ネットワークに VLAN タギングが必要です。

手順
  1. Network Topology * ページで、 NetApp HCI 用のコンピューティングノードのインストール方法に適したコンピューティングノードトポロジを選択します。

    • *6 ケーブルオプション *: 6 ケーブルオプションでは、トラフィックの種類 ( 管理、仮想マシン、ストレージ ) ごとに専用ポートを提供します。必要に応じて、 vSphere Distributed Switch ( VDS )を有効にすることができます。VDS を有効にすると、分散スイッチが構成され、 NetApp HCI の導入完了後に仮想マシンのネットワーク構成を簡単かつ一元的に管理できるようになります。有効にした場合は、導入後に適用する vSphere Enterprise Plus ライセンスが必要です。

    • * 2 Cable Option * :管理、仮想マシン、およびストレージのトラフィックを 2 つのボンディングポートに統合します。このケーブル接続オプションでは VDS は必須で、自動的に有効になります。導入後に適用する vSphere Enterprise Plus ライセンスが必要です。

  2. 一部のケーブル配線オプションでは、ノードハードウェアのタイプ別に複数の背面パネル図が表示されます。背面パネル図を順に参照して、該当するノードモデルのネットワークケーブルとケーブル配線オプションを確認してください。

  3. 完了したら、 [* Continue (続行) ] をクリックします。

詳細については、こちらをご覧ください