日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

サポートされるネットワーク変更

NetApp HCI を導入したあとは、デフォルトのネットワーク設定に限定的な変更を加えることができます。ただし、円滑な運用と正しいネットワーク検出のためには、一定の要件を満たす必要があります。これらの要件を満たしていないと、原因 の想定外の動作が発生し、コンピューティングリソースとストレージリソースを拡張できなくなる可能性があります。

システムの導入後、使用するネットワークの要件に応じて、 VMware vSphere のデフォルトのネットワーク構成を次の点で変更できます。

  • vSwitch の名前を変更します

  • ポートグループ名を変更します

  • ポートグループを追加および削除します

  • 追加のポートの vmnic インターフェイスのフェイルオーバー順序を変更します 追加したグループ

H300Eの拡張時に、H500E、H700E、H410C、H610C、 およびH615Cコンピューティングノードの場合、NetApp HCI は、ノードの既存のコンピューティングクラスタが次の要件を満たしている必要があります。

  • 最低4つのvmkインターフェイス

  • 管理用vmkインターフェイス×1

  • VMotion vmkインターフェイス×1

  • ソフトウェアiSCSIイニシエータに対するiSCSIバインドが設定された同じサブネット上にある2つのvmks

注記

NetApp HCI 1.10以降では、クラスタを拡張しても、NetApp HCI はデフォルトのノード構成を満たしているとは限りません。

既存のコンピューティングクラスタ内の1つ以上のノードでVMware vSphereのデフォルト設定を変更すると、新しいノードの設定がクラスタ内の大部分のノードの設定に合わせて調整されます。

NetApp Deployment Engineのデフォルトの設定

NetApp Deployment Engineは、システムとケーブルの構成に応じてコンピューティングホストのデフォルトの構成を設定します。

H300E、H500E、H700E、H410Cの各コンピューティングノード

VMware vSphere Distributed Switch(VDS)を使用するH300E、H500E、H700E、H410Cの各ノードについて、6インターフェイス構成を示します。この構成は、 VMware vSphere Distributed Switch でのみサポートされ、 VMware vSphere Enterprise Plus ライセンスが必要です。

ネットワーク機能 VMkernel vmnic (物理インターフェイス)

管理

vmk0

vmnic2 (ポート A )、 vmnic3 (ポート B )

iSCSI-A

vmk1

vmnic5 (ポート E )

iSCSI-B

vmk2.

vmnic1 (ポート D )

vMotion

vmk3.

vmnic4 (ポート C )、 vmnic0 (ポート F )

VMware vSphere Standard Switch ( VSS )で 6 つのインターフェイスを使用する構成を次に示します。この構成では、 VMware vSphere Standard Switch ( VSS )を使用します。

ネットワーク機能 VMkernel vmnic (物理インターフェイス)

管理

vmk0

vmnic2 (ポート A )、 vmnic3 (ポート B )

iSCSI-A

vmk2.

vmnic1 (ポート E )

iSCSI-B

vmk3.

vmnic5 (ポート D )

vMotion

vmk1

vmnic4 (ポート C )、 vmnic0 (ポート F )

2 つのインターフェイスを使用する構成を次に示します。この構成は、 VMware vSphere Distributed Switch ( VDS )でのみサポートされ、 VMware vSphere Enterprise Plus ライセンスが必要です。

ネットワーク機能 VMkernel vmnic (物理インターフェイス)

管理

vmk0

vmnic1 (ポート D )、 vmnic5 (ポート E )

iSCSI-A

vmk1

vmnic1 (ポート E )

iSCSI-B

vmk2.

vmnic5 (ポート D )

vMotion

vmk3.

vmnic1 (ポート C )、 vmnic5 (ポート F )

H610C コンピューティングノード

H610Cノードのこの構成は、VMware vSphere Distributed Switch(VDS)でのみサポートされ、VMware vSphere Enterprise Plusライセンスが必要です。

注記 H610C ではポート A とポート B は使用されません。
ネットワーク機能 VMkernel vmnic (物理インターフェイス)

管理

vmk0

vmnic2 (ポート C )、 vmnic3 (ポート D )

iSCSI-A

vmk1

vmnic3 (ポート D )

iSCSI-B

vmk2.

vmnic2 (ポート C )

vMotion

vmk3.

vmnic2 (ポート C )、 vmnic3 (ポート D )

H615C コンピューティングノード

H615Cノードのこの構成は、VMware vSphere Distributed Switch(VDS)でのみサポートされ、VMware vSphere Enterprise Plusライセンスが必要です。

ネットワーク機能 VMkernel vmnic (物理インターフェイス)

管理

vmk0

vmnic0 (ポート A )、 vmnic1 (ポート B )

iSCSI-A

vmk1

vmnic0 (ポート B )

iSCSI-B

vmk2.

vmnic1 (ポート A )

vMotion

vmk3.

vmnic0 (ポート A )、 vmnic1 (ポート B )