日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

サービスレベルの容量要件

寄稿者

Keystone STaaSサービスレベルに必要な容量は、Keystone STaaSサブスクリプションでサポートされるファイル、ブロック、オブジェクト、クラウドストレージによって異なります。

ファイルサービスとブロックサービスの最小容量要件

次の表に、サブスクリプションあたりの最小容量と増分容量を示します。サービスレベルあたりの最小容量は、Keystoneの営業活動全体で同じになるように定義されています。サブスクリプションの開始時またはサブスクリプションへのアドオンサービスとして、またはサブスクリプション中の再割り当て後に、最小容量を超える容量も表に記載されています。

容量

最高レベル

Premium サービス

パフォーマンス

標準

価値

最小容量[TiB ]

25

100

サブスクリプションの開始時に許可される増分容量(および倍数)[in TiB ]

25

25

サブスクリプション時にアドオンとして許可される増分容量(および倍数)[in TiB ]

25

25

オブジェクトストレージの最小容量要件

オブジェクトストレージの最小容量要件を次の表で確認できます。

容量

データの階層化

オブジェクト

Cloud Volumes ONTAP

Cloud Backup サービスの略

最小容量[TiB ]

該当なし

500

4.

4.

サブスクリプションの開始時に許可される増分容量(および倍数)[in TiB ]

該当なし

100

1.

1.

サブスクリプション時にアドオンとして許可される増分容量(および倍数)[in TiB ]

該当なし

100

1.

1.

容量の調整

容量調整については、次の条件に注意してください。

  • 契約期間中はいつでも容量を追加できますが、契約期間の過去90日間は、前のセクションの表に記載されているサービスレベルごとに増分されます。サービス更新の同意がある場合は、契約期間の直近90日以内に容量またはサービスを追加できます。容量を追加すると、オンプレミスまたはクラウドの新しいサービスを既存の期間と共存させることができます。新しいサービスのアクティベーション後に送信された請求書には、変更された請求書が反映されます。クラウド サービス のコミット済み容量は、サブスクリプション期間中はどの時点でも削減できません。一方、契約期間中のオンプレミスサービスに対するコミット済み容量とコミット済みコストは、後述の「_Capacity reduction _」で定義されている特定の条件に基づいて削減できます。

  • Keystone契約に基づいて、各サイトでバースト容量を利用できます。通常、サービスレベルのコミット済み容量を20%上回っています。バースト使用量は、その請求期間のみに課金されます。合意された容量を超える追加のバースト要件が必要な場合は、サポートにお問い合わせください。

  • コミット済み容量は、契約期間中にのみ変更できます。ただし、次のセクションで説明するように、特定の条件を満たしている必要があります。

  • サブスクリプション期間中に容量を増やしたり、サービスレベルを高くしたりすることができます。ただし、上位のサービスレベルから下位のサービスレベルに移行することはできません。

  • サービス期間の過去90日間の変更リクエストには、少なくとも1年間サービスの更新が必要です。

容量の削減

容量削減(年間)は、Advanceペイメントモデルの_年間およびオンプレミスのみの導入に適用されます。クラウド サービス またはハイブリッド クラウド サービス では使用できません。オンプレミスの容量をプロビジョニングできるため、サブスクリプションあたりサービスレベルを最大25%削減できます。この削減は、毎年1回、次の年間請求期間の開始時に有効にすることができます。サービスベースのオンプレミス年間支払い額は、容量削減を活用するために、いつでも2万ドル以上になるはずです。オンプレミス環境でのみサポートされるため、この課金モデルでは、オンプレミス環境から クラウド サービス 環境への支出に再割り当ては行われません。次の図に、年間容量削減の例を示します。

四半期支出の再配分

サブスクリプションレベルの要件と条件:

  • arrearモデルの月単位の請求にのみ適用されます。

  • 契約期間が1年、2年、または3年のサブスクリプションにのみ適用されます。

  • Cloud Volumes ONTAP とCloud Backup Service の容量は、Keystoneから購入する必要があります。

  • クラウド サービス への再割り当てには、既存のオンプレミスのサービスベースの月払いの最大25%を使用できます。

  • 再配置を活用するには、サービスベースの月額料金を、期間中いつでも$16.7K以上にする必要があります。

  • 再割り当て要求は、再割り当ての前回のアクティブ化日から90日が経過した時点で有効になります。

  • 再割り当ては、クラウド サービス からオンプレミスに戻すことはできません。

  • 再割り当ての申請は、お客様またはパートナーが正式にKeystone Success Manager(KSM)に提出する必要があります。少なくとも1週間は次回の請求サイクルの前に実施してください。

  • 新しいリクエストは、次の請求サイクルからのみ有効になります。

四半期ごとの支出再配分の例を次の図に示します。