日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

機能:ネットアップを使用した Red Hat OpenShift での Kubernetes 向けの高度なクラスタ管理

寄稿者 このページの PDF をダウンロード

クラスタのライフサイクル管理

さまざまな OpenShift クラスタを管理するには、クラスタを作成するか、 Advanced Cluster Management にインポートします。

  1. 最初に、 [ インフラストラクチャの自動化 ] 、 [ クラスタ ] の順に移動

  2. 新しい OpenShift クラスタを作成するには、次の手順を実行します。

    1. プロバイダ接続の作成: [ プロバイダ接続 ] に移動して [ 接続の追加 ] をクリックし、選択したプロバイダタイプに対応するすべての詳細を入力して [ 追加 ] をクリックします。

      プロバイダ接続を追加します
    2. 新しいクラスタを作成するには、クラスタに移動し、クラスタの追加 > クラスタの作成をクリックします。クラスタと対応するプロバイダの詳細を指定し、 Create をクリックします。

      クラスタを追加
    3. 作成されたクラスタは、クラスタのリストに Ready ステータスで表示されます。

  3. 既存のクラスタをインポートするには、次の手順を実行します。

    1. クラスタに移動し、クラスタの追加 > 既存クラスタのインポートをクリックします。

    2. クラスタの名前を入力し、 [ インポートしてコードを生成して保存 ] をクリックします。既存のクラスタを追加するコマンドが表示されます。

    3. Copy コマンドをクリックし、ハブクラスタに追加するクラスタ上でコマンドを実行します。これにより、必要なエージェントのクラスタへのインストールが開始され、このプロセスが完了すると、クラスタがクラスタリストに「 Ready 」と表示されます。

      既存のクラスタをインポートする
  4. 複数のクラスタを作成してインポートしたら、 1 つのコンソールからクラスタを監視および管理できます。