日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

NetApp ONTAP を使用して Red Hat OpenShift Virtualization を導入します

寄稿者 このページの PDF をダウンロード

前提条件

  • Red Hat OpenShift クラスタ(バージョン 4.6 以降) RHCOS ワーカーノードを使用するベアメタルインフラストラクチャにインストールします

  • OpenShift クラスタは、インストーラでプロビジョニングされたインフラを介してインストールする必要があります ( IPI )

  • VM の HA を維持するには、マシンの健全性チェックを導入します

  • NetApp ONTAP クラスタ

  • OpenShift クラスタに Trident の Astra をインストール

  • ONTAP クラスタの SVM で設定された Trident バックエンド

  • OpenShift クラスタ上でストレージクラスを構成し、 Astra Trident をプロビジョニングツールとして提供

  • Red Hat OpenShift クラスタへのクラスタ管理者アクセス

  • NetApp ONTAP クラスタへの管理者アクセス

  • tridentctl および OC ツールがインストールされている管理ワークステーション $PATH に追加されました

OpenShift Virtualization は、 OpenShift クラスタにインストールされたオペレータによって管理されるため、メモリ、 CPU 、およびストレージに追加のオーバーヘッドが発生します。このオーバーヘッドは、クラスタのハードウェア要件を計画する際に考慮する必要があります。のドキュメントを参照してください "こちらをご覧ください" 詳細:

ノード配置ルールを設定して、 OpenShift Virtualization オペレータ、コントローラ、 VM をホストする OpenShift クラスタノードのサブセットを指定することもできます。OpenShift Virtualization のノード配置ルールを設定するには、のドキュメントに従ってください "こちらをご覧ください"

OpenShift Virtualization を基盤とするストレージについては、特定の Trident バックエンドからストレージを要求する専用のストレージクラスを用意し、そのストレージクラスを専用の SVM でバックアップすることを推奨します。これにより、 OpenShift クラスタ上で VM ベースのワークロードに提供されるデータに関して、レベルのマルチテナンシーが維持されます。