日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

ワークフロー: NetApp ONTAP を使用した Red Hat OpenShift Virtualization

寄稿者 このページの PDF をダウンロード

VM のクローニング

OpenShift で既存の VM をクローニングするには、 Astra Trident の Volume CSI クローニング機能をサポートします。CSI ボリュームクローニングでは、 PV を複製することによって、既存の PVC をデータソースとして使用して新しい PVC を作成できます。新しい PVC が作成されると、その PVC は独立したエンティティとして機能し、送信元 PVC へのリンクや依存関係はありません。

VM クローニングアーキテクチャ

CSI ボリュームクローニングには、次のような一定の制限事項があります。

  1. 送信元 PVC と宛先 PVC は同じプロジェクト内に存在する必要があります。

  2. クローニングは、同じストレージクラス内でサポートされます。

  3. クローニングを実行できるのは、ソースボリュームとデスティネーションボリュームで同じボリュームモード設定を使用している場合のみです。たとえば、ブロックボリュームは別のブロックボリュームにしかクローニングできません。

OpenShift クラスタ内の VM は、次の 2 つの方法でクローニングできます。

  1. ソース VM をシャットダウンします

  2. ソース VM を稼働させます

ソース VM をシャットダウンします

VM をシャットダウンして既存の VM をクローニングすることは、 Astra Trident のサポートとともに実装されるネイティブの OpenShift 機能です。VM をクローニングするには、次の手順を実行します。

  1. [Workloads (ワークロード) ] > [Virtualization (仮想化) ] > [Virtual Machines (仮想マシン) ] に移動し、クローンを作成する仮想マシンの横にある省略記号をクリックします。

  2. Clone Virtual Machine をクリックして、新しい VM の詳細を指定します。

    VM をクローニングする
  3. Clone Virtual Machine をクリックします。これにより、ソース VM がシャットダウンされ、クローン VM の作成が開始されます。

  4. この手順が完了すると、クローニングした VM のコンテンツにアクセスして確認できるようになります。

ソース VM を稼働させます

既存の VM は、ソース VM の既存の PVC をクローニングしてから、クローン PVC を使用して新しい VM を作成することによってもクローニングできます。この方法では、ソース VM をシャットダウンする必要はありません。シャットダウンせずに VM をクローニングするには、次の手順を実行します。

  1. Storage > PersistentVolume要求 と進み、ソース VM に接続されている PVC の横にある省略記号をクリックします。

  2. Clone PVC をクリックして、新しい PVC の詳細を提供します。

    PVC を複製します
  3. 次に、 Clone をクリックします。これにより、新しい VM の PVC が作成されます。

  4. [Workloads (ワークロード) ] > [Virtualization (仮想化) ] > [Virtual Machines (仮想マシン) ] に移動し、 [Create (作成)

  5. spec> template> spec> volumes セクションで、コンテナディスクではなく、クローン PVC を接続します。新しい VM について、要件に応じてその他の詳細をすべて指定します。

    - name: rootdisk
      persistentVolumeClaim:
        claimName: rhel8-short-frog-rootdisk-28dvb-clone
  6. Create をクリックして、新しい VM を作成します。

  7. VM が作成されたら、にアクセスし、新しい VM がソース VM のクローンであることを確認します。