日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

はじめに

この解決策は、 AWX/Tower 環境で動作するように設計されています。

AWX /タワー

AWX / タワー環境の場合は、 ONTAP クラスタ管理と Oracle サーバ( IP およびホスト名)のインベントリの作成、クレデンシャルの作成、 NetApp Automation Github から Ansible コードを取得するプロジェクトの設定、および自動化を開始するジョブテンプレートの設定を案内されます。

  1. 解決策は、プライベートクラウドのシナリオ(オンプレミスからオンプレミス)およびハイブリッドクラウド(オンプレミスからパブリッククラウドへの Cloud Volumes ONTAP [CVO] )で実行するように設計されています。

  2. 環境に固有の変数を入力し、ジョブテンプレートのその他の VAR フィールドにコピーして貼り付けます。

  3. ジョブテンプレートに変数を追加したら、自動化を起動できます。

  4. 自動化は、 Oracle バイナリのセットアップ、データベース、ログ、ログのレプリケーションスケジュール、ログのみのレプリケーションスケジュールの 3 つのフェーズと、 DR サイトでのデータベースリカバリのための 4 つのフェーズで実行されます。

  5. CVO Data Protection に必要なキーとトークンの取得方法の詳細については、を参照してください "CVO の導入と Connector の導入の前提条件を収集"

要件

<strong class="big"> オンプレミス </strong><strong>|</strong>
環境 要件

* Ansible 環境 *

AWX /タワー

Ansible v.2.10 以上

Python 3.

Python ライブラリ - NetApp-lib-xmltodict-jmespath

* ONTAP *

ONTAP バージョン 9.8+

データアグリゲート × 2

NFS VLAN および ifgrp が作成されました

* Oracle サーバ *

RHEL 7/8

Oracle Linux 7/8

NFS 、パブリック、オプションの管理用のネットワークインターフェイス

ソース上の既存の Oracle 環境と、デスティネーション( DR サイトまたはパブリッククラウド)上の同等の Linux オペレーティングシステム

<strong> 「ビッグ」 >CVO</strong>
環境 要件

* Ansible 環境 *

AWX /タワー

Ansible v.2.10 以上

Python 3.

Python ライブラリ - NetApp-lib-xmltodict-jmespath

* ONTAP *

ONTAP バージョン 9.8+

データアグリゲート × 2

NFS VLAN および ifgrp が作成されました

* Oracle サーバ *

RHEL 7/8

Oracle Linux 7/8

NFS 、パブリック、オプションの管理用のネットワークインターフェイス

ソース上の既存の Oracle 環境と、デスティネーション( DR サイトまたはパブリッククラウド)上の同等の Linux オペレーティングシステム

Oracle EC2 インスタンスに適切なスワップスペースを設定します。デフォルトでは、一部の EC2 インスタンスは 0 スワップで導入されます

* Cloud Manager / AWS *

AWS のアクセス / シークレットキー

NetApp Cloud Manager アカウント

NetApp Cloud Manager Refresh Token

自動化の詳細

<strong class="big"> オンプレミス </strong><strong>|</strong>

この自動導入は、 3 つのロールで構成される Ansible プレイブックを使用して設計されています。ロールは ONTAP 、 Linux 、 Oracle の各構成に対応しています。次の表に、自動化されるタスクを示します。

Playbook タスク

* ONTAP_setup*

ONTAP 環境の事前チェック

ソースクラスタでのクラスタ間 LIF の作成(オプション)

デスティネーションクラスタでのクラスタ間 LIF の作成(オプション)

クラスタ / SVM ピアリングの作成

SnapMirror デスティネーションの作成と、指定された Oracle ボリュームの初期化

* ora_replication_cg *

/etc/oratab 内の各データベースのバックアップモードを有効にします

Oracle バイナリボリュームとデータベースボリュームの Snapshot

SnapMirror を更新しました

/etc/oratab 内の各データベースのバックアップモードをオフにします

* ora_replication_log *

/etc/oratab 内の各データベースの現在のログを切り替えます

Oracle ログボリュームの Snapshot

SnapMirror を更新しました

* ora_recovery*

SnapMirror を解除します

デスティネーションで NFS を有効にし、 Oracle ボリュームのジャンクションパスを作成します

DR Oracle ホストを設定

Oracle ボリュームをマウントして確認

Oracle データベースをリカバリして起動します

<strong> 「ビッグ」 >CVO</strong>

この自動導入は、 3 つのロールで構成される Ansible プレイブックを使用して設計されています。ロールは ONTAP 、 Linux 、 Oracle の各構成に対応しています。次の表に、自動化されるタスクを示します。

Playbook タスク

* CVF_setup*

環境の事前チェック

AWS Configure / AWS Access Key ID / Secret Key / Default Region

AWS ロールの作成

AWS での NetApp Cloud Manager Connector インスタンスの作成

AWS での Cloud Volumes ONTAP ( CVO )インスタンスの作成

オンプレミスのソース ONTAP クラスタを NetApp Cloud Manager に追加

SnapMirror デスティネーションの作成と、指定された Oracle ボリュームの初期化

* ora_replication_cg *

/etc/oratab 内の各データベースのバックアップモードを有効にします

Oracle バイナリボリュームとデータベースボリュームの Snapshot

SnapMirror を更新しました

/etc/oratab 内の各データベースのバックアップモードをオフにします

* ora_replication_log *

/etc/oratab 内の各データベースの現在のログを切り替えます

Oracle ログボリュームの Snapshot

SnapMirror を更新しました

* ora_recovery*

SnapMirror を解除します

デスティネーション CVO で NFS を有効にし、 Oracle ボリュームのジャンクションパスを作成してください

DR Oracle ホストを設定

Oracle ボリュームをマウントして確認

Oracle データベースをリカバリして起動します

デフォルトパラメータ

自動化を簡易化するために、必要な Oracle パラメータがデフォルト値で多数設定されています。通常、ほとんどの環境でデフォルトパラメータを変更する必要はありません。上級ユーザーは ' デフォルト・パラメータを変更する際に注意してくださいデフォルトのパラメータは、各ロールフォルダの defaults ディレクトリにあります。

使用許諾

Github リポジトリに記載されているライセンス情報をお読みください。このリポジトリ内のコンテンツにアクセス、ダウンロード、インストール、または使用することにより、ライセンスの条項に同意したものとみなされます "こちらをご覧ください"

このリポジトリ内のコンテンツの作成および / または派生著作物の共有に関しては、一定の制限事項があります。の条件を必ずお読みください "使用許諾" コンテンツを使用する前に。すべての条件に同意しない場合は、このリポジトリのコンテンツにアクセスしたり、コンテンツをダウンロードしたり、使用したりしないでください。