日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

パブリッククラウドプロバイダ向けのネットアップストレージオプション

主要な 3 種類のハイパースケーラにおけるストレージとしてのネットアップのオプションをご確認ください。

AWS / VMC

AWS は、次の構成でネットアップストレージをサポートします。

  • ゲスト接続ストレージとしての FSX ONTAP

  • Cloud Volumes ONTAP ( CVO )をゲスト接続ストレージとして活用

  • ネイティブデータストアとしてのFSX ONTAP ^1 ^

FSX ONTAP の詳細については、AWS Press Releaseからネイティブデータストアパブリックプレビュー版をご覧ください(近日公開予定)。

Azure / AVS

Azure は、以下の構成でネットアップストレージをサポートします。

  • ゲスト接続ストレージとしての Azure NetApp Files ( ANF

  • Cloud Volumes ONTAP ( CVO )をゲスト接続ストレージとして活用

  • ネイティブデータストアとしてのAzure NetApp Files (ANF)^1 ^

GCP/GCVE

Google Cloud は、次の構成でネットアップストレージをサポートします。

  • Cloud Volumes ONTAP ( CVO )をゲスト接続ストレージとして活用

  • Cloud Volumes Service ( CVS )をゲスト接続ストレージとして使用できるようになりました

  • ネイティブデータストアとしてのCloud Volumes Service (CVS)^1 ^

注記 1- 現在プライベートプレビュー中です