日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

NetApp XCP

寄稿者 このページの PDF をダウンロード

NetApp XCP は、複数のスレッドとカスタマイズ可能な機能を使用してデータを転送します。データの移動や移行、ファイルシステム分析、ディレクトリツリーの高速削除という 3 つの主なユースケースに対応しています。

データの移動または移行

NetApp XCP は、任意の NAS から NetApp NAS にデータを転送します。このプロセスは、スキャン、コピー、同期、検証の 4 つの主要な処理で構成されます。データの監視と転送に役立つ追加の機能がいくつかあります。

  • * Scan. * は、 NAS データのレイアウトの概要を提供します。

  • * Copy. * はベースラインデータ転送を実行します。

  • * Sync. * は増分データ転送を実行します。

  • * 検証。 * ターゲットの完全な検証を実行します。

  • * Show (オプション)。 * NAS 共有を検出します。

次の図は、 XCP データの移行とレプリケーションの処理を示しています。

エラー:グラフィックイメージがありません

ファイルシステム分析

NetApp XCP を使用すると、構造化されていないデータを標準で識別、精査、分析し、分析情報を向上させることができます。分析情報は、計画を改善し、価値の高いデジタル資産の運用を開始し、レポートと評価を通じてデータガバナンスを実現するために、企業のお客様に欠かせない重要な要件です。

機密データを扱うお客様は、 NetApp XCP を使用して、次のような回答の一般的な運用上の質問にお答えください。

  • データはどこにありますか?

  • データの量とファイルの種類

  • どのようなデータがアクティブに使用され、休止状態になっているか?

次の図は、 GUI からの NetApp XCP ファイル分析通信を示しています。

エラー:グラフィックイメージがありません

削除

ストレージ・チームや Electronic Design Automation ( EDA )のワークロードでは、古いデータであっても、ストレージ・スペースを回復するためにクリーニングが必要なテスト・データであっても、大きなディレクトリをクリーンアップするのは非常に困難です。XCP は、ディレクトリツリー全体を削除できる高速削除機能を提供します。NetApp XCP Delete 機能は、特定の NAS パスからファイルとフォルダを削除します。一致フィルタを使用すると、特定のファイルおよびフォルダセットを削除できます。多数のファイルやフォルダに対しては、削除の確認を必要としない強制オプションを使用できます。

ライブソース移行のサポート

XCP 1.7 に含まれるライブソース移行のサポートにより、使用中のデータソースからの移行(読み取りおよび書き込みアクティビティ)が可能になります。移行ジョブで使用されているファイル( copy や sync running など)は XCP によって除外され、スキップされたファイルの情報は XCP ログにキャプチャされます。

この機能では、ソースの変更はサポートされますが、デスティネーションに対する変更はサポートされません。移行中は、移行先をアクティブにしないでください。ライブソースマイグレーションは、 NFS マイグレーションでのみサポートされます。

注記 ライブソース移行では、特別な設定は必要ありません。

XCP の前提条件

NetApp XCP を導入する前に、次の前提条件を満たしている必要があります。

  1. 次のコマンドを実行して、 NFS サーバで使用されている NFS ポートを確認します。

    rpcinfo -p < NAS IP or on-prem nfs data LIF ip >
  2. オンプレミスインスタンスまたはクラウドインスタンス( Azure 、 AWS 、 Google Virtual Machine [VM] インスタンスなど)の XCP 処理を実行する場所にアクセスするには、 NFS ポートのファイアウォールポートを開きます。

  3. telnet コマンド '< オンプレミスの NFS データ LIF IP または NAS ip>2049 を使用して 'XCP サーバから NFS ポートにアクセスできることを確認しますデフォルトのポートは 2049. です。環境内のポートが異なる場合は、その IP を使用します。

  4. NFS の場合は、「 howmount -e <NAS ip>` コマンドを使用して、 XCP サーバから共有にアクセスできることを確認します。

  5. デスティネーションボリュームの inode の数を、ソースファイルのファイル数(ファイル数)よりも多くします。

  6. から XCP ライセンスをダウンロードします "NetApp XCP ライセンスポータル"

    1. mysupport.netapp.com にネットアップアカウントがあるか、または無償で登録できます。

    2. ライセンスをダウンロードしてご用意ください。

  7. オンプレミス、 Azure NetApp ボリュームごと、またはクラウドの Cloud Volume Service ( Premium サービスレベル)用に XCP カタログ用の NFS 共有を 1 つ作成します。

  8. NAS ボリュームを作成し、データデスティネーションの共有を設定します。

  9. 複数の XCP インスタンスがある場合、複数のソースフォルダまたはファイルからデスティネーションにデータを転送するには、サーバまたはクラウドインスタンスが 1 つ以上必要です。

  10. maxdir サイズ(デフォルトは 308MB )では、最大ファイル数(約 100 万)が 1 つのフォルダに定義されます。maxdir サイズ値を大きくして、ファイル数を増やします。値を増やすと、 CPU サイクルが増える。

  11. クラウドでは、オンプレミスとクラウド間で ExpressRoute ( Azure )、 Direct Connect ( AWS )、または Cloud Interconnect ( GCP )を使用することを推奨します。