日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

ONTAP メディエーターと MetroCluster Tiebreaker の違い

寄稿者 netapp-martyh このページの PDF をダウンロード

ONTAP 9.7 以降では、 MetroCluster IP 構成で ONTAP Mediator-Assisted Automatic Unplanned Switchover ( MAUSO ;メディエーターアシスト自動計画外スイッチオーバー)を使用するか、 MetroCluster Tiebreaker ソフトウェアを使用できます。MetroCluster IP 設定で使用できるサービスは、 2 つのうちの 1 つだけです。

MetroCluster 構成に応じて、異なる状況で自動スイッチオーバーが実行されます。

  • * AUSO 機能を使用した MetroCluster FC 構成( MetroCluster IP 構成には含まれません) *

    これらの構成では、コントローラの障害が発生した場合にストレージ(および存在する場合はブリッジ)が動作していれば AUSO が開始されます。

  • * ONTAP メディエーターサービスを使用した MetroCluster IP 構成( ONTAP 9.7 以降) *

    これらの構成では、前述の AUSO と同じ状況に加え、サイト全体(コントローラ、ストレージ、スイッチ)の障害が発生した場合に MAUSO が開始されます。

    MAUSO が開始されるのは、障害が発生した時点で不揮発性キャッシュミラーリング( DR mirroring) と SyncMirror プレックスミラーリングが同期されている場合だけです。
  • * アクティブモードで Tiebreaker ソフトウェアを使用した MetroCluster IP または FC 構成 *

    これらの構成では、サイト全体の障害が発生した場合に Tiebreaker で計画外スイッチオーバーが開始されます。

    Tiebreaker ソフトウェアを使用する前に、を参照してください "MetroCluster Tiebreaker ソフトウェアインストールおよび設定ガイド"

ONTAP メディエーターと他のアプリケーションおよびアプライアンスとの相互運用性

スイッチオーバーをトリガーできるサードパーティのアプリケーションやアプライアンスを ONTAP メディエーターと組み合わせて使用することはできません。また、 ONTAP メディエーターを使用した場合、 MetroCluster Tiebreaker ソフトウェアでの MetroCluster 構成の監視はサポートされません。

ONTAP メディエーターでの自動計画外スイッチオーバーのサポート

ONTAP メディエーターは、メディエーターホストにあるメールボックスに MetroCluster ノードに関する状態情報を格納します。MetroCluster ノードでは、この情報を使用して DR パートナーの状態を監視し、災害発生時に Mediator-Assisted Automatic Unplanned Switchover ( MAUSO ;メディエーターアシスト自動計画外スイッチオーバー)を実装できます。

スイッチオーバーが必要なサイト障害がノードで検出されると、スイッチオーバーに該当する状況であることを確認したうえでスイッチオーバーが実行されます。

MAUSO が開始されるのは、各ノードの不揮発性キャッシュの SyncMirror ミラーリングと DR ミラーリングの両方が動作しており、障害が発生した時点でキャッシュとミラーが同期されている場合だけです。