日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

Cisco IP スイッチの設定

寄稿者

クラスタインターコネクトおよびバックエンド MetroCluster IP 接続用に Cisco IP スイッチを設定する必要があります。

このセクションの手順のいくつかは独立した手順であり、実行する必要があるのは自分がタスクに指示された手順、またはタスクに関連する手順のみです。

Cisco IP スイッチを工場出荷時のデフォルトにリセットする

RCF ファイルをインストールする前に、 Cisco スイッチの設定を消去し、基本的な設定を完了する必要があります。この手順 は、以前のインストールに失敗したあとに同じ RCF ファイルを再インストールする場合、または新しいバージョンのファイルをインストールする場合に必要です。

このタスクについて
  • この手順は、 MetroCluster IP 構成の各 IP スイッチで実行する必要があります。

  • シリアルコンソールを使用してスイッチに接続する必要があります。

  • このタスクでは、管理ネットワークの設定をリセットします。

手順
  1. スイッチを工場出荷時のデフォルトにリセットします。

    1. 既存の設定を消去します。

      「 write erase 」を入力します

    2. スイッチソフトウェアをリロードします。

      「再ロード」

      システムがリブートし、設定ウィザードが表示されます。起動中に「 Abort Auto Provisioning and continue with normal setup ?」というプロンプトが表示された場合は、(yes/no)[n]`" 、続行するには 'yes' と応答する必要があります。

    3. 設定ウィザードで、スイッチの基本設定を入力します。

      • 管理パスワード

      • スイッチ名

      • アウトオブバンド管理設定

      • デフォルトゲートウェイ

      • SSH サービス( RSA )

        設定ウィザードが完了すると、スイッチがリブートします。

    4. プロンプトが表示されたら、ユーザ名とパスワードを入力してスイッチにログインします。

      次の例は、スイッチを設定する際のプロンプトとシステム応答を示しています。山括弧(「 <<<`) 」)は、情報を入力する場所を示します。

      ---- System Admin Account Setup ----
      Do you want to enforce secure password standard (yes/no) [y]:y  **<<<**
      
          Enter the password for "admin": password
        Confirm the password for "admin": password
               ---- Basic System Configuration Dialog VDC: 1 ----
      
      This setup utility will guide you through the basic configuration of
      the system. Setup configures only enough connectivity for management
      of the system.
      
      Please register Cisco Nexus3000 Family devices promptly with your
      supplier. Failure to register may affect response times for initial
      service calls. Nexus3000 devices must be registered to receive
      entitled support services.
      
      Press Enter at anytime to skip a dialog. Use ctrl-c at anytime
      to skip the remaining dialogs.

      次の一連のプロンプトで、スイッチ名、管理アドレス、ゲートウェイなどの基本情報を入力し、 SSH with RSA を選択します。

      Would you like to enter the basic configuration dialog (yes/no): yes
        Create another login account (yes/no) [n]:
        Configure read-only SNMP community string (yes/no) [n]:
        Configure read-write SNMP community string (yes/no) [n]:
        Enter the switch name : switch-name **<<<**
        Continue with Out-of-band (mgmt0) management configuration? (yes/no) [y]:
          Mgmt0 IPv4 address : management-IP-address  **<<<**
          Mgmt0 IPv4 netmask : management-IP-netmask  **<<<**
        Configure the default gateway? (yes/no) [y]: y **<<<**
          IPv4 address of the default gateway : gateway-IP-address  **<<<**
        Configure advanced IP options? (yes/no) [n]:
        Enable the telnet service? (yes/no) [n]:
        Enable the ssh service? (yes/no) [y]: y  **<<<**
          Type of ssh key you would like to generate (dsa/rsa) [rsa]: rsa **<<<**
          Number of rsa key bits <1024-2048> [1024]:
        Configure the ntp server? (yes/no) [n]:
        Configure default interface layer (L3/L2) [L2]:
        Configure default switchport interface state (shut/noshut) [noshut]: shut **<<<**
        Configure CoPP system profile (strict/moderate/lenient/dense) [strict]:

      最後の一連のプロンプトで設定が完了します。

    The following configuration will be applied:
      password strength-check
      switchname IP_switch_A_1
    vrf context management
    ip route 0.0.0.0/0 10.10.99.1
    exit
      no feature telnet
      ssh key rsa 1024 force
      feature ssh
      system default switchport
      system default switchport shutdown
      copp profile strict
    interface mgmt0
    ip address 10.10.99.10 255.255.255.0
    no shutdown
    
    Would you like to edit the configuration? (yes/no) [n]:
    
    Use this configuration and save it? (yes/no) [y]:
    2017 Jun 13 21:24:43 A1 %$ VDC-1 %$ %COPP-2-COPP_POLICY: Control-Plane is protected with policy copp-system-p-policy-strict.
    
    [########################################] 100%
    Copy complete.
    
    User Access Verification
    IP_switch_A_1 login: admin
    Password:
    Cisco Nexus Operating System (NX-OS) Software
    .
    .
    .
    IP_switch_A_1#
  2. 設定を保存します。

     IP_switch-A-1# copy running-config startup-config
  3. スイッチをリブートし、スイッチがリロードされるまで待ちます。

     IP_switch-A-1# reload
  4. MetroCluster IP 構成の他の 3 つのスイッチについて、上記の手順を繰り返します。

Cisco スイッチの NX-OS ソフトウェアのダウンロードとインストール

MetroCluster IP 構成の各スイッチにスイッチのオペレーティングシステムファイルと RCF ファイルをダウンロードする必要があります。

この作業には、 FTP 、 TFTP 、 SFTP 、 SCP などのファイル転送ソフトウェアが必要です。 ファイルをスイッチにコピーします。

この手順は、 MetroCluster IP 構成の各 IP スイッチで実行する必要があります。

サポートされているバージョンのスイッチソフトウェアを使用する必要があります。

手順
  1. サポートされている NX-OS ソフトウェアファイルをダウンロードします。

  2. スイッチソフトウェアをスイッチにコピーします。

    'copy sftp://root@server-IP-address/tftpboot/NX-OS -file-name bootflash:vrf management`

    この例では、 nxos.7.0.3.I4.6.bin ファイルを SFTP サーバ 10.10.99.99 からローカルブートフラッシュにコピーしています。

    IP_switch_A_1# copy sftp://root@10.10.99.99/tftpboot/nxos.7.0.3.I4.6.bin bootflash: vrf management
    root@10.10.99.99's password: password
    sftp> progress
    Progress meter enabled
    sftp> get   /tftpboot/nxos.7.0.3.I4.6.bin  /bootflash/nxos.7.0.3.I4.6.bin
    Fetching /tftpboot/nxos.7.0.3.I4.6.bin to /bootflash/nxos.7.0.3.I4.6.bin
    /tftpboot/nxos.7.0.3.I4.6.bin                 100%  666MB   7.2MB/s   01:32
    sftp> exit
    Copy complete, now saving to disk (please wait)...
  3. 各スイッチの bootflash ディレクトリにスイッチの NX-OS ファイルがあることを確認します。

    「 IR bootflash: 」のように表示されます

    次の例は、 FC_switch_A_1 にファイルが存在することを示しています。

    IP_switch_A_1# dir bootflash:
                      .
                      .
                      .
      698629632    Jun 13 21:37:44 2017  nxos.7.0.3.I4.6.bin
                      .
                      .
                      .
    
    Usage for bootflash://sup-local
     1779363840 bytes used
    13238841344 bytes free
    15018205184 bytes total
    IP_switch_A_1#
  4. スイッチソフトウェアをインストールします。

    すべての nxos bootflash:nxos.version-number.bin をインストールします

    スイッチソフトウェアがインストールされると、スイッチは自動的にリロード(リブート)します。

    次の例は、 FC_switch_A_1 へのソフトウェアのインストールを示しています。

    IP_switch_A_1# install all nxos bootflash:nxos.7.0.3.I4.6.bin
    Installer will perform compatibility check first. Please wait.
    Installer is forced disruptive
    
    Verifying image bootflash:/nxos.7.0.3.I4.6.bin for boot variable "nxos".
    [####################] 100% -- SUCCESS
    
    Verifying image type.
    [####################] 100% -- SUCCESS
    
    Preparing "nxos" version info using image bootflash:/nxos.7.0.3.I4.6.bin.
    [####################] 100% -- SUCCESS
    
    Preparing "bios" version info using image bootflash:/nxos.7.0.3.I4.6.bin.
    [####################] 100% -- SUCCESS       [####################] 100%            -- SUCCESS
    
    Performing module support checks.            [####################] 100%            -- SUCCESS
    
    Notifying services about system upgrade.     [####################] 100%            -- SUCCESS
    
    
    
    Compatibility check is done:
    Module  bootable          Impact  Install-type  Reason
    ------  --------  --------------  ------------  ------
         1       yes      disruptive         reset  default upgrade is not hitless
    
    
    
    Images will be upgraded according to following table:
    Module       Image   Running-Version(pri:alt)         New-Version   Upg-Required
    ------  ----------   ------------------------  ------------------   ------------
         1        nxos                7.0(3)I4(1)         7.0(3)I4(6)   yes
         1        bios         v04.24(04/21/2016)  v04.24(04/21/2016)   no
    
    
    Switch will be reloaded for disruptive upgrade.
    Do you want to continue with the installation (y/n)?  [n] y
    
    
    Install is in progress, please wait.
    
    Performing runtime checks.         [####################] 100%    -- SUCCESS
    
    Setting boot variables.
    [####################] 100% -- SUCCESS
    
    Performing configuration copy.
    [####################] 100% -- SUCCESS
    
    Module 1: Refreshing compact flash and upgrading bios/loader/bootrom.
    Warning: please do not remove or power off the module at this time.
    [####################] 100% -- SUCCESS
    
    
    Finishing the upgrade, switch will reboot in 10 seconds.
    IP_switch_A_1#
  5. スイッチがリロードされるまで待ってから、スイッチにログインします。

    スイッチがリブートされると、ログインプロンプトが表示されます。

    User Access Verification
    IP_switch_A_1 login: admin
    Password:
    Cisco Nexus Operating System (NX-OS) Software
    TAC support: http://www.cisco.com/tac
    Copyright (C) 2002-2017, Cisco and/or its affiliates.
    All rights reserved.
    .
    .
    .
    MDP database restore in progress.
    IP_switch_A_1#
    
    The switch software is now installed.
  6. スイッチソフトウェアがインストールされていることを確認します :+show version

    次の例は、の出力を示しています。

    IP_switch_A_1# show version
    Cisco Nexus Operating System (NX-OS) Software
    TAC support: http://www.cisco.com/tac
    Copyright (C) 2002-2017, Cisco and/or its affiliates.
    All rights reserved.
    .
    .
    .
    
    Software
      BIOS: version 04.24
      NXOS: version 7.0(3)I4(6)   **<<< switch software version**
      BIOS compile time:  04/21/2016
      NXOS image file is: bootflash:///nxos.7.0.3.I4.6.bin
      NXOS compile time:  3/9/2017 22:00:00 [03/10/2017 07:05:18]
    
    
    Hardware
      cisco Nexus 3132QV Chassis
      Intel(R) Core(TM) i3- CPU @ 2.50GHz with 16401416 kB of memory.
      Processor Board ID FOC20123GPS
    
      Device name: A1
      bootflash:   14900224 kB
      usb1:               0 kB (expansion flash)
    
    Kernel uptime is 0 day(s), 0 hour(s), 1 minute(s), 49 second(s)
    
    Last reset at 403451 usecs after  Mon Jun 10 21:43:52 2017
    
      Reason: Reset due to upgrade
      System version: 7.0(3)I4(1)
      Service:
    
    plugin
      Core Plugin, Ethernet Plugin
    IP_switch_A_1#
  7. MetroCluster IP 構成の残りの 3 つの IP スイッチについて、上記の手順を繰り返します。

Cisco IP RCF ファイルのダウンロードとインストール

MetroCluster IP 構成の各スイッチに RCF ファイルをダウンロードする必要があります。

この作業には、 FTP 、 TFTP 、 SFTP 、 SCP などのファイル転送ソフトウェアが必要です。 ファイルをスイッチにコピーします。

この手順は、 MetroCluster IP 構成の各 IP スイッチで実行する必要があります。

サポートされているバージョンのスイッチソフトウェアを使用する必要があります。

RCF ファイルは 4 つあり、それぞれが MetroCluster IP 構成の 4 つの各スイッチに対応しています。使用するスイッチのモデルに対応した正しい RCF ファイルを使用する必要があります。

スイッチ

RCF ファイル

IP_switch_A_1

NX3232_v1.80_Switch-A1.txt

IP_switch_a_2

NX3232_v1.80_Switch-A2.txt

IP_switch_B_1

NX3232_v1.80_Switch-B1.txt

IP_switch_B_2

NX3232_v1.80_Switch-B2.txt

手順
  1. MetroCluster IP の RCF ファイルをダウンロードします。

    注記 ダウンロード後にRCFファイルを変更することはできません。
  2. RCF ファイルをスイッチにコピーします。

    1. RCF ファイルを最初のスイッチにコピーします。

      'copy sftp://root@ftp-server-ip-address /tftpboot/switch-specific -RCF bootflash:vrf management`

      この例では、 NX3232_v1.80_Switch-A1.txt RCF ファイルを SFTP サーバの 10.10.99.99 からローカルブートフラッシュにコピーしています。使用する TFTP / SFTP サーバの IP アドレスと、インストールする必要がある RCF ファイルのファイル名を使用する必要があります。

    IP_switch_A_1# copy sftp://root@10.10.99.99/tftpboot/NX3232_v1.80_Switch-A1.txt bootflash: vrf management
    root@10.10.99.99's password: password
    sftp> progress
    Progress meter enabled
    sftp> get   /tftpboot/NX3232_v1.80_Switch-A1.txt /bootflash/NX3232_v1.80_Switch-A1.txt
    Fetching /tftpboot/NX3232_v1.80_Switch-A1.txt to /bootflash/NX3232_v1.80_Switch-A1.txt
    /tftpboot/NX3232_v1.80_Switch-A1.txt          100% 5141     5.0KB/s   00:00
    sftp> exit
    Copy complete, now saving to disk (please wait)...
    IP_switch_A_1#
    1. 残りの 3 つのスイッチのそれぞれについて、同じ手順を繰り返します。それぞれのスイッチに対応する RCF ファイルをコピーするように注意してください。

  3. 各スイッチの bootflash ディレクトリに RCF ファイルがあることを確認します。

    「 IR bootflash: 」のように表示されます

    次の例は、 FC_switch_A_1 にファイルが存在することを示しています。

    IP_switch_A_1# dir bootflash:
                      .
                      .
                      .
    5514    Jun 13 22:09:05 2017  NX3232_v1.80_Switch-A1.txt
                      .
                      .
                      .
    
    Usage for bootflash://sup-local
    1779363840 bytes used
    13238841344 bytes free
    15018205184 bytes total
    IP_switch_A_1#
  4. Cisco 3132Q-V および Cisco 3232C スイッチの TCAM リージョンを設定します。

    注記 Cisco 3132Q-V または Cisco 3232C スイッチを使用していない場合は、この手順を省略します。
    1. Cisco 3132Q-V スイッチで、次の TCAM リージョンを設定します。

      conf t
      hardware access-list tcam region span 0
      hardware access-list tcam region racl 256
      hardware access-list tcam region e-racl 256
      hardware access-list tcam region qos 256
    2. Cisco 3232C スイッチで、次の TCAM リージョンを設定します。

      conf t
      hardware access-list tcam region span 0
      hardware access-list tcam region racl-lite 0
      hardware access-list tcam region racl 256
      hardware access-list tcam region e-racl 256
      hardware access-list tcam region qos 256
    3. TCAM リージョンを設定したら、設定を保存してスイッチをリロードします。

      copy running-config startup-config
      reload
  5. 各スイッチで、対応する RCF ファイルをローカルブートフラッシュから実行中の設定にコピーします。

    copy bootflash: switch-specific-RCF.txt running-config

  6. 各スイッチで、実行中の設定からスタートアップ設定に RCF ファイルをコピーします。

    'copy running-config startup-config

    次のような出力が表示されます。

    IP_switch_A_1# copy bootflash:NX3232_v1.80_Switch-A1.txt running-config
    IP_switch-A-1# copy running-config startup-config
  7. スイッチをリロードします。

    「再ロード」

    IP_switch_A_1# reload
  8. MetroCluster IP 構成の他の 3 つのスイッチについて、上記の手順を繰り返します。

25Gbps 接続を使用するシステムの前方誤り訂正の設定

25Gbps 接続を使用してシステムが設定されている場合は、 RCF ファイルの適用後に前方誤り訂正( fec )パラメータを手動で off に設定する必要があります。この設定は RCF ファイルでは適用されません。

この手順を実行する前に、 25Gbps ポートがケーブル接続されている必要があります。

このタスクでは、 25Gbps 接続を使用する環境 プラットフォームのみを使用します。

  • AFF A300

  • FAS 8200

  • FAS 500f

  • AFF A250

このタスクは、 MetroCluster IP 構成の 4 つのスイッチすべてで実行する必要があります。

手順
  1. コントローラモジュールに接続されている各 25Gbps ポートで fec パラメータを off に設定し、実行中の設定をスタートアップ設定にコピーします。

    1. 構成モードを開始します :config t

    2. 設定する 25Gbps インターフェイスを「 interface interface-Id 」と指定します

    3. fec を off に設定します

    4. スイッチの各 25Gbps ポートについて、上記の手順を繰り返します。

    5. 構成モードを終了します : exit

      次の例は、スイッチ IP_switch_A_1 のインターフェイス Ethernet1/25/1 に対するコマンドを示しています。

    IP_switch_A_1# conf t
    IP_switch_A_1(config)# interface Ethernet1/25/1
    IP_switch_A_1(config-if)# fec off
    IP_switch_A_1(config-if)# exit
    IP_switch_A_1(config-if)# end
    IP_switch_A_1# copy running-config startup-config
  2. MetroCluster IP 構成の他の 3 つのスイッチについて、上記の手順を繰り返します。