日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

Tiebreaker ソフトウェアを設定します

Tiebreaker ソフトウェアをインストールしたら、 MetroCluster 構成を追加または変更したり、 Tiebreaker ソフトウェアから削除したりできます。

Tiebreaker ソフトウェアの CLI を起動します

Tiebreaker ソフトウェアをインストールしたら、 CLI を起動して設定する必要があります。

  1. ソフトウェアをインストールしたホストのプロンプトから CLI を起動します。

    NetApp-metrocluster-Tiebreaker software-cli

MetroCluster 構成を追加しています

NetApp MetroCluster Tiebreaker ソフトウェアをインストールしたら、 MetroCluster 構成を 1 つずつ追加できます。

ONTAP 環境に MetroCluster 構成をインストールし、ソフトウェアで設定を有効にしておく必要があります。

  1. Tiebreaker コマンドラインインターフェイス( CLI )の monitor add コマンドを使用して、 MetroCluster の設定を追加します。

    ホスト名を使用する場合は、完全修飾ドメイン名( FQDN )を指定する必要があります。

    次の例は、 cluster_A の構成を示しています。

    NetApp MetroCluster Tiebreaker :> monitor add wizard
    Enter monitor Name: cluster_A
    Enter Cluster IP Address: 10.222.196.130
    Enter Cluster Username: admin
    Enter Cluster Password:
    Enter Peer Cluster IP Address: 10.222.196.40
    Enter Peer Cluster Username: admin
    Enter Peer Cluster Password:
    Successfully added monitor to NetApp MetroCluster Tiebreaker software.
  2. Tiebreaker CLI の monitor show-status コマンドを使用して、 MetroCluster 構成が正しく追加されたことを確認します。

    NetApp MetroCluster Tiebreaker :> monitor show -status
  3. Tiebreaker ソフトウェアのオブザーバーモードを無効にして、サイト障害を検出したあとにスイッチオーバーを自動的に開始するようにします。

    monitor modify monitor-name monitor_name -observer -mode false

    NetApp MetroCluster Tiebreaker :> monitor modify -monitor-name 8pack -observer-mode false
    Warning: If you are turning observer-mode to false, make sure to review the 'risks and limitations'
    as described in the MetroCluster Tiebreaker installation and configuration.
    Are you sure you want to enable automatic switchover capability for monitor "8pack"? [Y/N]: y

MetroCluster Tiebreaker 構成を変更するためのコマンド

MetroCluster 設定は、必要に応じていつでも変更できます。

Tiebreaker CLI の monitor modify コマンドは、次のいずれかのオプションで使用できます。変更を確認するには、 monitor show-status コマンドを使用します。

オプション

説明

-monitor-name を指定します

MetroCluster 設定の名前

-enable-monitor

MetroCluster 設定の監視を有効または無効にします

  • サイレント - 期間

MetroCluster Tiebreaker ソフトウェアが検出後にサイト障害の確認を待機する秒数

  • オブザーバーモード

オブザーバーモード( true )は監視するだけで、サイト障害が発生してもスイッチオーバーをトリガーしません。オンラインモード( false )は、サイト障害が発生した場合にスイッチオーバーをトリガーします。

次の例は、構成のサイレント期間を変更します。

NetApp MetroCluster Tiebreaker :> monitor modify -monitor-name cluster_A -silent-period 15
Successfully modified monitor in NetApp MetroCluster Tiebreaker
software.

Tiebreaker CLI の debug コマンドを使用して、ロギングモードを変更できます。

コマンドを実行します

説明

デバッグステータス

デバッグモードのステータスを表示します

デバッグイネーブル

ロギングのデバッグモードをイネーブルにします

デバッグを無効にします

ロギングのデバッグモードをディセーブルにします

Tiebreaker CLI の「 update-mcctb-password 」コマンドを使用して、ユーザパスワードを更新できます。

コマンドを実行します

説明

update-mccb-password

ユーザパスワードが更新されました

MetroCluster 構成を削除しています

MetroCluster 構成を監視する必要がなくなった場合は、 Tiebreaker ソフトウェアで監視している MetroCluster 設定を削除できます。

  1. MetroCluster 構成を削除するには 'Tiebreaker CLI の monitor remove コマンドを使用します

    次の例では ' "cluster_a" がソフトウェアから削除されています

    NetApp MetroCluster Tiebreaker :> monitor remove -monitor-name cluster_A
    Successfully removed monitor from NetApp MetroCluster Tiebreaker
    software.
  2. Tiebreaker CLI の「 monitor show-status 」コマンドを使用して、 MetroCluster 設定が正しく削除されたことを確認します。

    NetApp MetroCluster Tiebreaker :> monitor show -status