日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

コントローラのアップグレード手順 を選択します

寄稿者

使用するコントローラアップグレード手順 は、プラットフォームモデルとMetroCluster 構成のタイプによって異なります。

アップグレード手順 では、コントローラが新しいコントローラモデルに置き換えられます。ストレージシェルフモデルはアップグレードされません。

  • スイッチオーバーとスイッチバックの手順では、パートナークラスタのコントローラモジュールをアップグレードしている間、 MetroCluster スイッチオーバー処理を使用してクライアントに無停止のサービスが提供されます。

  • ARL ベースコントローラのアップグレード手順では、アグリゲートの再配置処理を使用して、古い構成からアップグレード後の新しい構成へ、データを無停止で移動します。

スイッチオーバーとスイッチバックのプロセスを使用する手順 を選択します

FCまたはIPの表から現在のプラットフォームを選択してください。現在のプラットフォーム行とターゲットプラットフォーム列の交差部分が空白の場合、アップグレードはサポートされません。

サポートされるMetroCluster IPコントローラのアップグレード

MetroCluster IPアップグレード・テーブル

サポートされるMetroCluster FCコントローラのアップグレード

MetroCluster fcアップグレード・テーブル

MetroCluster タイプ

アップグレード方法

ONTAP バージョン

手順

FC

「system controller replace」コマンドを使用してアップグレードします

9.10.1 以降

FC

CLIコマンドによる手動アップグレード(AFF A700 / FAS9000からAFF A900 / FAS9500へのアップグレードのみ)

9.10.1 以降

IP

CLIコマンドによる手動アップグレード(AFF A700 / FAS9000からAFF A900 / FAS9500へのアップグレードのみ)

9.10.1 以降

FC

CLIコマンドを使用した手動アップグレード

9.8 以降

IP

CLIコマンドを使用した手動アップグレード

9.8 以降

アグリゲートの再配置を使用した手順の選択

ARL ベースコントローラのアップグレード手順では、アグリゲートの再配置処理を使用して、古い構成からアップグレード後の新しい構成へ、データを無停止で移動します。

MetroCluster タイプ アグリゲートの再配置 ONTAP バージョン 手順

FC

を使用します system controller replace コマンドとコントローラモジュールとNVMの交換(AFF A700からAFF A900へのアップグレードのみ)

9.10.1 以降

FC

「 system controller replace 」コマンドを使用します

9.8 以降

FC

「 system controller replace 」コマンドを使用します

9.5 ~ 9.7

FC

手動 ARL コマンドを使用

9.8

FC

手動 ARL コマンドを使用

9.7 以前