日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

Solaris Host Utilities 6.2

必要なもの
  • 安定した運用を実現するために、 iSCSI 、 FC 、または FCoE の構成全体がサポートされることを確認する必要があります。

を使用できます "NetApp Interoperability Matrix Tool で確認できます" 構成を確認します。

SAN ツールキット

Solaris Host Utilities は、 Oracle Solaris ホストにコマンドラインツールキットを提供するネットアップホストソフトウェアです。このツールキットは、 NetApp Host Utilities パッケージをインストールするときにインストールされます。このキットには、 LUN および HBA の管理を支援する「 sanlun 」ユーティリティが含まれています。「 anlun 」コマンドは、ホストにマッピングされた LUN 、マルチパス、およびイニシエータグループの作成に必要な情報を返します。

次の例では 'lun lun lun show コマンドは LUN 情報を返します

#sanlun lun show all
controller(7mode)/ device host lun
vserver(Cmode)                     lun-pathname       filename                                       adapter protocol size mode
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
data_vserver                     /vol/vol1/lun1     /dev/rdsk/c0t600A098038304437522B4E694E49792Dd0s2 qlc3   FCP       10g cDOT
data_vserver                     /vol/vol0/lun2     /dev/rdsk/c0t600A098038304437522B4E694E497938d0s2 qlc3   FCP       10g cDOT
data_vserver                     /vol/vol2/lun3     /dev/rdsk/c0t600A098038304437522B4E694E497939d0s2 qlc3   FCP       10g cDOT
data_vserver                     /vol/vol3/lun4     /dev/rdsk/c0t600A098038304437522B4E694E497941d0s2 qlc3   FCP       10g cDOT
注記 このツールキットは、 Host Utilities のすべての構成とプロトコルで共通です。その結果、一部の内容は 1 つの構成に適用されますが、別の構成には適用されません。未使用のコンポーネントを使用しても、システムのパフォーマンスに影響はありません。

Solaris Host Utilities をインストールしています

Solaris Host Utilities 6.2 は、いくつかの Solaris 環境と複数のプロトコルをサポートしています。主な Host Utilities 環境は次のとおりです。

  • SPARC プロセッサまたは x86-64 プロセッサを使用するシステムで、ファイバチャネル( FC )または iSCSI プロトコルを持つ MPxIO を搭載したネイティブ OS 。

  • SPARC プロセッサを使用するシステム上では FC プロトコルまたは iSCSI プロトコルのいずれかを使用し 'x86-64 プロセッサを使用するシステムでは iSCSI プロトコルを使用する Veritas Dynamic Multipathing ( DMP )

注記 NetApp Solaris Host Utilities ソフトウェアパッケージは、にあります "ネットアップサポートサイト" プロセッサの圧縮ファイル形式。環境に対応した Host Utilities ソフトウェアパッケージは、サポートサイトからダウンロードできます。
手順
  1. ホストに root としてログインします。

  2. Host Utilities が含まれている圧縮ファイルのコピーをからダウンロードします "ネットアップサポートサイト" をホスト上のディレクトリに移動します。

    このドキュメントの作成時点では、圧縮ファイルの名前は次のようになりました。

    • SPARC CPU : 'NetApp_solaris_host_utilities_6_2_sparc.tar.gz

    • x86/x64 CPU :「 NetApp_solaris_host_utilities_6_2_AMD.tar.gz

  3. ダウンロードを格納しているディレクトリに移動します。

  4. gunzip コマンドを使用してファイルを解凍します

    #gunzip NetApp_solaris_host_utilities_6_2_sparc.tar.gz

  5. ファイルを解凍します。これを行うには 'tar xvf コマンドを使用します

    tar xvf NetApp _Solaris_host_utilities_6_2_sparc.tar

  6. tar ファイルから抽出したパッケージをホストに追加します。これを行うには 'pkgadd コマンドを使用します

    パッケージは '/opt/NT2/SANToolkit/bin' ディレクトリに追加されます次の例では 'pkgadd コマンドを使用して Solaris インストールパッケージをインストールします

    #pkgadd -d ./NTAPSANTool.pkg

  7. pkginfo コマンドまたは ls -al コマンドを使用して ' ツールキットが正常にインストールされたことを確認します

    # ls -alR /opt/NTAP/SANToolkit
    /opt/NTAP/SANToolkit:
    total 1038
    drwxr-xr-x   3 root     sys            4 Jul 22  2019 .
    drwxr-xr-x   3 root     sys            3 Jul 22  2019 ..
    drwxr-xr-x   2 root     sys            6 Jul 22  2019 bin
    -r-xr-xr-x   1 root     sys       432666 Sep 13  2017 NOTICES.PDF
    
    /opt/NTAP/SANToolkit/bin:
    total 7962
    drwxr-xr-x   2 root     sys            6 Jul 22  2019 .
    drwxr-xr-x   3 root     sys            4 Jul 22  2019 ..
    -r-xr-xr-x   1 root     sys      2308252 Sep 13  2017 host_config
    -r-xr-xr-x   1 root     sys          995 Sep 13  2017 san_version
    -r-xr-xr-x   1 root     sys      1669204 Sep 13  2017 sanlun
    -r-xr-xr-x   1 root     sys          677 Sep 13  2017 vidpid.dat
    
    # (cd /usr/share/man/man1; ls -al host_config.1 sanlun.1)
    -r-xr-xr-x   1 root     sys        12266 Sep 13  2017 host_config.1
    -r-xr-xr-x   1 root     sys         9044 Sep 13  2017 sanlun.1
  8. 終了後、 /opt/NTAP /SANToolkit/bin/host_config コマンドを使用して、環境に応じたホストパラメータを設定する必要があります。

    • MPxIO

    • Veritas DMP の略

  9. インストールを確認します。

    「 anlun version 」を参照してください

コマンド・リファレンスの例

ホストにマッピングされているすべてのホストイニシエータを一覧表示

# sanlun fcp show adapter -v
adapter name:      qlc3
WWPN:              21000024ff17a301
WWNN:              20000024ff17a301
driver name:       qlc
model:             7335902
model description: 7115462, Oracle Storage Dual-Port 32 Gb Fibre Channel PCIe HBA
serial number:     463916R+1720333838
hardware version:  Not Available
driver version:    210226-5.10
firmware version:  8.08.04
Number of ports:   1 of 2
port type:         Fabric
port state:        Operational
supported speed:   8 GBit/sec, 16 GBit/sec, 32 GBit/sec
negotiated speed:  32 GBit/sec
OS device name:    /dev/cfg/c7

adapter name:      qlc2
WWPN:              21000024ff17a300
WWNN:              20000024ff17a300
driver name:       qlc
model:             7335902
model description: 7115462, Oracle Storage Dual-Port 32 Gb Fibre Channel PCIe HBA
serial number:     463916R+1720333838
hardware version:  Not Available
driver version:    210226-5.10
firmware version:  8.08.04
Number of ports:   2 of 2
port type:         Fabric
port state:        Operational
supported speed:   8 GBit/sec, 16 GBit/sec, 32 GBit/sec
negotiated speed:  16 GBit/sec
OS device name:    /dev/cfg/c6

ホストにマッピングされているすべての LUN をリストします

# sanlun lun show -p -v all

                    ONTAP Path: data_vserver:/vol1/lun1
                           LUN: 1
                      LUN Size: 10g
                   Host Device: /dev/rdsk/c0t600A0980383044485A3F4E694E4F775Ad0s2
                          Mode: C
            Multipath Provider: Sun Microsystems
              Multipath Policy: Native

特定の SVM / リストからホストにマッピングされているすべての LUN をリストします。ホストにマッピングされている特定の LUN のすべての属性をリストします

# sanlun lun show -p -v sanboot_unix`
ONTAP Path: sanboot_unix:/vol/sol_boot/sanboot_lun
                           LUN: 0
                      LUN Size: 180.0g

ONTAP LUN 属性をホストデバイスファイル名別に表示します

# sanlun lun show all

controller(7mode/E-Series)/                                         device
vserver(cDOT/FlashRay)       lun-pathname                           filename
---------------------------------------------------------------------------------------------------------------
sanboot_unix                 /vol/sol_193_boot/chatsol_193_sanboot /dev/rdsk/c0t600A098038304437522B4E694E4A3043d0s2

host adapter    protocol lun size   product
---------------------------------------------
qlc3            FCP      180.0g     cDOT